仲の敦美

December 22 [Thu], 2016, 0:24
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。
インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大翔
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる