3月31日の日記

2011年03月31日(木) 21時18分


友人が本日付けで今の職場を退職して明日から新しい人生を歩むことになりました。

その大切な日だからということでやってきてくれました。

そして意味はわからないけれど

花束を私にくれました。

えー私に?

ごめん、普通は立場逆だよね。


友人は照れをかくすように、花瓶はないかと言いながら

自分で綺麗なラッピングを無造作に外してぐじゃぐじゃと丸めてしまいました。

ごめん今日はあいにく花瓶がいっぱいなの。

と言うと

そこにあった足湯の鉢に水をザーっとくむと、そのなかに花をつけました。

ほら、取り合えずこれでいいよ。と


ぐっときて涙が出そうになったけど、終始そんな調子だから涙も引っ込んじゃう。


ご苦労様でした。

これからは新しいあなたの人生を歩んでいくのですね。

どこにいてもあなたは私の自慢の友人です。



この季節は出会いや別れの多い季節でもあります。

今までの人生で、たくさんの出会いと別れを繰り返してきたけれど、

ほんのひと時の出会いであっても

無くてよかった出会いなどただの一つもなかったと

心からそう思います。


いいえ

本当は別れなんてないのではないかと思います。


みんな幸せにくらしているでしょうか。

あなたのそばにも やさしい風が吹きますように。




私信

2011年03月30日(水) 14時27分


大きな花束が届いて、なんで?なんで?と思ったら

贈り主はいたずらな天使さんからでした。

可笑しそうに笑っている君の顔が浮んできて

私も可笑しくなりました。


大きな花瓶4つに分けて飾りました。

とってもいい香りです。


あなたは元気ですか?

私は元気にしています。

8年目

2011年03月21日(月) 12時48分
春分の日

地球は180° 0°を運行中です。

はじまりの日だー。

などと思っていたら

はっ!

サロンも8年目を迎えさせていただいたことに気が付きました。

サロンというなにやら形のあるもののなかでさえ

一瞬一瞬に変化する自由を許していただいているおかげで

いつのまにかこうして続けているのだと感謝しています。

皆様ありがとうございます。

心にやすらぎを

2011年03月17日(木) 16時02分
被災地の方々が1日でも早く元気になれますように、お祈りいたしております。


ここ数日、緊張状態が続いておりますが、皆様、体調などは崩されていらっしゃいませんでしょうか?

群馬県のこの辺は幸い大きな被害はありませんでした。

その日はわたしも地震とともに大きなショックで揺れていました。

今でも映像などを見ると苦しくて悲しくなります。

でもその後、地震後に都内で帰宅できずに一夜を過ごされて疲れて帰っていらっしゃった方のお身体をマッサージさせていただいたり、

被災は免れたもののショックを受けて元気をなくしてしまった方にケアをさせていただく日々のなかで

今はまた自分の中心に戻ることができました。

人に触れる行為によって一番癒されたのは自分かもしれません。



安らぎをとりもどすこと。

それが私が今、微力ながらできるお手伝いなのかもしれないと思っています。


情報収集する事も大事ですが、元気をなくして心と身体を壊してしまってはなにもできなくなります。

しばし情報を追うのをやめて、少しでもリラックスする時間を持つ事も大事な事かもしれません。


普通の生活をおくる事にも罪悪感を感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

被災を受けていない人が辛いと言ってはいけないと我慢をしているかもしれません。

だけど、罪悪感を感じても助けになりません。

悲しく悔しい気持ちはみんな一緒です。

それよりは、まず自分が元気になること。

その後、何か自分のできる事をできる範囲でしていきたいです。



尚、サロンは計画停電 第4グループに該当します

該当時間帯を避けての営業を行っております。

里帰り

2011年03月06日(日) 13時55分
遠くにお嫁に行ったお客様が帰郷の折に立ち寄ってくださいました。

ご家族の写真をもって。

赤ちゃんをパパに預けて来てくださったので慌しそうにされていましたが、

いつもと変わらないにこにこ笑顔と、みなさんの元気そうな様子を聞けてとってもうれしかったです。

ありがとうございます。

最近は遠くと言っても国内くらいじゃあ遠くに感じなくなってきました。

距離感の感覚は物理的な距離じゃなくなってきているみたいですね。

NEW VISION

2011年03月03日(木) 13時28分
面白いことにリラクゼーションのためのセッションの時などに、お任せでゆだねてくださるクライアントさん達との間で

不意に、今までとは違う軸のトリートメントが生まれはじめています。

なんと言ったらいいのでしょう。

それはより包括的で立体的で自由で開放的な感じでした。


だけどそれを紹介するための名前やら説明は、今はつけることができない気がしています。

思考を超えたものの表現を、思考を使って説明することは難しいからと投げ出してます(笑)

そもそも、それは一方的に提供するという質のものではないようです。


それが起こればすばらしい。

起こらなくてもすばらしい。


もしかしたらこれはお互いに信頼し、開いている者の間で、


”変えようとしない”

”期待しない”

その準備がある時、そこに生まれるアートなのかもしれなくて・・。

生まれるというより、本当ははじめからそこにあるもので。


みなさんありがとうございます。

今ここに分かち合えることに感謝しています。

いままでのすべての経験と、出会ってくれたみなさんに感謝したいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる