楽しいと記憶に残る 

April 03 [Fri], 2015, 15:54

自分の好きな事は特に覚えようとしなくても自然と記憶に残ります。一方で、興味ない事を勉強してもあまり覚えることができません。記憶は感情に左右されるのです。


楽しい、興味深い、不思議だ、わくわくする、・・・こういった感情をもって勉強できるように工夫するのが大事です。はじめから好きなジャンルなら簡単ですが、そうでないジャンルの場合には、意図的に工夫する必要があるでしょう。


例えば、教材自体を楽しいものにするのも1つの方法です。紙の参考書ではなく、映像教材を利用すれば、興味の薄いジャンルでも楽しく学習できるかもしれません。


英語、外国語の学習では、いかにも自分が遭遇しそうな場面をリアルに設定しながらの会話練習などが有効です。「自分が遭遇しそう」というのは一種の興味につながります。従って、記憶に残りやすい状態を作ることができるのです。