成り行きに任せる

2016年11月30日(水) 8時56分
かなり以前にブライダルのお客様だった方が、一年少し前くらいにひょっこり来て下さって、その時は赤ちゃんを長年待ち望んでいるというお話を聞いていたのですが、またまたひょっこり来て下さって、赤ちゃんが産まれましたという報告をしてくださいました。

「自然の成り行きに任せる」という言葉にしたら当たり前のことが人間ってなかなか難しい。


子供って作るものじゃないと思う。

幸せにしてたらできちゃうものだと思う。

幸せにしていて、もしできないとしても、いいじゃないかと思う。

だって幸せなんだから。

だから、まず自分を満たす。

自分が気持ちよいこと、好きなことをいっぱいするといいよ。

もしあなたが努力しているとしたら、そっちに向けた方がいい。


と、前に会った時そんな事言ったことを思い出したのだけど、それってべビ待ちの人じゃなくても大事なことだと思います。


と、ここから話はわたしのことに変わりますが、

わたしは自分の未来は「成り行きに任せる」という生き方を選択しています。

それよりも今この一瞬の、自分の本当を選択し続けるということだけに集中しています。

自分に嘘をつかない。

正直でいるという選択は時に難しいこともありますが、努力をする必要があるとしたらそこだけなんじゃないかなと思います。


そしてわたしの身近にいる人で、過去の経験を鑑み、あらゆる未来を想定して今の選択をしている人もいます。

考えや行動がわたしとは全く違うのですけど、わたしとは真逆すぎて逆に、一周回ってもう一人の自分として見えてくるような気さえします。

花写真

2016年11月23日(水) 12時59分
ある写真家で花木をテーマにしているひとが、素材としての花木に対するこだわりを追求しているうちに園芸家になってしまった人がいて、勝手に親近感を感じています。

わたしはアロマセラピストとして感じる植物の命、形、色、香り、エネルギーを視覚という限られた枠で表現したらどうなるかなという興味で写真に入っていきました。

はじめは咲いている花を見つけたり買ったりして撮っていましたが、だんだん花が咲くまでの育つ過程に興味を持ち、植物を育てるようになっていきましたら、育てるのにすっかり時間と熱意が注がれてしまっている状況です。
一枚の写真を撮るまでにはとても時間がかかっています(笑)

そうそう、この度額装付の花写真が、いつも飾ってくださっているクリニックさんに嫁いでいきましたよ。
わたしの可愛い植物が人の目に触れてもらえることはうれしいですね。

組み合わせ

2016年11月23日(水) 11時37分
緻密に考えるのが好きな人もいれば、大きくとらえるのが好きな人もいて、

知性的にとらえるのが好きな人もいれば、感覚的にとらえるのが好きな人もいます。

苦労や心配が好きな人もいれば、楽で楽観的なのが好きな人もいます。

こういうのは趣味嗜好なので、どっちがいいとか悪いじゃないです。

そしてひとりの人の中にも多かれ少なかれどちらもある質です。

もちろんわたしの中にも両方の質があります。

どちらかが強く見えることもあるし、あるいは場面によって使い分けていたりします。

違う人間同士が出会った時、この違いが補完的に作用することも、反発的に作用することもあって、こういうのを自己観察するのはちょっと面白かったりします。

出会いには、一点を強烈に通りすぎるもの、出会ったら一緒の道を歩むもの。離れた人とまた出会うものなどがあります。

螺旋を描くように上ってく生のところどころで、XとYの出会いを繰り返しているようです。



意識

2016年11月20日(日) 21時04分
ホリスティックチューニングやアロママッサージのセッションを受けている時は、自分の潜在意識とつながりやすいということに気付いている方が多くなってきたように思います。

はじめのころは本人は無自覚でも、筋肉の抵抗の中に感情が残っていることがあって、その時に浮かんだ言葉によって、それが引き金になって思い出し始めるというようなこともあります。

最初は色んな思考が浮かんでは消えていくんだけど、身体がだんだん緩みはじめると、思いもよらぬ思考の転換が起きたり、メッセージを受け取ったりした経験のある方もとても多くなってきました。

本当に頭をからっぽにして自分のこころを見つめる時間っていうのは、あえて時間を作らないと難しいようですね。

波を楽しむ

2016年11月14日(月) 20時43分
今日のダンスレッスンは大きなスイングの中でバランスをとりながら床と足の接地時間を短くしていく練習をしました。

はじめは筋力をすごく使っていたのですが、だんだん楽になってきました。

バランスが取れているというのは止まっていることではなくて

”動きの中での瞬間的なバランスの連続”なんだなあと、身体で感じています。


生きていれば、波はくるもの。

波が来るたびバランスをとって波に乗っていく。

安定とはけして固定したものではなくて、

波と一体になり乗りこなしていくのが安定ということなのですね。

没頭するという快楽

2016年11月13日(日) 21時21分
お客様から借りた漫画25冊を、読み終えるまで、飲まず食わずで読み切ったのですが、面白くて気持ちよかったです。


仕事も趣味もなんでも夢中になると極端に没頭するのが昔からわたしの癖なのですが

没頭して集中した状態はわたしにとって快楽のようなものなのだろうと思います。

場合によっては難しいことに取り組むこともありますがそれも含めて楽しいのです。

むしろ少し難しいことがあるから楽しいのです。

好きなことしててももちろん疲れます。

やってみる、そしてまたやる。

その繰り返しが幸せなんだと思います。



内側を旅する

2016年11月10日(木) 8時45分
上にあるものは下にもある。

宇宙を突き詰めていくと細胞に繋がっていく。

自分の内側に深く入っていくことは、宇宙の果てまで旅することに似ています。

自分を発見すること。

自分の枠を広げていくこと。

自分に喜びを与えていくこと。

それほど面白い旅はない。

日曜朝の音楽

2016年11月06日(日) 21時15分
日曜日の朝のおめざはサクソフォンクインテットの"five by five"のアルバム。

若手演奏家達のフレッシュな音色を聞きながらの朝でした。

華やかで元気な音です。

このCDのジャケットは娘の撮影だそう。

たくさんの人の手が加わって形になったものです。

ありがたいですね。

そしてなんか不思議な感じ。






反目する力と力の間

2016年11月02日(水) 21時25分
足を床に押しながら上に伸びてゆく姿勢。

足の力を圧縮しながら推進して踏み込む。

回転しながら‪回転しないように反対方向にストレッチをかけながら回る。

ダンスにはこういった身体的な基本動作があります。

”正反対の拮抗する力と力の間に在りながら、なおかつ連続した流れの中に調和して乗っていく”

ダンスはわたしの生き方の姿勢そのものに似ているなあと思いながらトレーニングをしています。

このトレーニングそのものが面白く、身体おたくなわたしのツボなのです。

相手の筋肉の反応に、こちらも反応してさらにかぶせるように反応していくという技は、実はわたしのやってるホリスティックチューニングのお家芸なのですよ。

と言いましてもダンスのほうはまだまだバタバタしておりますが相性もよさそうで楽しく続けられそうな趣味になりそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる