今日のバラ

2016年05月30日(月) 17時32分
お世話しているバラが可愛すぎてもうただそのバラを見せたいだけになりつつあるシリーズ。

枝のどこを切ったらどこから出てきてどう伸びるという法則性がようやくわかってきたような。

いい形に咲いたなと思っても、その個体の枝の充実を優先して撮影はやめてしまうこともよくあって、もはや撮影欲よりもバラ愛のほうが勝っているように思います。

額装して飾るとすぐ誰かのところへお嫁に行くので、額装した状態をわたし自身があまり見ないうちに終了してしまいますが、そこまでやればもうすっかり満足してしまいます。

トリートメントやヒーリングはカタチはないけど全部あるという世界

写真はカタチから入って、その奥に繋がるという世界

わたしにとっては両方の活動でいいバランスをとっているのかもしれません。


ラプソディーインブルー

伊豆の踊子

名前不明

紋結城の反物と

2016年05月26日(木) 11時47分
紋結城の反物があるのだけど差し上げますから切って作品か何かに使えませんかとお客様に頂きました。

桐枠にキャンバス代わりに貼ってみて、柄の色の一色に合わせてこの花を選んでみました。

竹和紙で印刷しています。

着物と和の花写真のコラボ


正直さ

2016年05月17日(火) 11時51分
サロンの事務室の水回りに不具合があってそれを見てもらうのに昨年外溝工事の時にご縁を頂いた大工さんにきてもらいました。

二代目でわたしより若い職人さんです。

以前にも思ったのですが、その方は正直な方でどんな仕事に対しても魂が細部にまでいきわたっているのがわかり信頼できると思いました。

その人は、施主と相性が悪いときは仕事を受けないようです。

損したように見えても、その空いたスペースに、本当に気持ちよくできる仕事が入ってくるから同じなんだそうです。


なんでも技術が大切なのはもちろんのですが、それに乗せた思想や想いが響きあう人に自分の身の周りのことをやってもらうのは気持ちのよいことですね。

そう言う意味で、できるだけ身の回りは自分の好きな人やモノと付き合っていくように心がけていると、少なくともわたしの世界は心地よくなっていきます。

自分の心地よい世界の作り方は、正直な自分を出していくことだと思います。

本当の自分で生きていると、それに合った人やモノがやってきます。

偽った自分でいると、その偽った自分を好きな人や出来事がやってくるから、苦しいのですね。

なのでそういう出来事がやってきたときには、自分はどうありたいのか見つめるチャンスかもしれませんね。




時間と空間

2016年05月12日(木) 15時02分
生活の中に程よい隙間があると、生が美しくなります。

隙間とはここでは時間や空間のことです。

何もないところにすべてがあります。

時間の使い方。空間の使い方。どんな感じが好きですか?

もしかしたらその感性が似ている時期に、あるいは惹かれる時期に、その次元で人は出会ったりすれちがったりするのかなと思ったりします。




盆栽

2016年05月10日(火) 14時55分
日曜日の午後、なにかトキメク植物をみつけに、ちょうど盆栽の展示会があるとのことで行ってみました。

そこで案内をしてくださった方とちょっと盆栽の話をしていたら、会の会員になってくださいと勧められたのですが、
いやあ実は盆栽は全くの素人で今日は撮影用の素材を買いに来たのだと話したら、その方が、なんなら展示作品を撮っていいですよ、貴方だったら信用します。貸してあげます。
とおっしゃってくださりびっくりしたのですが、大事な作品を持ち出すのはなにかあったらいけないので、皆さんの目の前で会場で撮らせて頂くことにしました。

展示会は4時まですよとのことで、考える間もなくカメラを家に取りに行き、野外の自転車駐輪場にバックペーパーを張り、漏れ入ってくる自然光で手持ちで撮影しました。

会長さんや会員さん達が作品を外に運び出したり設置を手伝ってくれるという不思議な状況の中,
ワンピースにヒールのサンダルという撮影にあるまじき姿でアスファルトに膝ついて膝を擦り剥きながら、今起きていることは何かしらと面白がっていました。

本当ならもっときちんと撮りたいのだけれど、悪条件でもその時に出来る限りのことをするのって嫌いじゃないんです。

盆栽には作品として、どちらを表に見せるかというのがあるけれど、元々自然を表現したものなので本当によい盆栽は表も裏もなくてどこから見てもいいカタチだよ。との言葉にハッととしました。

自然の生き物である人間も自分の見せたい表は一応あるけれど、お日様の下では裏も表もないのかもしれない。












A3ノビサイズポスターも作ってみました。

観察について

2016年05月08日(日) 8時57分
ホリスティックチューニングをはじめて受ける人にはボディを”観察”する時間を設けています。

それはわたしとその人が並んで立ち、身体には触れずにその人の身体の状態を観察するというもの。

(距離は関係ないので物理的に見えない距離でも観察できます。)

そしてその観えてくる身体の状態からメッセージを二人で共有し一緒に感じていくものです。

施術者が一方的にリーディングするのではなくて、受け手が自分で感じてわかっていくプロセスをサポートしているのだというところが大事なところです。

そうする時はわたしは必ず、『あなたの身体を観させていただいていいですか?』と問いかけ、許可を頂くようにしています。

わたしはその方がみせてくれるからリーディングできるのだと思っています。

その人がみせたくない領域はみれないと思うし、許可を得られたところ以上には踏み込まないことにしています。

はじめての人は不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはその時間の枠で二人のコミットメントの下で行われていることです。

わたしはそれ以外のメニューや普段の生活の中では、他者の情報は勝手に受け取らない設定ができているのでお友達の方々は安心してくださいませ(笑)




今日のバラ

2016年05月06日(金) 15時08分
ステファニーグッテンベルク。

今年仲間入りしたアンティークタッチのバラ。

あー可愛い!!



オデュッセイア。大好きなバラ。うっとり。



こうしてみると花のポートレートですね。

わたしは花を人を撮る時と同じように撮っています。

写真もそうだけど、トリートメントもわたしにとっては、その人の美しさを発見する行為です。

バラ

2016年05月05日(木) 19時47分
急に暖かくなって、バラの開花が次々と始まりましたね。

サロンで咲きはじめたピンクアイスバーグとプレイボーイです。

ちなみにプレイガールという品種もあります。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2016年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる