片づける

2014年04月29日(火) 11時45分
今日はおうし座の新月なんですねってことで、部屋の片づけ、断捨離をしています。

わたしの誕生月の新月ですからね。

片づけることは新しい一年を迎えるにあたっての準備になりました。

捨てないで一応とっておいてあるものがいかに多かったか。

もう終わってしまっていたり、今はいらなくなってしまったものやコトにエネルギーを使っていると、新しいことは始まらないですからね。


好きなものを選ぶということはそうじゃないものを捨てるということですね。

おかたづけに限らず、なにかを得ようとするときでも、どちらかを選ぶということはどちらかを捨てることになります。

どっちを手に入れようか?と迷ったまま選択することを保留している状態は、

どちらもまだ選べるという可能性をキープしたまま、どちらも得ていないということ。



牡丹

2014年04月28日(月) 23時50分
この季節はどこにいっても牡丹が美しいですね。

禅寺で咲いている牡丹も見事でしたが、今日は小さなスペースで育てている我が家の牡丹を紹介します。

切り花にして生けると一輪で牡丹のふくいくとした香りが部屋中に広がります。

なにやら香の中に女性性に関係しそうな成分が入っていそうと思ったので調べましたら

牡丹の根っこの皮は血行障害や肝熱上亢の頭痛、眩暈、口渇、ほてり月経不順を含めた“お血”を改善する漢方薬として古くから使われてきたそうですね。

出産の痛みを和らげる効果もあるそうです。

花と根っこの皮では香はかなり違うと思いますが、花から醸し出す香にもそういった成分が含まれているんだろうなあと思いました。

香の印象と効果は一致しているのが面白いですね。




このごろ

2014年04月27日(日) 14時23分
どういうわけか、今モロッコっぽい色の配色が気になっていて

ついモロッコとかエジプトやトルコのレストランに足をはこんでしまいます。

これは最近窓際に置いて飾る為に購入したエジプト香水瓶です。

実際に香水を入れるには華奢な造りなのですが

本当に香水を入れたくなってしまいますね。



そして先日レストランで見たトルコランプが好み過ぎてどうしようかと困っています。


八重桜

2014年04月25日(金) 18時42分
ソメイヨシノが終わったあとはぽってりとした八重桜。

桜をテーマにした創作フレグランスはあれど、天然の桜そのものの精油ってないですよね。

繊細すぎて抽出するのが難しいのだそうです。

つい思い出してしまうのが桜茶の香り。

この八重桜の花や葉っぱを塩漬けすることでクマリンという成分ができます。

この成分が桜茶の香りの正体のようです。

クマリンにはリラックス効果や抗菌作用、二日酔い予防効果などの効能があるそうですね。

八重桜を塩つけにした花を、お祝いのときや春を待つ時期に足湯に使ってみたら楽しそうだなあと思いました。

はじめまして

2014年04月23日(水) 20時24分
可愛い 色とかたち

あなたは、なんというお名前ですか?

しゃくなげ

2014年04月22日(火) 23時58分
みごとに花を咲かせているしゃくなげに出会いました。

チベットでは祈りの香として神々に捧げます。

伝統的療法としては 胃・肝臓・肺の不調、消化不良、喉の痛み、痰の症状、関節の炎症を鎮めるのに用いられてきたそうです。

精油は蜜のように甘く、涼感ある上品な香りです。

この香を身にまとうと、内なる高貴さに繋がる気がします。

呼吸が深くなり、ゆったりした振る舞いをしたくなります。

香を撮る

2014年04月18日(金) 12時46分
そうだ、わたしは香を撮ろう。

寝起きにすごい言葉が降りてきました。


繊細な色とひかりから香を表現していくのは可能でしょうか。

わたしはまだその方法を知りません。

そんなに簡単なことではないでしょうけれど、だからこそ日々意識するのにふさわしい気がしました。

できてもできなくてもいいんです。

ただそう思って物事をみることが面白いのであって、作品は過ぎていくものの過程の一つだから。

写真や文章のような表現されたものは一時的に残るけれど、それだって見る者によって生き物のように変化していくもののような気がします。

その中でわたしというものを表現方法を変えて遊んでみればいいだけです。

人に触れるというわたしのしごと場は

言葉にならないし、形にもならない世界で

それはそれで完結しています。

わたしは残らないものに魅かれます。

所有できないもの。

過ぎ去ってしまうもの。

だからこそその一瞬が愛くてたまらない。

香もそう。

触れることもそう。


スミレ

2014年04月17日(木) 21時05分
咲き誇る桜の幹の根もとからちょこんと顔をだし可愛く咲く小さな花

こんな条件のいいとは言えないところに種を落とし、芽を出し、育ち、花を咲かせている。

たくましいね。

華やかなさくらももちろん素敵だけど、わたしの気をひきとめたのはこの小さなスミレでした。

みること

2014年04月16日(水) 15時54分
今年最後のさくらを愛でに赤城南面にいってきました。

芝桜とのコントラストが美しかったです。

最近、温かくなってきたし、カメラが相棒になってくれたおかげで一人で出歩くことが楽しくなってきたこの頃です。



今までどこかに行っても割とぼーっとしていたけれど(笑)

カメラを持つとスイッチが入るのか、いつもよりもよく観察するようになるみたいです。


わたしは、身体のなかでは聴覚、嗅覚、触覚を主に使うタイプです。

みえないものをみる時

きこえないものをきく時

あいだにあるものを感じる時

いつも自然に目をつむっています。

それなのに、普段一番使っていない視覚をつかう遊びを覚えようとしているのだから面白いものです。

今は新しい脳の使い方を覚えているこどもみたいな感じで遊んでいます。

2014年04月12日(土) 9時47分
たいていのチャンスのドアにはノブが無い
 

自分からは開けられない
  

誰かが開けてくれたときに
 

迷わず飛び込んでいけるかどうか

そこで力が出せるかどうか

(byちはやふる)


わたしは自分の衝動を信じています。

開いたドアに衝動でふわっと飛び込める時というのはたいていわたしにとって間違いないことなのです。

考えなきゃいけない時やぐずぐずしているときは、たいていそれじゃないようです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる