更新 

November 27 [Mon], 2006, 17:17
うわ


本を読んでいないわけじゃないんだけど
なんか面倒でかいてなかった
むしろ忘れてた

テスト終わって落ち着いたら
また更新していこうと思うけどまあ
見る人もいないし
自己満足の極みなわけで
しないかもなあ


長野少年に飢えてます

月光浴 

October 04 [Wed], 2006, 21:17
「恋愛小説」みたよ

神木くん目当てです
期待以上にきれいだった
神秘的な美しさ
月光浴とかほんと
死神もいいけど
むしろ天使だろ
あの体操服姿を見れて
ほんとに幸せ変態だ
脚!ほ細い白い!
あの笑顔で生きていける思た
抱きしめたいほんと
心臓が縮む

なんであんな透き通ってんだろうね

ストーリーより神木くんに感動した
玉木くんもよかったよでも
でも髪長いほうが似合うよねやっぱり

83冊 

October 03 [Tue], 2006, 21:39
「東の海神 西の滄海」(小野不由美)

隆尚素敵!
嫁にいきたいかもしれない
むしろ日本の王にならないか
ふらふらしてるようで
大事なとこで頼りになるとかさ
延麒も惚れ直すよ

六太は33なのか・・・
でも中も子供なんだよね?
じゃないと嫌だ
あの外見で渋いとかきもちわるい(ごめん

いやすごい面白かったよ
斡油は可哀想なひとだ
痛々しい
人間なんてそんなもんですな

戦乱のあれ
重過ぎないけど
ちゃんとわかる

雁国の民にしてください

82冊 

October 03 [Tue], 2006, 21:16
「風の海 迷宮の岸」(小野不由美)

アニメで見てたとこだ!

泰麒かわいいよこのこ
抱きしめたいお
神木くんが声やったらいいな
むしろ実写  は無理だな

慶麒でてきたときはもうね
駄目だこの2人
ベストカプル
慶麒女仙に怒られるとかかわいい
しかも泰麒をいじめてくださるなとか言われてやんの
冷たくみえて実は優しいお方なのですぞ
最初からお優しかったですとか
このーーーーー
ぎりぎりまで残るとこがまたいい
愛が芽生えた!!


だめだもうなんか
こういう目で見てしまう
ごめんなさいごめんなさい
でもすごい面白かったよ
王の名前忘れたとかあれだけど
あの人もすきだよ

81冊 

October 03 [Tue], 2006, 20:52
「夏至祭」(長野まゆみ)

「野ばら」の面々
黒蜜糖と銀色と月彦再び
かわいい
黒蜜糖がすきです
甘党なとこも不器用なとこも
とても愛しいですああ
黒髪の美少年は無条件にすき
銀色はツンデレだと思うよ
年上の男にぽーっとなっちゃうタイプだこれ
スゴクイイネ!
黒蜜糖は無邪気で人懐こいから
銀色はらはら
嫉妬とかして突っかかればいいよ
あー妄想とまらん

黒蜜糖は銀色を遠慮なく振り回すよ
悪気はないんだ

一番近しい人として
お互いすごい大事にしてんだ
愛ですな

月彦はどうでもいいとかごめんなさい

80冊 

September 25 [Mon], 2006, 22:48
「夏期休暇」(長野まゆみ)

葵萌え
これはすごいぞ
青と葵と千波矢の関係がすごいいいぞ
どうしようこれ
兄さん幽霊だけど
接触とかできてもいいんじゃないの
盲目美少年とはやりましたな

葵とか女の子の格好とか普通にしてんでしょ
12歳とかそんなんでしょ
やべーやべー
そういうのだ い す き
僕はおんなのことは違うんだ
みたいなのを意識しはじめる時期なんだ
従順な子犬とかさーほんともー長野さん
あー愛しい飼いたい

だめだこれは
萌えに溢れてるよ
白シャツの似合う色の白い少年
こういう描写が出てくる作品が
すきすぎてどうしようもない

79冊 

September 18 [Mon], 2006, 20:48
「はてしない物語」(ミヒャエル・エンデ)


偶然な出会いに
そこからファンタジー 

すごい面白い
長くてはてしないんだけど
終わりがあって
物語は本の中である意味外で
ほんとすごいこれ
読めてよかった

バスチアンが己の欲で塗れる度に
醜さが露になるたびに
内臓ギリギリした
できるなら目を背けて生きていたいような
生々しい心理と
その望みとなってバスチアンの前に現れる
ファンタージエンのいろいろ
生まれ変わったらすべての
記憶がなくなって選択肢が無限に広がる
素晴らしくも恐ろしい

失われるものはなにもないって
どうだ
まだわからん

78冊 

September 13 [Wed], 2006, 21:17
「カンパネルラ」(長野まゆみ)

定番の兄弟
拗れた関係
病弱で神経質な兄・夏織
兄の後姿を追う弟・柊一

夏織の描写をもっと・・
折角おいしい設定なのに
銀木犀との関連も
よくわかんなかった
年齢とかさ
少年なのか青年なのか
そういうのはいらないものとして
書かれたのかな

銀河鉄道の夜読んだことない
読まなくちゃなこれ

77冊 

September 11 [Mon], 2006, 22:59
「プチ・ニコラ1」(サンペ絵・ゴシニ文)

懐かしくて
すごく読みたくなって
借りた

かわいい絵と
小粋な文が
とても好きですそうずっとね

無邪気さがたまらない
悪気のないいろいろに
心洗濯されますほんとほんと
子供のころから
こんな無邪気じゃなかったよ自分

殴り合いとか楽しそう
やらないけど
見てみたいよ

素直で個性豊かで
自由気侭

いいねいいね

76冊 

September 11 [Mon], 2006, 22:48
「一千一秒の日々」(島本理生)

すごくよかった
繋がっていく人の輪が
途中からやっぱり予想できてきて
面白い
優しくも切ないこの感じだよ
恋とか久しくないけど
こうして思い描く現実味ある世界を
覗けるだけでなんかいいかな

真琴と瑛子ちゃんが好きさよ
そして遠山さんが素敵だよ
誠実な執着さがとてもいい
無意識に与え与えられな関係に
憧れるんだ

望んでもすぐ諦める
もしくは忘れてる
こんなんじゃだめか
P R
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
こめんと
アイコン画像堀江です
» 33冊 (2006年05月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:moyashi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる