明日から

May 21 [Fri], 2010, 1:09
真っ赤なサクランボは すっかり小鳥の餌になり、植木屋さんも頼めないうちの
庭は、黄緑一色のジャングルになりました。 6月には 母の庭から持ってきた大粒のぐみが  上等のルビー、鳩の血の色となって緑の合間に可愛らしくゆれる。
 そして私はその合間に、1月以来ご無沙汰の安曇野へ出かける。
あちらも 緑が美しい盛り。 山々には残雪。今は人も少ない。 
 今回の滞在は一週間が限度。 四つの高速を乗り継いで、片道380キロ近く。
車はダイハツのマックスでターボ。好みで色々くっつけている。(かざりものではない)
 一人旅はこれに限るんです。滞在中も何かとべんりですが、地元の人からは、
「その年で、この車? しかもそんな所から?」 といたく驚いたり、感心して褒めて
もらったりする。

 出発の前日にはディーラーさんで、きっちり点検してもらうことにしている。

こうして動いていく時、私は 浅くて広い自分の趣味の幾つかを大小はあるが、必ず
こなして来る。 又 思わずぞくぞくしたり、秘かににんまりしたりの出会いが、これも
必ずある。 けっして 用意周到に準備したり、企んだりしないことが、成功の秘訣。

 今回は 豊科の辺りで、ある研修会に参加し、終了後、今ではすっかり有名に
なった お宿 なごみ野に一泊して、温泉と料理を満喫し、そこの主人や愛嬢と
会うのが楽しみ。(有明の森の中には、この他にも 宝物がいっぱいあります。)
  黒川温泉の贅を尽くした宿もよかったが、なごみ野は家族でもてなしてくれる
暖かさが売りで、全てに良心的なのが私は好き。 料理にもあれこれ言ってきいてもらえる。 こちらの都合と部屋の空きとが上手くいかず、ひさしぶり。
  みんな 元気かしらね。

美術館の館長さんたちとも、積もる話や、交換したい情報がいっぱい溜まっている。
一瞬の出会いからはじまった長い付き合いで、著名な人たちと引き合わされた。
 作家、画家、編集者、様々の分野で活躍する人たちである。
平凡な暮らしの私には、普通のことではない。
レストランや蕎麦屋さんとも、良いつながりが生まれている。沢山のことを学んだ。

小さくも大きくも、得た喜びは大切に保存して、出来るだけ多くの人に分けて上げる。 そのひとつの 方法が 旅行を計画すること。
 私は無報酬で運営している グランマ トラベル の社長なんです。趣味です。
スケールの小さい楽しみですが、確実に喜んで貰えます。それが私の喜びです。

 では 欲ばり 「やまひめ」  又の名を 「風樹」 は出かけます。
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lementc/index1_0.rdf