サイガーと東野

June 02 [Thu], 2016, 11:53
通常の金銭感覚からすれば、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、けして安いものではありません。

そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、お金をドブに捨てるようなものです。やはり調査能力のほうを重視したいですが、料金が高いほど、絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは素人目には判断がつきかねます。
探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、多いほど高くなります。

また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。実際の浮気調査では、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査によって一定とは限りませんが、2人で調査することが多いようです。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査員が1人で浮気をしているかの確認を調査をすることがよくあります。浮気をしている証拠をつかんだら、再度相談をして信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミをチェックするのも有効です。

当たり前のことですが、その探偵事務所が運営するサイトに紹介されている口コミを参考にするのではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに書かれているような口コミを確認するようにしましょう。
その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。



夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、初めて探偵業者を利用しようというときは、一律いくらとか安価なところは魅力的です。


確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は安易に契約を結ぶべきではありません。

経費を省くため、調査内容がいまいちという例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。



探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないかというと、最近は結構多様化してきていて、比較的大規模な探偵社の場合は代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。

明細書に記載される表示に配慮している会社も少なくないので、調査をしたことがパートナーに分かることはありません。クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。相手の不貞行為が判明した場合は、落ち着けと言われても無理かもしれません。


でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。



そのときは、どのように対応するか具体的に考えましょう。
浮気はどう言い訳しようと、した人間の方に責任があるのです。

気持ちの上では本当の解消には至らないかもしれませんが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、請求しましょう。当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価は高くついて当然でしょう。


もっとも、パートナーの対応によって違ってくるでしょうが、別居や離婚ということになるばかりか、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。



軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして今後の生活を送ることになります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/legldaseavisrd/index1_0.rdf