legend_2 しの姫伝説 

2005年07月15日(金) 12時12分
「首絞められた時の声ってあぶなくありません?」
状況を説明いたしますと、若と将軍がじゃれあっていたわけですが、その時に若が将軍の首をきゅっと腕で絞めたのです。その時の将軍の声がえろく聞こえたそうですが…。言わせてもらおう。そんなアナタがエロス。

「電脳世界って聞くと、アブナイ世界に思えますよね」
いえ、別にそんなアブナイ世界を想像することはないんですが…。どうやらどんな言葉もえろくなってしまうようですね…。言わせてもらおう。そんなアナタがエロs(ry

「え?親父のつがいがなんです??」
親父の違いであって、つがいではありません。本当、親父のつがいってなんです??言わせてもらおう。そんなアナタがエロs(ry

legend_0-2 文字数制限があった 

2005年07月15日(金) 11時56分
::しの姫:::
可愛い可愛いみんなの人気者。その行動はみんなを魅了し、惑わす。彼女が聞いた言葉は彼女の脳で処理され、どんな言葉もえろくなる。拉麺皇子と2人の世界を築くのが好き。

:::拉麺皇子:::
いつもパーソナルコンピュータを持ち歩いている、可愛いくせに力持ちな皇子様。ラーメンが大好き。何事にも一生懸命で、繊細な心の持ち主。スリルを求めて将軍に近づく。それを見るのが面白い。しの姫と2人の世界を築くのが好き。

:::亜薔薇姫(あばらひめ):::
全てを超越している。筋肉大好き!マッチョ大好き!髭親父大好き!ヒエラルヒー上位。スゴイとしか言いようが無いお方である。人懐っこいのでみんなに好かれるが、一度ハマると抜け出せないような気がする。というか、抜け出せない。

:::襟巻弧(えりまきこ):::
彼女の発する言葉は全てがえろい(らしい)。奇抜な格好が素敵。マシュマロが大好き?最近は亜薔薇姫とタッグを組んで先輩をいじめるのが好きらしい。ダークホース。

legend_1 これまでの若伝説 

2005年07月15日(金) 11時28分
「萌えすぎて歯が抜けそう…。」
萌えすぎてしまうと鼻血が出るのではなく、歯が抜け落ちるそうです。本当にあごをおさえていました。

「睫毛を触るとお嫁にいけない。」
将軍のまつげに触った若が発した言葉です。どうしてお嫁に行けないのかはいまだ謎。みなさんも考えてみましょう。

「昨日は目が悪かったから今日はブルーベリーにするよ。」
目が疲れているのではなく、目が悪かったから…だそうです。さすが若。ちなみに、実はブルーベリーよりカシスの方が良いという豆知識(テレビで言ってた)をここで披露しておきますね。

legend_0 そして伝説が始まる… 

2005年07月14日(木) 14時10分
:::若(わか):::
様々な伝説を生み出し続けている、我らが中心人物。若の言葉は伝説となり、後世に伝えられていく。いや、むしろ伝えていく。

:::将軍(しょうぐん):::
ボケなのかツッコミなのかわからない、若同様我らが中心人物。将軍の眼を見た者は再起不能にされるとかされないとか。若とセットで漫才を繰り広げている。

:::隼姫(はやぶさひめ):::
武道派だが、知的なお姫様。時には優しく、時には厳しく、メリハリのあるしっかりしたお方。人に教えることがとても上手で、みんなのお姉様的存在。美人さん。

:::ちゃんばら姫(ちゃんばらひめ):::
隼姫を愛したら世界一!一途な愛に応援したくなる。可愛いけれども実は武道派。人は見かけによらない。デジタルにとても強く、幅広い情報をお持ちである。

:::先生(せんせい):::
みんなの先生。幅広い知識と情報を持つお方。一人だけ次元が違うほど高度なデジタル技術を持っている。ほわわんとしていてみんなの癒し的存在である。触られると弱い。

:::色師匠(からしー):::
デザインなら私に任せて!つねにハイセンスなお方。ファッションがおしゃれで、本人もとても可愛らしい。しかし、ツッコミは鋭い。美しい薔薇には棘があるとはよく言ったもの。「私はそっち側には染まらない」をモットーに今日も行く。

:::書姫(しょひめ):::
活字が大好き。あらゆる本を読破した、活字のエキスパート。様々なことを知っている。考えも深く、聞いていて難しいけど面白い。

:::上様(うえさま):::
面白みの無い一番普通の人間。みんなを生暖かく見守っている。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:legend_0352
読者になる
Yapme!一覧
読者になる