グロリオサ

2017年09月12日(火) 12時50分
変なかたちに惹かれます。

ねむの木

2017年08月15日(火) 20時20分
ねむの木の花が咲きました。

昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木の花 君のみ見めや 戯奴さへに見よ    (万葉集 紀女郎)

暗くなったので葉っぱが半分お眠になっちゃってます。

蕾の中に毛みたいな花がぐるぐると収納されていて、どうやって咲くのだろうと思っているのだけど、まだ咲く瞬間はみれていません。

ああ、見たいです!

雲流和紙というスジ入りの紙に印刷したら色あいも雰囲気も思った通りになりました。


コスモス

2017年08月14日(月) 0時00分
コスモスが咲き始めると秋の香りが・・と言いたいのだけれど、うちのコスモスは去年も今年も6月から咲いていて、気が付く人を驚かせておりましたよ。

はじめは写真を撮るために育て始めた植物も、目の前で咲いてくれるとそれで満足してしまい、写真を撮りたい欲は薄らいでしまうのが不思議。

せっせとお世話していたバラなどは凄く良く咲いてくれたのに今年はなぜかほとんど撮らなかったなあ。

そんな感じも、まあ面白いものだと観察しています。

今は、合歓の木の花が蕾になっていて、咲くのを待っているところです。


クレマチス

2017年07月13日(木) 7時40分
毎日この陽気で、外のバラが暑そうです。

クレマチスが涼しげな色なので助かります。

薩摩琵琶

2017年07月05日(水) 20時27分
フラメンコ歌手・薩摩琵琶troubadourの須田隆久さんです。

素晴らしい歌声と演奏に魅了されまくりました。

酒蔵に響くバイブレーションがすごくて鳥肌でした。

写真の掲載許可もありがとうございました。



El viento se levanta

2017年07月04日(火) 14時45分
わたしは彼女のはじめのころのRASAFARMでのライブからのフアンで、足を運ばせていただいていたのだけれど、このところの踊りは見逃せないやつだと思っていました。

というか、いつでも毎回そう思うのです。

経験や思いが存在を創っていて踊りの中に溶け込んでいる。

だから同じものは二度とはないと思う。

彼女の世界を感じながら、それをみている自分の今を見ることができるような気がするのです。



カメラを通してみるのと、カメラなしで見るのとでは使ってる脳が違うように思います。

カメラを持つと視覚と聴覚のたくさんの要素の中でやるべきことはたくさんありつつも、瞬間ごとに集中力をもってたくさんのものを捨てることで統合している気がします。

観客としての楽しみかたとは違うのだけど、わたしの場合そうすることで凝縮したエッセンスが見えてくることがあるように思います。

自分も踊るようになって、身体の動きを音の表現として感知する感覚が生まれているようで、シャッターに触れるタイミングにほんのコンマ数秒の違いの変化を感じました。

踊りがわたしの中に入ってきたみたい。

前に撮影の時に亜由美さんに、陽子さんも写真を撮っている時、踊っているよと言われたのだけれど、もしかしたらそうなのかもしれません。

今までもあったのかもしれないけれど気が付いていなかった、喜びの感覚を発見した気がしています。

ありがとうございます。

El viento se levanta 風吹いたね。
















ビジョンが運ばれる

2017年06月09日(金) 16時10分
フラメンコダンサーの亜由美さんが7月1日と9日の公演のフライヤーを持ってきてくれました。

サロン階下のアトリエの前にこれらを置く小さなスペースを作りました。

2月の春分のころに二人で創った作品が人の目に触れ、ご縁が結ばれ、新しい創造が生まれ、その展開が始まっているというその物語を話してくださいました。

またこうして印刷物の一部となっていろんなところに運ばれてゆくと思うと一緒に旅している気がしてうれしいです。

いつもそうだけど、わたしは人の瞬間的なエッセンスというか本質的なものに出会いたくて、写真を撮っているんだろうと思うのです。

一緒に創った二人の写真作品が、そうして形を超えたものに変化して、その人のビジョンにまで運んでくれるような作品になってくれたらいいなと願っていたので、夢が一つ叶いました。

うれしさがじわじわとやってきます。

一緒に連れて行ってくれてありがとうございます。

2017年05月01日(月) 21時28分
3〜4月に咲いてくれたうちの花達です。

今年もきれいに咲いてくれました。

藤と牡丹は見頃を待っていたのだけれど、今日の強風で牡丹も藤も花がだいぶ散ってしまいました。

自然のものなので花はタイミングが難しいけど、昨日が見頃だったということにしようと。

ちょっと早いかなと思いながらも昨日撮っておいたもの。











何か

2017年01月13日(金) 14時40分
昨年末、フラメンコのライブで撮らせてもらった時の写真。

今日はあゆみさんにお会いして写真のデータと印刷したものをお渡しできました。

お話していて思ったのは、カメラって表現者と表現者の間にある両面鏡みたいだなって思いました。

向こう側の世界とこっち側の世界があったとしたらそれを繋いでいる境目みたいなものがレンズで

「わたしとあなた(わたし)の間にある何か」がそこにはあるような気がします。

そういう何かに触れたような気がしたんだよね。







窓辺

2016年09月25日(日) 11時56分
窓のある風景が見たくて、素敵な窓のあるところへ。

そのあと素敵なホテルのランチに行きました。

でもご飯の写真は、いつも忘れてしまいます(笑)



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる