・・もっと根本で勝負しなさい。大丈夫だから・・

2013年10月31日(木) 22時17分
ブログの感想をいただきました。

共感していただいたことも嬉しいのですが、それよりもこういったことに目を向け人に寄り添った治療をしようと悩み努力してくださっている医師がいらっしゃるということに感動しました。
一部削除の上、掲載の許可を頂いたので、ご紹介させてください。

☆☆☆

陽子さん

こんばんは、

ブログの「反省」読んだ感想です。

治療でもそうです。

痛みは、何らかのメッセージです。

その痛みの根本を取り除く事が、大切なのです。

ちょこちょこっとやれば、痛みは取れるかも知れない。

でも、それにより生体が発するメッセージをマスクしてしまう。

そのちょこちょこを短絡的に解決して得意となる人もいます。

でも、それは本来の解決ではないのです。

この事に気付くまで、自分自身悩み、苦しみました。

でも、陽子さんがとても大切な事に気付かせてくれたように感じています。

おせいじではなくて、なんと言うか「もっと根本で勝負しなさい。大丈夫だから」と教わったようです。

カメラのブログからは、レンズによりものの見方が違うと。

当たり前ですが、自分に置き換えた場合、自分を中心として今まで見ていた視線を、ちょっと離れて幽体離脱のように見ることによりまた違った自分が見えてきた感じなのです。

いままで自分自身を変えなければならないと、考えていましたが、ちょっと離れて感じ見ることにより、また自分の欠点や長所が発見できたり。

本当に色々な事に気付くようになりました。

それが不思議なのです。

朝パット目覚めたら、それが分かる感じ。

あるとき自転車が乗れない子供が、ふっと乗れる感じ。そんな不思議な感じなのです。

こんな事を伝えようとしていたら、「反省」を読んで。ちょっとビックリ。

陽子さん、自分で分かっているんだ。すごい!と思いました。

陽子さんの意図するところと、自分の解釈の違いはあるかもしれません。

自分自身まだ、本当にはっきり見えてきたのではないかもしれませんが、輪郭がぼんやり見えてきた感じなんです。

ありがとう、素晴らしいメッセージ!

☆☆☆

こちらこそ力づけられました。ありがとうございました。

反省

2013年10月31日(木) 9時27分
楽しくてついやっちゃったけど、人の痛みをさくさく取っていくのは考えものです。

それができることはわかったけど、

わたしがやることじゃないかもしれない。


闇のように見える”それ”が実は光と同じものだったってことに気づくきっかけなのに

そこに触れずに痛みをとってしまうことは

都合の悪いことのように見えるものを目の前から一時的に見えなくしているだけのような気がしました。


身体には身体の道理があって、こころにそぐわない生き方をしていればゆがんだり、不具合がでます。

不具合が問題なのではなく、こころにそぐわない生き方をしているところに気づいていかないとね。

痛み自体を悪いものとしてではなく、それを方便として光に気づいていけるお手伝いができるよう精進します。

凄技

2013年10月28日(月) 20時12分
昨日は池口先生のところでオステオパシーや野口整体、長尾ヒーリングなどの選りすぐりの技で胃や骨盤や関節を整える技を、伝授していただいてきました。

きっかけは東京に住んでいる娘が数か月前に自転車と接触事故にあい、その後遺症で時々腰や股関節が痛くなるという話を聞いたことです。

先生のやり方は、ズレやゆがみ、下垂などを、小さな力で整えることができ、戻りにくいのだそうです。

患者さんが一回で痛みが無くなってしまうことも多く、患者さんが来なくなるのだそうです。

治療家の方が患者さんが1回で完治して来なくなることを喜べるのは素晴らしいことだと思います。


わたしは治療家ではないですから、”治す”ということは扱っていません。

(治そうとしてはいませんが治っちゃうことは大いにあります。)

痛みは必要があって起きるものだけれど、

その役割が終われば消えていくか、あってもそれが問題にならなくなっていくものです。

だけど間違った手当によって、不要に長引かせる必要もないだろうと思います。

娘には、これを機会に自分と自分の大切な人に役立つように身体の扱い方を学んでおくことを勧めました。

という訳で池口先生にお願いしてセミナーを開催していただき、親子共々で参加したという訳です。


本当に、凄技そして不思議満載で楽しい勉強会でした。

娘は、自分の骨盤が整い、顎関節もスポーンと整ったのにびっくりしていて、

盛りだくさんな内容なのに、さらに知人の椎間板ヘルニアの治し方まで質問して熱心に習っていました。


わたしもいいお腹と褒められて嬉しかったのですが、骨盤の歪みが少しあり、実践練習のなかで整えました。

なのでただ今、その変化を感じながらの経過中です。


そして伝授していただいた技の数々は、必要に応じて施術にも取り入れていくと思います。

関わる

2013年10月23日(水) 11時42分
それぞれが持っている自分の世界を探求しながら、目の前の相手と関わり、

未知のエリアを発見できた時、

「あ!」

という空間とともに

自分の世界が広がったと感じます。

そんなコニュ二ケーションがとれたとき

いい出会いがあったなあ、ありがとうと感じます。

レンズ

2013年10月18日(金) 22時45分
新しいカメラがやってきました。

カメラもレンズが変わると見えるものが変わります。

わたし達は知らず知らすのうちに自分のメガネをかけて物事を見ていると言ってもいいかもしれませんね。

脳は見るものを決めてしまっていて、それ以外を排除しています。

人は見たいものしか見えてないのです。

あまりになじんでしまっていてメガネをかけていることにも気が付いてもいないかもしれません。


そんなメガネをかけていたことに気が付いていく。

もういらなかったら外してもいいし、

わかったうえでメガネをかけていてもいい。

メガネなんだから今の自分に合わなくなったと思ったら新しいのと交換してもいい。

そんな風に自分の世界は変えていけるということ。

ただ一緒にいるだけで

2013年10月16日(水) 14時28分
セッション中にクライアントさんに大きな気づきが起きることがあります。

昨日もちょうどそんなことが起こりました。

このことを書き残しておきたいものだけれどなんておっしゃっていたのですが。


不立文字(ふりゅうもんじ)という言葉がありますが

本質は言葉を離れて体験の中でつかむことでしか得ることはできません。

老子などは語られ得る真実などたちまち不真実になると、語ることも書き残すこともなかったと言います。

言葉は言葉であって、そのものではないのです。

わたし達はそういった制限のなかで文字を使っています。

強いて言えば、それは文字と文字の間にあると言えるかもしれません。

秘伝とされているものは、秘密にしているから秘伝というのではなくて、明らかにされていても、それがわからなければ無いと同じということなのです。


わたしは言葉で伝えようとするのではなくて、”その中”にただ共にいるだけでいいと思っています。

それは相手に伝わっても伝わらなくてもいいものです。

だから伝えようとはしていません。

それはただあるものですから。


この世に生きている間に体験するのかしないのか。

それに出会えるのか出会えないのか。

どちらでも、お好みでいいのですけれど

そんなきっかけの種を感じてくれる人が逢いにきてくれて、分かち合える時はとても楽しいです。

JUPTER & PLUTO

2013年10月14日(月) 22時10分
ムーンセラピーのようなスパジャーニーでというリクエストがあったのですが、

暦をみたら木星と冥王星の開きの日でした。

開きに対して、直角に支えるような形で天王星がコネクトしてスーパーTスクエアーとなっています。

12年半に一度の大きな乗換であり、扉です。

今回開いた流れに乗って、結びに至るのは2020年

そんな日を祝い、宇宙の会合に思いを馳せて香を創ります。

どんな扉を開けたいですか?

どんな流れに乗ってみたいですか?

そんな想いを膨らませながらのトリートメントでした。

着れました!

2013年10月06日(日) 11時55分
「気に入っていたほうのドレスも着れるようになりました!ありがとうございます!」と試着室から写メが送られてきました。

前回の試着の時、何とかしたほうがいいと勧められたとのことでお越しになった若い花嫁さんからです。

可愛いですね。

絵文字いっぱいのかわいらしいメールにとても嬉しくなりました。

ブライダルエステの中でもっともニーズの高いのは二の腕や背中の痩身です。

そしてフェイスラインやお顔のケア、二の腕のざらつきなどその人のご希望に合わせて一人一人プランを立てます。

最近はドレスの試着のタイミングであわててこられる方も多いです。

そういった場合あまり日数が無いなかで、少ない回数ではっきりとした結果を出すことを求められるわけですが

それはそれで、その中でのビフォーアフターがわかりやすくてとても楽しいです。

結婚式は結婚そのものではなくて

結婚に関わる決意のようなイベントのようなもので、それに対する思いは一人一人違います。

そういったものに向き合っていく準備期間かもしれないですね。





瞳の向こう側

2013年10月05日(土) 23時29分
写真家の田中さんから作品のデータが送られてきて、

とても気になる一枚があって印刷してみました。

写真に写ったわたしと目が合います。

どこからみても目が合います。

わたしに見つめられているようで目を離すことができなくなり、

こちらからもじっと目を見ていたら

ぶわーっと、いっきになだれ込んできました。

瞳の奥からわたしからのメッセージ。

忘れてたことを思い出しました。

自分自身の奥に出会えて感極まっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる