友と語れば

August 13 [Thu], 2009, 0:40
お盆休み前 残業
同期と二人夕飯のカレーを求めて富山市へ…

よく話す気さくな同期

色々話した中で

にっしょく

July 22 [Wed], 2009, 21:06
上手く伝えられないけれど

ありがとう

あなたがすきです

そのせいで
少しだけ困らせているね

いつかきっと
笑顔で君の背を押せるように

ずっと信じてるよ
出来るだけ見届けるよ

だから 笑ってて

どうか、
この人生がみんなと共に幸せでありますように

そのために色々やってみるね…楽しく柔らかに空のように大地のように

何が出来るだろうか? 何も出来ないさ♪

July 15 [Wed], 2009, 23:09
だから出来る事がある☆

なんて、ね。

変わらないのは変化し続けるという状態

平等なのは不平等という状況

真実は無という真理

真裏は背中合わせで、表を写す水鏡…
求めるものは、否定したい事実の中にこそ見える?かな

感じるのさ 振り回されるんじゃなくて
気付くのさ 気を使うんじゃないよ
決めるのさ 思い通りに動けるのは自分だろう

さぁ
ふとぶり返す痛みも泣きたくなるような喜びも切なくなるような憧れも
全て全て次へと進むよ
きっと形を変えて
温かく力強く優しく
まるであの空のように

雲間の月と星祭り

July 07 [Tue], 2009, 23:13
七月七日 七夕
蒸し暑い日
曇り時々ざっと雨降り

しかも満月
そして食

そんななか遅遅ながら
笹を飾る
今年は星飾りのみ
願いを呟きながら♪

風あまり無し
それでも月は出ると思う

風の気配
ベランダにて雲間の明かりを見つめる
黒い雨雲の手のひらからこぼれ出る光の涙

胱 胱 胱 ..

雲に反射し光の器から
月影が姿を表す

静かで力強い光

こんなに温かく柔らかく広く澄んでいただろうか

月は太陽を受けただそこに在り

雲は水を含み風を受けこの星を巡る

私は地に立ちその遥かな空を見つめるだけ

何か感じるような
何かが降り注ぐような
静かに漂う光と夜の気配

何を思えばいい
どう受け取ればいい
分からないけど
何かを感じ涙がこぼれた

景色を見て涙がこぼれたのは久しぶり

それだけでもう。。
ありがとう

お風呂から上がったら雨が降っていた
くるくる変わる大気のめぐり

となりの芝生

March 03 [Tue], 2009, 1:12
信頼関係

人と人の間にある その暖かな繋がりを見付けると
微笑ましくて
嬉しくて

そして、羨ましくて
切望してる自分に気付く

でも

うたをうたおう♪

February 06 [Fri], 2009, 22:17
自分の為にうたをうたおう

君の為にうたをうたおう

どこかに向かってうたをうたおう

そう決めたんだ


宛は無くとも
決意は無くとも
音は生まれる

響き合って
引き出し合って

澄み渡れ!高らかに
そして再び降ってこい

あの暖かい何かとなって

やっぱり自分で決意しなきゃ身につかん

January 15 [Thu], 2009, 7:27
本日出発 夜から降ったフワフワの新雪が20センチほど積もっていた

何となく分かっていたけれど…

電車にギリギリだった
2回目
会社の仕事だからシャレにならない

昔から時間にルーズ
遅刻常習犯だったが…
あまり電車の時間に遅れた事はなかった(親のフォローのおかげだけど)

意識の違いだろうか

最近電車でも怪しいのは…
やはり意識の違いだろうか

昔一度本気で電車に乗り遅れ、次が無く…
次の日の朝に行ってすごく後悔した記憶がある

出勤時間も今はギリギリ…
注意もされてしまったし

自分でこのままでは嫌だと思うなら
かえるチャンスかもしれない~うん

雪のある気配

December 27 [Sat], 2008, 13:11
暖冬で雪が積もる時間がへってる
積雪の景色がへってる

たからかな 忘れてたかも

雪が
雪の降る季節が地域が
とても好きだって感じ

空気が澄んで
日がとても柔らかくてきれいで
音がとても柔らかくて
世界が静かに覚醒しているような感じ

さむいのに
こころがあたたかで
きもちがすんでいて
なんだかたのしくて
ワクワクしていて
何かを見つけられそうな
ほっとするような

存在がとても幸せな感じ
かわらない確かさと共にあるような

それを
いつもは色んなもので隠れてるものがはっきりみえる
そんな気がするからとても好き

年に一度は出会って忘れずにいたい感覚
それをよぶ季節

その一言と沢山の本

December 04 [Thu], 2008, 22:24
色々な事に気づかされたこの年

まだなかなか行動に反映していないけど

話すタイミング
聞き方、応え方
表情
目線
テンポ
コミュニケーション

集中力
決意
行動

受け取る力
認める力
諦めないこと
信じること



試験手伝いをとおして
みんなの動きを感じて
少しでも役立とうと
行動できない自分がいた

いつの間にか他人任せ

やってもらうことに慣れてる

無理に手を出すと危ないのも事実

不向きな作業を無理やりやるよりは、出来ることを探して 出来るだけ参加したい 学びたい
とは 思うのだけど…


鉄枠の撤去作業
近くをウロウロしていた私はかなり皆さんからは危なく映ったかな

こういった試験には参加しない方がいいかもね
と言われた

「おんなとして生きていくんでしょう?」
結構びっくりした一言

確かに何かあったら…
それでもその先生きていくならば…
と思った。
甘くはない、楽でもない
何があっても悔しない!なんて覚悟は出来ていない。

男の人だって
何かあったらたまらないだろうに…
でも、あの言葉のイミはもう少し含みがある、きっと

女として生まれた存在のイミと
それをどこかで認識している人々の感覚を…

嫌な気はしなかった
少し寂しくはあったけど、やらないと覚えないから、わからないから、好きだから、
一緒に参加するチャンスを減らされるのは寂しい
同じ仕事を希望して入ったのに分けられてしまうのは ちょっとつらい

でも 言いたいことはわかる

ずっとずっと
男や女で分類されず
一緒に走っていけるような存在に成りたかった…
だから
自分の女部分を否定していた時も処もある
そろそろ 受け入れる、受け入れられる時期なのかも
捨てられないなら
否定せず
受け入れて
女として生まれた上で
強くなりたいと思った。
こたえはひとつじゃない

本 幸せの本
コミュニケーションの本メッセージの本
沢山沢山ある

幸せになりたい?
幸せが見つからないの?みんな
今の世界は幸せ欠乏症?

みんなが本を読んで
行動を起こして
みんなで幸せになれる?

だといいね

コミュニケーション
投げる
受け取る
感じ取る
伝える応える

どんな大きさ
どんな色
どんな模様
どんなスピード
どんな動き
どんなタイミング

反応が変えってこない
それもまた反応

待っててもこない
溜め込んだらいい玉が投げられない
必死に拾う
拾い

ゆめ(から)うつつ(へ)

September 10 [Wed], 2008, 23:39
目が覚めたら暖かい気持ちで一杯でした


走行する機体に乗っていました

共に走る相方が居ました

上手く走れずに前を行く相手の姿がどんどん小さくなります

2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■管理(不足)者■
☆代理人☆
■名前■ Sui
■特性■ サルに似たナマ(ケ)モノ
■好物■ 茶類・徘徊・etc...
http://yaplog.jp/leap_year/index1_0.rdf