少し考え事 

2007年03月15日(木) 1時50分

あなたに、いいように使われてるとは薄々思ってはいるんだよ。
あなたのためにモノを買い、あなたのために徹夜してまで作り、でも、見返りはほとんどない。
私が言い出したことで、あなたを巻き込んでるから、あなたの分も準備しようという信念で私は動いてきたけど、それって、私が損しているだけなんじゃないかと思い始めてるの。
あなたといるのは楽しいし、一緒に行ってくれるのも嬉しいけどあなたは1円も使わずに行動できるんだものね。
友人間で2万もあったら、それは貢いでるのと変わらないよね。
私はあなたのメイドじゃないし、これ以上あなたに貢ぐつもりもない。
あなたとの関係を壊したくなくてココまできてしまったけれど、もう、やめようと思う。
あなたが、自分で用意できないことは誘わないし、ムリヤリにも誘わない。
無理に付き合ってくれても楽しくないものね。

Butterfly 

2006年12月29日(金) 22時16分
Butterfly
ねぇ キミの羽根を見せて
鮮やかな羽根を
Butterfly
そう その羽根をちょうだい
艶やかな羽根を

その美しさは僕を惑わす
キミを捕らえる為に 華を咲かせ 蜜を貯める
甘い誘惑
腕の中で舞う蝶は 今夜僕だけのもの
踊り狂うキミに魅せられて
捕われたのは僕のココロ
手に入れたのはキミと永遠

スキ 

2006年11月17日(金) 0時37分
花が好き

空が好き

風が好き

海が好き

そして何より、あなたがスキ

 

2006年10月21日(土) 16時43分
僕は声を失った

一言も話さない日々が続き
とうとう話し方も忘れてしまった
こんなにも心は叫んでいるのに
それでも声は出ない
だから誰も僕に気がつかない

寂しくて
淋しくて
心を捨てた
忘れてしまえば悲しくないと
悲しいという感情すら捨ててしまえばいいと
そうすれば楽になると思った

怖くて
恐くて
いつか「お前なんかいらない」って言われるのがイヤで
逃げ出した
走って
奔って
それでも誰かに気付いて欲しくて
ここにいること知って欲しくて
一生懸命に声にならない声で”誰か”を呼んでみるんだ

タイトル未定 

2006年09月24日(日) 16時53分
いらないと
不必要だと
そう思った
この集団の中で自分だけが必要とされない
自分だけ知らない思い出を語る級友
私は邪魔な存在なのだと悟った
そのことを口に出しては言わない
弱いみたいだから
情けなくなるから
知らない顔をして平静を装いまだ輪の中にいる
それこそが本当は臆病だということなのに

笑い合う輪の中
一緒に混ざって笑っていてもどこか寂しくて
本当の仲間なんかじゃないことわかってた
居場所なんかなくて
ないとわかってるもの探す気もなくて
それでも不安定な糸にすがって生きる
不確かな妄想に
捕われて
遊ばれて
堕ちていく
私は此処に居ると叫びたいのに
勇気がなくて
周囲を気にして
声を飲み込んだ

pain 

2006年09月24日(日) 16時52分
傷付けて
傷つけられて
それでも生きてきた
生きてる意味はあるのかと何度も問い掛けて
追い詰めて
逃げ場を失い
それでも生きてきた
決して強くなんかなくて
自分すら守れない程弱くて
どれだけ手を伸ばしても
どれだけ背伸びをしても
届かない
抜けられない
見つからない
生きる道探して
自分見失って
叫んでも
叫んでも
返る声は自分のもので
一人泣くその泪はすでに涸れ
心凍り付く

そのままずっと 

2006年08月31日(木) 3時38分
ムリに変わろうとしないで
君の理想と僕の理想は違うのだろうけど
そのままの君が僕は好きだよ

少しずつゆっくり僕と歩いて行こうよ
そのときがくればきっと僕ら変われるはずだから

君がそっと隣にいてくれればいい
僕の肩に寄り添って
その小さな肩を抱き寄せて
そっと
ずっと
このまま二人の時間がゆっくり過ぎていけばいい

愛の言葉 

2006年06月23日(金) 0時41分
愛してるなんて言葉
恥ずかしくて
一度も言ったことなかったね
いつも君は求めていたのに
「言葉の繋がりなんて」と言い訳して
僕はいつも逃げてた
一度くらい言ってあげられたなら良かったのに
もう君はいない
君が帰ってくるならいくらでも言うよ
ただ一言
「愛している」と

想い 

2006年04月03日(月) 2時01分
時々想いで胸が詰まる

私は好かれてないのでは
嫌われてるのでは


私は認めてもらえてないのか
その他に括られるようなただの人でしかないのか


私にもその眼差しを向けてほしいのに
言葉をかけてほしいのに
同じように名前で呼んでほしいのに

苦しい

私よりも付き合いの短い人達が楽しそうに笑っていて
その輪の中にうまく溶け込めない

話し掛けなければ今の関係を変えることはできないのに
無理矢理入れば余計にウザがられそうで
恐くて進めない

どうしたら貴方と自然に話せるようになるんでしょうね

どうしたらあの人達と同じように親しく呼んでくれるんでしょうね


どうしたらこの醜い嫉妬心と独占欲がなくなるんでしょうね


きっと答えはでないままで
私はずっとこの苦しみを抱えたまま

煤I! 

2006年03月28日(火) 23時59分
放置しすぎもいいとこですね。

今日はバイトに励んできましたよ。
お茶屋さんなんですが。
ひたすら芋洗ってたっていうね。(笑
後は、お茶詰める袋を詰めやすいように開いたりとか。
ラストが今日は自分ひとりだったんであわあわしながら仕事してました。
勤めてそろそろ1年になります。
まだまだ覚えることは沢山ありそうです。
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:leciel-gold
読者になる
Yapme!一覧
読者になる