さて葉酸とは具体的にどのような栄

February 18 [Thu], 2016, 8:57
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名ですね。葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。



食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。
一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらくおこちゃまのことは考えられなかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠にむけて、準備を初めるようになりました。サプリ等で栄養を補給することは当然ですが、妊娠に適した体を作るために、以前から悩まされていた冷え性(女性に多くみられる症状で、頭痛や肩こり、免疫力低下、不眠などが起こります)を克服するように、運動することを思いつきました。その結果、新陳代謝が良くなっ立ためか、基礎体温(脇の下や舌下、耳、直腸などで測定します)を上げることができ、困っていた冷え性(女性に多くみられる症状で、頭痛や肩こり、免疫力低下、不眠などが起こります)が、ずっと良くなりました。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症指せるリスクを低減指せるものだと言われています。
ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですね。
ですが、幾ら必要不可欠な栄養素だと言っても、摂取量に気を付けてちょーだい。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段のご飯から得られる葉酸よりも、はるかに高くふくまれています。
それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてちょーだい。


どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸が損傷をうけるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますので、注意してちょーだい。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。
妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。体内に入った葉酸は、水溶性である為に尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてちょーだい。熱によって失われやすい葉酸は、葉酸摂取を目的とした調理において、ポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)があります。葉酸摂取を目的としたご飯には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけのご飯は現実的ではありません。

熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通す程度にした方が良いです。いくつかのポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)を紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリを活用すれば一番簡単だと言えますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウキ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/leeuhgviealsrc/index1_0.rdf