タッチ

2015年12月04日(金) 11時48分
ちょうど今ごろのような季節の変わり目になると、トリートメントに2種類のオイルを使いたくなります。

夏場はすーっと伸びて消えてしまうようなさらっとしたマカダミアンナッツやスクワランを好んで使いますが

この頃はすこし重めのホホバやライスを用意しておいて、乾燥しているところや身体のお疲れの部位に使ったりします。

オイルの重さや伸びは物理的にもタッチに影響がありますから、それでどんな状況が起きても大丈夫なように数種類用意しておくのです。

身体やエネルギーの状態はいくつもの層になっているようすで、その時感じた状態に合わせてタッチの軽さや重さ、深度の浅さ深さ、スピードは違っていきます。

わたしの感覚ではその人の身体とそのキワから広がる付近にいくつものレイヤーがあって、どの深度にどのように触れたらよいのかは身体が教えてくれることに従っています。

すごく雑に言うと、精神に触れる時と身体に触れるときではタッチは変わります(ほんとは境目はもっと微細ではっきり分かれているわけでないけれど)

それは”わたし”が決めてそうしていたと思っていた時期も過去にはありました。

今はそういった”わたし”を手放し、その純度を高めていくことでわたしという小さな枠を超えた展開に出会えるようになりました。

その積み重ねのおかげで、ありがたいことに私自身も身軽で自由になっていきました。

わたしが楽で喜びを感じているほどに、仕事でもよい結果を生み出していけるということを実感しています。




ART of touch #14

2015年07月22日(水) 12時11分
施術を行うことを技術の提供と認識しているうちは、相手をリードしていこうという意識を少々はらんでいるものだと思います。

どんなに技術が増えても、深めても、そこに気が付かない限りは同じループをぐるぐる回っているにすぎません。(でもそれもまた良し)

施術者がセッションをリードするのではなく、施術者が相手の身体の声にリードされていくのがいいですね。

巻き込まれるのではなく、存在としての役割を持ちながら。

技術は使っていながらも同時に手放していて、相手の身体にゆだねながら”それ”を待てるかどうかです。

いつの間にか自分がそのように変化していることに気が付いたのは久しぶりにお会いした方とのちょっと印象的なセッションで感じた最近のこと。

目の前の人にも、そしてまずは自分にも深い信頼がないとおそらくそれは難しいでしょう。

相手に受け取って頂けるとしたら結局のところ、技術ではなく存在そのものなのではないかと思っているこの頃です。

なんだかシンプルで身軽な心地です。



ART of touch #13

2015年01月13日(火) 14時42分
ART of touch はホリスティックチューニングから変化をしてきた施術です。

新しい施術が始まったのではなくて今までの流れをくみつつ変化していく施術です。

触れることを通して自分に出会っていくプロセスです。

もうね、出会った人が勝手に開かれていくのですよ。

そこには調整するという意図は全く必要でなくなりました。

そういった過程で、”癒す、治すもの”がある意味ではわたしの世界には無くなりました。

わたしは癒す人でも治す人でも調整する人でもなく、ただ、触れることを通して表現する人なんだろうと思います。

とはいえ、もし課題と感じていることや症状ががある時には、それをなかったことにするでなく、意味づけを変えるでなく、ちゃんと自分の声と向き合ったらいいと思います。

それも今までどおり施術の中で扱います。

それは癒そうとするものでも、治そうとするものでもないということだけです。

ちゃんと腑に落ちたら、勝手に終わります。


自分で自分の身体の声を聴けるようになり、望む方向へと流れに乗れるとわたしは楽なのでそれを実践しながらお仕事として分かち合っています。

でも困難を乗り越えたほうが楽しい、つらいほうが生きている感じがして好きと思っている魂もあるので、それは趣味嗜好の自由です。

そういう人は邪魔しないであげるのがいいと思います。

そこに自覚があればなにも問題ありませんね。









ART of touch #12

2015年01月13日(火) 12時16分
写真を撮ったあとそれを現象していると、”良いものにしようとして”着地点に迷う時があります。

結局自分の脳内でイメージしているものしか表現できないことを思い知らされます。(いい意味で、それが個性)

観えているものが表現されている。

写真に限らず、すべての表現するものは、自分が目の前の人を、世界をどう見ているのかが、丸出しなのだということ。



『着地点に迷ったときは、自分なりにやり切ったら、一回そこから離れるといいよ。

そして再び戻ってもう一度観てみるのです。』

と、昨日娘が話していました。

これはいろんなことに言えるだろうと思います。


迷った時、自分の思考から離れてみる。

そしてまた現場に戻ってみる。

視座が変わると観えてくるものが変わるからです。

動かなかった現実が動くことになります。

ART of touch はそのような時間を二人で創ることに似ています。



ART of Touch #11

2015年01月09日(金) 23時25分
今までポツリポツリとつぶやいてきたART of Touchをメニューにして体現していきます。

ART of Touch

触れることを通して、あなたがあなたに出会っていく体験を分かち合っています。

五感とは肉体を持っているがゆえに感じる感覚。(触れること、味わうこと、観ること、聴くこと、嗅ぐこと)

その身体感覚を手掛かりに自身の身体の中に深く入っていくことでその五感を超えたスペースに触れる体験です。

あなたはわたしに触れられながら、同時にわたしに触れています。

そのはざまに意識を置きつつ、ただゆったりとくつろぐ時間です。

自分の領域の範囲に気が付く人もいるかもしれませんし、もっと広がったと感じる人もいるかもしれません。

私たちの存在が肉体の領域を超えてそれだけではないのだということを思い出し始める体験になるかもしれません。

自分の生きている間にやりたかったことを思い出すかもしれません。

それはその時々で人それぞれです。

期待を手放し、ゆったりとした時間をあなたにプレゼントしてください。


*既存のホリスティックチューニングというメニューは、今後ART of Touchに統合されていくと思います。



ART of Touch #10

2015年01月09日(金) 22時17分
触れることは出会うこと。

それぞれが自分の音楽を持ちながらそこで出会う時、わたしの歌とあなたの歌が混じり合った新たな音楽が生まれます。

それはわたしとあなたのアルケミーです。

ART of Touch #9

2014年07月26日(土) 12時07分
身体は、緊張や恐怖、痛み、心理的混乱や病気でいっぱいな時でも

その人の内側に静かに動いている生命力は何も変わることなく脈うっています。

”それ”に触れさせて頂くことができると、触れられた人はそのバイブレーションを思い出しはじめます。

それと共に居ることが出来た時には、ああ出会えたねと思います。

人は自らの最善に向かう力を持っています。

相手の人の叡智を信頼し、ただ共にいること。

自分の存在をマインドを通して知るのではなく、ハートを通して知っていく。

それがわたしがTouchを通して分かち合っていることです。

ART of Touch #8

2014年07月23日(水) 10時12分
日本人同士だから同じ言語を共有していると思いやすいけれど、実は誰でも言葉に自分の世界感をくっつけています。

言葉そのものはただの言葉なのだけれど、発する側にはその人の自己流の流儀があって、それを受け取った側はもともと持っていた自分の流儀で翻訳しています。

わかるわかる、などと共感が起きる時も本当に全部相手の意図をくみ取っているのではなく、自分の持っていた言葉に変換してわかったと思っているのです。

誰かが言った言葉に傷つけられたと思っている時、相手は傷つけようとしているわけでなくても、勝手に自分の傷が反応しています。

もし自分にその傷がないのだったら、何か言われても気にならないはずです。

そうだとしたら相手の言葉ではなくて自分の持っている言葉によって傷ついているということです。

言葉ってそういうものだとわかっていると、あの人はあんなこといっていたなぐらいにしか思わなくなりますし、

ちくちくした痛みの感覚があれば、自分の中にそこに反応する何かがあるということを感じる機会にもなります。

Touchというのはそういった言語によるものを超えた非言語のコニュ二ケーションです。


ART of Touch #7

2014年07月09日(水) 20時06分
まず自分自身が調和していることがなにより大切です。

それが自分のまわりの平和に繋がるのだと思います。

自身が満たされて、それが溢れているのであれば、自然にまわりの人に分かち合っているのではないかと思います。

ART of Touch #6

2014年07月05日(土) 23時31分
自分自身に対して愛に満ちていない限り、

本当には、他の人々を愛することはできないだろうと思います。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐藤 陽子
  • アイコン画像 誕生日:1965年5月19日
  • アイコン画像 現住所:群馬県
読者になる
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像佐藤 陽子
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像H T
» ありのままと癖のまま (2017年09月29日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 喜びの質 (2017年08月03日)
アイコン画像HT
» 喜びの質 (2017年08月02日)
アイコン画像HT
» 成り行きに任せる (2016年11月30日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 意識 (2016年11月21日)
アイコン画像HT
» 意識 (2016年11月20日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 波を楽しむ (2016年11月15日)
アイコン画像HT
» 波を楽しむ (2016年11月14日)
アイコン画像佐藤 陽子
» 委ねる (2016年09月25日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる