Frindliness

2013年04月28日(日) 21時06分
昨日は横浜から帰省中の☆minori☆さんが遊びに来てくれました。

彼女との関わりには

異なる個性が

お互いがお互いのままでいることを許しながら

楽で自然に

深く関わること

そして調和すること

そんな美しさと心地よさがあります。


昨日は彼女が提供している古拍術の体験もさせて頂きました。

わたしは古拍術のことは何にも知らないけれど何を受けるかということよりも、

誰から受けるかという部分において、信頼できる人なんです。


きれいな鏡が前にあると物事がありのままに見えてきます。

そして究極何もしてもらわなくてもいい。

このシンプルさゆえのくつろぎはとても貴重な時間でした。

好きになりました

2013年04月22日(月) 20時37分
先日はただ楽しいから創っただけの香の作品だったのだけど

アロマ好きのかたが試して喜んでくださったのはもちろんなのですが

これが思いがけなかったことに、普段身体に香を残さないようにとアロマを使わずキャリアオイルだけでトリートメントを受けている方々が喜んでくださいました。

ベットの下に香を置いておくだけで身体には使用しませんでしたが、

とてもリラックスします。香がとても好きになりました。また使ってくださいとおっしゃってリピートしてくださいました。

新たな楽しさを知ってくださって、うれしいことです。

また、ご自宅の寝室用の香り、オフィスの香り、時別な時の香りなどの作成のご注文を頂き、またまた楽しい作業をさせていただきました。



そして今年も牡丹がきれいに咲きました♪


聞香

2013年04月19日(金) 0時32分
先ほどアロマセラピートリートメントの為に調香した作品を創りました。

クライアント様にはお一人お一人その場で調香するのでこういったものはあまり必要ないのだけれど

ふと絵を描くように、作曲するように、香を織ってみたーいという衝動に従って制作しました。

浮かぶイメージはみんな違っていいのでここでの解説は無しにします。


Op.1  Silence

Op.2  The lovers

Op.3  Playfulness


Op.3は番外として自分の為に創ったものですが、もうこれは素晴らしくイカレています。

しばらくのうちはご披露できると思うので香に逢いにきてください。



脳内棚卸作業

2013年04月17日(水) 15時17分
今、とあるステップメール講座を受講していてその内容を読んだ15日の朝のことでした。

愛を選択するか恐れを選択するか?というテーマを意識して行動してみるという内容でした。

愛を選択するっていうほうは、ある程度慣れ親しんだ感覚すぎて、おそらく盲点がいっぱいできているだろうなと思っていたわたし。

だから、まだ気づいていない観念を見つけるには恐れを選択してみたほうがわかりやすいと思ったのです。(こういうところがたまにわたしの生体エネルギーが反転してしまうところですw)

ちょうどその日、10年前に取った国家資格の登録の更新の法定講習があって本当は行きたくないけど行かなきゃいけないって思って行くことにしました。(これが一番怪しい)

会場のかなり手前と会場のすぐそばの駐車場どっちに止めるかと思った時に

手前のほうは、たぶん空いているだろうけど10分歩きます。

会場のすぐ側は便利だけど空いていないかもしれません。

で、時間が無いわけではないし会場の近くの駐車場に行ってみることにしたわけです。(損したくない。ってことは損するって思っている。)

そしたら、目印にしていたお店が移転していて、道を一本間違えてしまい、本来の道に戻るためには大周りしなければいけなくなってしまいました。

遅刻したくなかったので(こうでないと人からダメな人と思われるという恐れ。)バックして戻ろうとしたところ、こつんと車を電柱にぶつけてしまいました。

ええ、前提に恐れを選択した行動をとると、一気にややこしい流れを体験できるということを、見事に脳はその現実を叶えてくれましたね。

そして、ほんの一時間程度の行動の中にも無意識に根付いている縛りがすごくたくさんあるんだってことがわかりました。

車はわたしのかわりに怪我をしてくれたようなものです。

車には本当にごめんなさいだけど、”禊”みたいなもんかなって感じました。

そんなつもりじゃなかったんだけど車ちゃんわたしを守ってくれてありがとう。ごめんね。全力できれいに治させていただきますから許してね。

もし愛を選択して行動していたらどんなことになっていたでしょう。

そもそも、その資格は今は要らないわということで行かなかったかもしれないですね。

その日一日を仕事に回して楽しく過ごすことや、行きたいところにお出かけするなどの無数の選択肢がありました。

資格は継続しなくちゃもったいないと思い込んでそうして一瞬一瞬の選択を無自覚にしていて、選択の余地がない状態を創っていたのがよーくわかりました。

とは言いつつも、わたしはその日このことを体験したかったのだとわかっています。

前提に愛を選択するか、恐れを選択するかでどんな現実も創造できますね♪


さて、今日は自分の夢を宣言するというワークをやっています。

わたしの思ったことは叶っちゃうんです。(誰でも)

言っちゃったら加速すること間違いなしです。

でも言っちゃいます。

「わたしはいつでも自分がやりたい時にやりたいことがやれる能力を思い出し、毎日をそうして自由に選択して好きなように過ごすことにします。」

今もそうしていると思っていたけど、あれだけまだ不要な観念が残ってたのだから、それに気が付いた今、まだもっともっとできるということがわかりました。



甘露

2013年04月17日(水) 8時11分
とある経営者の方が、

会社の問題やらなにやらがすべて気が楽になって、目の前のことに力を注げているのがわかるようになったとおっしゃいました。

問題が問題にならない次元にジャンプしているんですね。

問題に対処する為にぐるぐる使っていたエネルギーが、ちゃんと必要な方向に流れだしたんだと思います。

たった一人が変わるだけでその人を取り巻く世界は変わっていきます。

人がその人自身に還っていくのを目撃しているのはとても楽しい。

お話を伺っていてとても嬉しかったです。


それは準備ができたら何歳からでも起こりうること

全てを手に入れたと思ってからでも

何かを失ったと思ってからでも・・


”所有する”という感覚

わたし自身を思い返しても”自分のものにしたい””手放したくない”という感覚が終了してからの自分の世界はまったく違ったものになりました。

そもそも人やなにかを所有できるということ自体が勘違いだったとわかったときは、あまりのショックで笑ってしまいました。

それまでの人生はそのために努力してきたようなものです。

そのときには気がつかなかったけれど、後で思えばそれを得た代わりに見えてなかったものがたくさんありました。


その隙間にこそある甘露

一人で味わっても美味しいけど

誰かと分かち合うともっと美味しいよ

出会ってくれてありがとう

2013年04月15日(月) 21時20分
娘が「実はママのブログこっそり読んでるんだよねー」と言ったので

「えー、そうなの?ありがとう。どう思った?」と聞くと

「うん、わかる人にはわかるけど、わかんない人にはぜんぜんわかんないと思う。でもそれでいいんじゃない」だって。

はーなるほど。

おっしゃる通りです。


相変わらずわかりやすく書くことに怠慢ではあるけれど(m(__)m)

わたしの書きたいことは文章には無くて行間にある・・・と感じてくれる人に出会えた。

体験したら、書いてあるあのことが腑に落ちた・・・と感じてくれる人にも出会えた。


出会ってくれてありがとう。

会いにきてくれてありがとう。


きっとわたしもそれを体験したくてそうしている。

分かち合いたいと思っていることを

分かち合える相手と出会おうとして、そうしているんだと思う。

祝福

2013年04月09日(火) 11時16分
今朝の太陽が、陽子さんに見えたと言ってくれた人がいたけれど

この比喩はうれしい。

太陽は私たちにとって当たり前にあるもの

当たり前すぎてその存在を忘れてしまうほど・・

生を祝うようなありとあらゆるものの中の一つにわたしも参加させてもらっていることはうれしい。



足を引きずってきた人が、すたすた歩いて帰ったり

重荷を癒して前に進めるようになっていくのをみるのは本当にうれしいし、ギフトだと思う。

もちろんそういった探求も好きで続けているし、方法について多く知っていても邪魔にはならない。


でも私はそれを意図して目指してるわけではないのです。

治そうとはしていないの。

そこに寄り添い

起きてくることを許してるだけ。


どっちにしても祝福なんです。

そう祝福のようなタッチなのです。

ただ人生を喜び、祝いあう、そんなタッチを分かちあえることがわたしのしあわせ。

いつでも

2013年04月08日(月) 14時57分
今日も春の風が吹きまくっていますが、昨日はもっとすごかったですね。

帰り道に買い物をして、車で公園の前を通ったら、雨の中桜の木の下でバーベキューをしていたおじ様達のグループを見かけました。

傘をさしていたので、彼らは雨は想定内なんですね。

状況はどうであれ、楽しんでいる様子、その無邪気さに恐れ入りました。

私たちはもっとこうだったら、楽しいのに、幸せなのにって条件を付けがちです。

でも本当は楽しさを感じるのに、幸せを感じるのに条件はいらない

ただ今味わえばいいんだよって言ってる

そんな景色をみているようにも思えました。


そんなこと思っているうちに晴れ間が見えたので、車を降りてみたら

こんな空がみえました。

そして足元は桜色の絨毯のようです。

ご質問から

2013年04月05日(金) 10時23分
HTの施術を受けた方から、今まで履いていた靴に違和感を感じるし、ちょっと履いていたら足が張ってきたんですけど靴を変えたほうがいいですか?という質問を受けました。

靴には今までの姿勢や歩き方の記憶が残っています。

施術後は、姿勢が整い、足の裏の地面への密着度や歩き方が変わったりするので、今までの靴を履くと変な感じがしたり、いつもと違うところが張ったりすることに気が付く方もいらっしゃいます。

以前はこんな風に歩いていたのかと再確認になるとも言えますが、以前の靴の状態はなじみ深いものなので、身体が以前の靴に合わせた状態に戻してしまうこともあるかもしれませんね。

できたら、施術後の今の自分の足に合うものに変えてもらったほうが意識も身体もニュートラルな状態を維持しやすいですよ。

止観

2013年04月01日(月) 0時05分
施術を共有している時にはしばしば

”隙間”に落ちます

触れるものと触れられるものの狭間

何も無く、そして全てを含んでいる

沈黙した鏡のような受容性の中に・・



ざわざわと波立つ水面には月もその姿を映すことがことができません

だけどいったん風がやんで波立ちがおさまると、静かな水面には月が映しだされます

波立ちが止んだ時

自身が、他者が、そして世界が

静かにありのままに映しだされてくるのでしょう

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる