お薬 

2008年04月29日(火) 21時00分
レーチェのお薬について・・・。

お薬については病院の説明をきちんと
受けています。でも帰ると一応ネットで調べます。
いい世の中になりました


レーチェに出されているお薬は2つ

ウルソ50mm (ウルソデソキシコール酸)

漢方薬の熊胆(くまのい)から化学合成された胆汁酸製剤です。

漢方医学では昔から胃腸薬として熊胆を使っています。


熊胆の主な成分は胆汁酸です。胆汁酸は胆汁の流れをよくし、

又、脂肪の吸収をも助けることで、胃腸の機能を改善することができます。
古くからある胆汁酸製剤です。胆石や肝臓病に広く処方されています。
長期服用も安心で、副作用もほとんどありません。ただ個体差は

あるので吐き気が出る場合はストップです。



SAM-e 200mm(サプリメント

これまでにない最もパワフルな
アンチ・エイジング(抗老化)と病気予防の
栄養補助食品の一つであると言われています。
アミノ酸メチオニンの天然の代謝産物であるSAM-eは、
うつ病や関節炎の他、多くの異常症状の治療に
使用されています。
心臓病、肝臓異常、一般的な関節痛そして
慢性の疲労症候群の治療にも研究されています。
非常に多くの可能性を秘めたの栄養補助食品の一つ
と考えられています。副作用も申告されていません

この2つを服用していました。






闘病6日目 

2008年04月24日(木) 21時46分
2005年9月27日

今日もとっても安定しています。

新しい出来事と言えば、おしっこの時間ケージから

出すとミッキーに突進して遊ぼうと誘うこと。

あとはおやつをねだるようになったこと。

こんな小さなことだけどとっても嬉しい♪

ご飯もちょっと残すけど、私が仕事から帰ってきて

残りを食べさすと頑張って食べてくれます。私がいないと

食べないのは小さな甘えが出てきてるから・・・。


ミッキーはレーチェのケージの前で寝てたりしてる

から、思い切ってレーチェのケージに一緒にいれて

みました!!お互い狭い中だけどちょっと嬉しそうだった。

闘病5日目 

2008年04月24日(木) 21時42分
2005年9月20日

食欲が日に日に強くなってきてるようです♪

これはとても嬉しいことで、安静+食欲+睡眠で

病魔を吹き飛ばして欲しいものです。

多分普通の方は会ったら元気じゃんと

言うくらい動き回れます。ピンポーンと鳴れば

ギャン吠え、誰か帰って来たら嬉しくて嬉しくて

ギャン吠え(爆)そのくらいできます。


毎日欠かさず見てるのは目の色です。

白目が黄色く濁ったら黄疸になっているので

これまた緊急をようするもので、やはり歯茎の色。

だいだいこの色で体調は分かります。歯茎を押して

跳ね返りが健康な子であれば2秒で元に戻ります。

毎日何回も調べています。

とりあえず今日もおだやかに時間が流れ

ほっと嬉しく思います。

闘病4日目 午後 

2008年04月22日(火) 21時33分
午後もかなり落ち着いています。
3時間ごとくらいにおしっこタイムで
ケージから出しています。ケージでしてくれると楽なんだけど
自分のお部屋を汚したくないらしい。

おしっこタイムでケージから出すと
自由が嬉しいのかワーイと喜び
走っています・・・・。Σ(´□`;)ハゥ

「トイレにいっておいで」というと
トイレに走りおしっこタイム。
トイレが終了すると即効でおもちゃ箱へ・・・・・・。

「ごめんね、ごめんね・・・ハウス」と号令をだし
安静タイムです。

ハウスにはいっては鳴き、寝て、飽きたら鳴いての
繰り返しです。
遊ばせてあげたいけど、我慢我慢。

これが1番辛いかな・・・・・。
大好きなおもちゃ遊びを制限するのは厳しいです。

夜ご飯80グラムすべて完食。
ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

ウンチも出てすっきりです。


歯茎の色も良くはないけど悪いほどでもない。

黄疸が出ているので白目は相変わらず
黄色く濁ってます・・・・・・。


闘病4日目 

2008年04月22日(火) 21時20分
2005年9月25日

朝お腹がすいているようなのでご飯の時間。
昨日購入したウォルサム肝臓サポート(缶詰)を50g与える。
20g食べて終了・・・・・・・・・

20gじゃ少ないよな〜〜〜〜と思い
旧フードを与える。舐めて終了。
(´Д`) =3 ハゥー


肝臓には高たんぱく質がいいらしい。
処方食もかなりの高たんぱく質だ。
お米や茹でたジャガイモもいいと聞く。

白米をスプーンにて2口。
食いつきはよい!!!!!!!

今度はサンプルでもらったウォルサムの肝臓サポート(ドライ)を
与えてみる。w川・o・川w オォーーー!!
完食。

急いで車を飛ばし病院へ行き
ウォルサム肝臓サポート(ドライ)をとりあえず1キロ購入。

おしっこは定期的にしているが
ウンチは出る気配がない。入院中もウンチはしていない。
でもほとんど食べてなかったから仕方ないか・・・・・。
水は薬の影響なのかかなり飲む。

とりあえず下痢、嘔吐にはかなり気をつけています。
今は体力をつけること!!!!!

治療費 

2008年04月14日(月) 22時51分
突然の退院予告。

電話で総額を聞くのを忘れ
家族全員オロオロ(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)オロオロ


こんなときは前もって用意するべきです(爆)
バタバタしちゃイケません!!!!
教訓ですな。たまたまある程度持っていたから良かったけど。


9/22  

・再診療×1            500円

※時間外×1            5000円

・一般血液検査×1        5000円 

・血液検査×3           3000円

・点滴留置×1           2550円

・抗ショック剤(ステロイド)×1  2000円

・X線検査×1            6000円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TOTAL 25,252




9/24

・入院×2             9000円

・点滴24時間×2        9000円

・血液検査×8          4000円

・内服薬×14(1週間分)    2100円

・強肝剤×14(1週間分)    1120円

・処方料×1            150円   

・I/d缶×1            350円 (ヒルズ)

・肝臓サポート缶×1       240円 (ウォルサム)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TOTAL 27,258



総額52,510円でした。


ご参考までに。




闘病3日目 

2008年04月14日(月) 22時19分
2005年9月24日

朝病院へ電話をかける。
残念ながら診察時間になってしまったので
受付の方より伝言をもらう。

「吐くこともなく変化はありません。
午後検査に入るのでそれからお電話をください」とのこと。


午後電話をかけるも、緊急手術中なのでまた改めてお電話を
くださいとのこと。


そそそんなーーーーーーーーーーーーーーーー



午後4時担当医から電話をもらう。
「GTPの数値は昨日より下がり472に下がりました。
ただご飯を自力では食べてくれず、ストレスがかなり強いので
1度おうちへ返したいと思います。原因はわからないので
造影剤により詳しく検査を予定していたけど、体力が危険なので延期します。
あくまでも一時退院です」

一時退院でも何でもいい!!!!
正直死を考えてもいました。ダメでもおうちで見取りたい気持ちが強く
急いでお迎えに行くことにしました。


お迎えに行くとレーチェは診察台の上にいました。
「レーたん」と呼ぶとレーチェは目が飛び出るほど
びっくりしていました。

担当医より
「おうちでのケアは何よりも安静第一。
あなたを信じておうちへ返します。
おうちへ返すと多分嬉しくてはしゃぐと思います。
今度本当に倒れたら危険ですからね」ときつく釘を刺される。

ご飯も肝臓の処方食を指示される。
レーチェはご飯を口にしてないので、肝臓の処方食(ドライ)
ヒルズ、ウォルサムをサンプルにしてもらう。
缶詰タイプもヒルズ、ウォルサムは購入。

一応退院は1週間。薬にてどれだけ数値が下げれるか。
安静、食事は重要。処方食を食べなかったら
食べれるフードでもいいので何が何でも食べさてほしいとのこと。
体力をおうちで回復させてほしいとも。白めが黄色く濁っていて
黄疸もでているそうだ。歯茎はピンク色に回復して
歯茎を押すと跳ね返る力は戻ってきているようだ。


おうちへ帰るとレーチェは嬉しいのかシッポフリフリ
レーチェのケージもリビングへ移動し、いつでも家族の目に届く場所へ。
処方食(ドライ)50グラムをあげると、自力で食べてくれた。

嬉しくて家族でバンザーイ。

レーチェはハウスで安心そうな顔で就寝。
とりあえずホットした日。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:leche-leche
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ