プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ledbzatbbbbupk
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
「iPad」、企業の Windows を脅かすかどうか / 2010年06月28日(月)
発売前から巷で人気だった「iPad」だが、米国では一般ユーザーのみならず、企業も注目しているようだ。日本のビジネスユーザーはどうだろうか。

【画像が掲載された記事】

インターネットコムとアイブリッジ リサーチプラスが行った「iPad」に関する調査によると、その認知度は、発売日から1か月弱だというのに、で98.7%という高い数値になった。

また、全体の4割以上が、「iPad」が企業用途として使える、と考えていることがわかった。

調査対象は、全国20代から60代の男女有職者300人。男女比の内訳は、男性72.3%、女性27.7%。年齢別比は、20代14.7%、30代33.7%、40代29.7%、50代19.0%、60代3.0%。

全体300人に対して、「iPad」を知っているかどうか聞いてみたところ、「聞いたことがある」60.3%(181人)、「見たことがある」25.3%(76人)、「触ったことがある」11.3%(34人)、「購入した」1.7%(5人)という結果になった。

「見たことも聞いたこともない」ユーザーはわずか1.3%(4人)

国内発売は5月28日で、調査日は6月21日。発売日から1か月弱だというのに、98.7%という驚異的な認知度だ。

そこで、「購入した」ユーザー5人のうち、これからも「iPad」を使いたいと思っている2人と、「聞いたことがある」「見たことがある」「触ったことがある」ユーザー291人のうち、「iPad」を使いたいと回答した153人を合計した155人に対し、「iPad」は企業用途などにも使えるかどうか聞いてみた。

その結果、155人のうちの83.9%(130人)が、使えると「思う」と回答した。この130人は、全体300人に対しては43.3%。つまり全体の4割以上が、「iPad」が企業用途として使える、と考えていることになる。

使える場所としてあげられた場所でもっとも多かったのは、「オフィス」(104人)、「学校などの教育機関」(94人)、「病院」(89人)だった。

長らく企業用途として使われてきた Windows PC だが、「iPad」にその王座を譲る日が近いのだろうか。  (調査協力:アイブリッジ株式会社 リサーチプラス)

【6月28日12時21分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000005-inet-inet
 
   
Posted at 12:33/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!