物語を撮る

2017年02月06日(月) 21時58分
今、ある人物の撮影をしています。

とても特別な、その人だけの物語を撮りました。

面をつけて舞い踊る女性の姿。

その面はおかめでありそして醜女であり、そしてあめのうずめであるという手彫りの面。


大量に撮影した、面をつけて舞う女性の写真を見つめていると

ああ、面てなんだろう。

顔とはなんだろう。

存在って。。

底なしの不思議な感覚になっていきます。


そうしていたら写真を撮り始めたころを思い出しました。


”わたしが見ているあなたの美しさをあなたにも見せたい”

”こんな素敵なあなたがいることを、知って欲しい”


それはわたしが人を写真で撮り始めた動機です。


そして、目の前の美しさに触れたことで満たされたのはわたしだった。

美しさとはそれを見る側の中にあるものなのかもしれない。


始まっている

2016年03月29日(火) 11時27分
昨日は今度4月に撮影する方の打ち合わせがありました。

なぜ今写真を撮りたと思ったのかの話を聞いていて

”今まで、他人軸で良い子の自分をを表現しづづけていた。

本当の自分の想いは何なのか理解したい。

知らない自分を発見したい。

そして外側に表現してみたい。”

ということなんだろうということが伝わってきました。


一緒にイメージを作りながらのテスト撮影。

最初は良い子ちゃんの顔だったのが

だんだんなにか外れてきたような顔が出始めてきました。

もう隠しておけないかもしれません。

もう始まっている。

新しい自分に出会っていくことは、付け加えていくことではなくて、自分じゃないものを外していくこと。

花写真 グロリオサ

2015年04月06日(月) 12時31分
この写真を選んだ人は、地に足の着いたロマンチスト。


この世の豊かさを味わうことを大切にしながら、大きなビジョンを持つことができて、それを現実のものにすることができる人。

この写真をお求めくださった方に、わたしがこの花の写真から感じたそんなイメージをお話させていただきました。



素顔

2015年04月03日(金) 12時47分
昨日はフォトセッションをしました。

その方はある一つの職業を勤めあげたあと、今までとは違う仕事をしています。

職業が変わるということは全く新しい経験を生きるということなのかもしれませんね。

撮影の合間にこの方の物語を聞かせていただきましたが、そうして誰かの経験を聞かせてもらうことも楽しいです。

もし明日から違うことをしてごらんという日がきたらいったい何をするだろうかと想像してみたりして。

職業がその人のイメージをつくるのでしょうか?

それともその人のイメージが仕事につながるのでしょうか?

昨日はそれらしく撮るということはしませんでした。

どっちかっていったらそういったものを脱いだ素のその人らしさに興味があるみたい。






次の展開

2015年03月15日(日) 11時28分
次のライフワークのテーマがやってきたみたいです。

今度はひとりの人のonの顔とoffの顔を合わせて撮ってみたいと思いました。

onは社会で見せている顔、見せたい顔、こうありたい顔、制服をきた顔、プロフィールの顔

offはリラックスした顔、制服を脱いだ顔、素の顔

onの顔もoffの顔も自分の要素。どっちがいいとかではなくて、どっちも大事だし、そうあっていい。

自分は誰なのか。ということを見つめていくプロセスをカタチにしてみます。

こちらのお楽しみはごくゆるやかに、それでも1〜2年である程度カタチにしてみたい計画です。

興味を持って下さった方がいらっしゃいましたら、一緒に楽しみましょう。

そう言えば写真集『花ノ音色』の中にも、その伏線はありました。

こんな感じで。

人の中に咲く花

2015年03月11日(水) 13時28分
わたしのことを全く知らない人がわたしの写真集をみて、「写真から香りがする。」と言ってくれた人がいると教えていただきました。

わたしは香りを写真に撮りたいと思ったのが写真をはじめたきっかけですからその言葉はありがたきことです。

たった1人の人でもそのように感じてもらえたのなら、もうそれで完璧に大成功で大満足です。

そしてわたしの写真にはエゴがないから、写真集にするのには実は苦労した、という話をあとで聞きました。

それもちょっとうれしかったお話。

そして引き続き、花と、人の中に咲く内側の花に触れさせていただく旅は続きます。

『花ノ音色』より





伝言

2015年03月07日(土) 22時46分
先日この2枚の写真をお求めになって下さった方へ

お時間が無くて、その場でお伝えできなかったメッセージです。

この組み合わせを選んだ方は、直観力の高い方で感受性の強い方です。

そして内なるバランスをとる方法をよく理解しています。

今あなたは何かを表現したいと思っていますが、それは自分自身のハートに繋がることと、感情表現をより信頼することで見出すことができるでしょう。

お忙しいなか会いに来て下さりありがとうございました。

佐藤陽子



PARTICIPATION

2015年03月07日(土) 12時36分
わたしはふだんの仕事ではカタチの無いものを提供していて、それに対して価値を感じて下さるかたとその方の命の象徴であるお金と交換して生きています。

それで充分すぎるくらい満足して生きていますが、今回の個展開催はその感覚がそのままでもうすこし外の世界に広がったというような体験でした。

個展では私の写真集や写真を買って下さった多くの方がいらっしゃったわけですが、

今回自分から出てくるものでカタチのあるものを作り、それを受け取ってもらうことで命と命の交換ができたという味わいを体験することになりました。

もちろんその中にはわたしの作品作りに携わってくれたプロデューサー、印刷会社、年月をかけて開発した印画紙を提供してくれた会社の方、場所を提供してくださった方がいて、それぞれがプロの仕事をしてくださったことでできあがったものですからその中にはその方たちの命も参加しています。

そしてわたしの作品を買って下さったある方からも、部屋で鑑賞して楽しんでいるという言葉とともに、詩を送っていただきました。

この方がこの作品からわたしのまなざしごと受け取ってくださって、そしてご自身も作品に参加していることが伝わってきます。

『花ノ音色』感じていただきありがとうございました。


・・・

狂おしいまでに愛しい花弁の園

あなたの命と愛を息をこらえて待ち続けている私

そばにあなたのやさしく熱いまなざしがそおっと寄り添っている

今日も可憐な香りを奏でるハクモクレン

・・・

ホザキナナカマド

2015年02月27日(金) 23時20分
夏に咲く白い花。

その蕾も真珠のように美しい。

暑い季節に汗をかきなから歩いていてこの花に出会った時、一気に涼しくなったことを思い出します。

ちなみにナナカマドは7回焼いても燃えないという名前のように燃えにくい木なので火災除け、落雷除けにされてきたといういわれがあるそうです。

まるで水のエレメントを極めたヒトのような木だなあと思いました。

火のエレメントは何かを創造する活力を高めてくれますが、乾いた木に火をつければすぐに黒く焦げてしまいます。

細胞に水のいきわたった木に火をつければ加熱蒸気が生じます。

水のエレメントを極めることで火のエレメントが生じますということを、この花の写真からくるイメージで作った香りに含みを持たせています。(この香りは個展会場に展示しています。)

個展ではこの写真は展示していなかったのですが、ある方のリクエストによりこの花の写真をお届けさせていただくことになりました。


New Vision

2015年02月24日(火) 11時34分
白木蓮。柔らかく傷つきやすいその蕾は堅い産毛のはえた殻のようなもので守られています。

気温が温かくなるに従い蕾は膨らんでいき準備ができると殻を落とし、花開いていきます。

白木蓮の微かに香る静かな甘い香りは冬の季節が終わり、春が始まっていく新しさを感じます。

地球上で、最初にお花を咲かせたのはマグノリアと総称されるモクレン科と言われていますが

この花をはじめて見た人はどんな風に感じたのでしょうね。

この今にも開かんとしている蕾の様子を写した写真は、ある詩人の方の家に飾られることになりました。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2017年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる