特価タブレットの特徴と有用性について

February 25 [Thu], 2016, 18:47
スマートフォンやタブレットが普及し、人々は出先で手軽にインターネットの閲覧、書籍の閲読が可能となりました。普及したということは、利用者と生産巣が増加したことを意味します。したがって、それに伴って一台当たりの生産コストも出現してきました。
そして、特価のタブレットなどは、定価が一台あたり1万円を切ることもざらではありません。特に、中国製ならば、価格の安さと性能の高さを兼ね備えた物が多く普及しています。

従来では、特価のタブレットのOSはアンドロイドが主流でしたが、最近ではWindowsの物も増加しています。
その理由は、ライセンスの問題が絡んでいます。もともとアンドロイドはフリーに利用できるものでしたので、その分価格を安くすることが可能でしたが、Windowsの場合はそうではありませんでしたので、値段は高くならざるを得ませんでした。
しかし、最近はWindowsも、一定のサイズ以下のタブレットには、ライセンスを無料で与えるようになりました。それにより、特価の製品にも、WindowsをOSに採用した製品は増えてきました。

その性能ですが、かつての高額モデルに引けを取らない製品も登場しています。例えば、かつては格安品の特徴として、メモリが1ギガを切るのが普通でしたが、今では最低でも1ギガを超えた製品が主流です。
その理由としては、メモリの値段が下がってきたことが挙げられます。結果として、現在では特価タブレットでも、十分使用に堪えうる性能を持っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きよっし山
  • アイコン画像 誕生日:1月28日
読者になる