ペのリチャードソン

August 10 [Wed], 2016, 15:01
株の初心者が初めから難しい売買をすることは避けた方が身のためです。



仮に、株では空売りをして利益を得るやり方があります。


空売りというのは、売りから始める信用取引のことです。空売りであれば株価が下落した時でも利益を出せる可能性があります。
しかし、リスクもあるので、空売りは株の売買が十分つかめるようになってから行うべきといえるのです。


株を始めた初心者であったとしても利益を出せる効果的な方法は、急いで動かないことです。買い付けを迷っていた銘柄が高値になっているからといって熟考なしに買い付けしてしまうと大概は高値掴みということになります。高騰にはどんな意味があるのだろうか、暴騰しているのではないだろうかと株を買う前にいったん気持ちを落ち着けて検討し直しましょう。
株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないだろうと思われています。
気持ちはわかりますが、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと思っているのでしたら、身につけておいたほうが得策だと思います。なぜかというと、空売りを理解するということは買う側の意識の理解とともに、売る側の気持ちを同時に考えるようになり、取引の幅が広まっていくからです。
アベノミクスという言葉が流行していたので、私は、よく知らないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。


はじめはまったく儲からず、損失でヒーヒー言っていたのですが、このごろは景気が上向きなのか、私がうまくなったのか黒字になるように変わってきました。
株式投資はとても魅力の強い投資方法です。



しかし、株の売買にはいろいろなリスクも伴います。


株の大きな危うさとしては、値下がり、流動性、倒産などのリスクがあります。株式投資は定期預金などとは違い、元本が保証されていません。株を始めたばかりの人は、リスクを十分に理解して用心深く投資を行う必要があります。株式を売ったことで、利益が出た時の税金は申告分離課税が原則なのですが、証券会社にて開設した特定口座での取引の場合は本人の代理で、その度に20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告の手間がかからない便利な仕組みですが、損失繰越などをする際には確定申告は必要なのです。

株投資をするサラリーマンは会社で勤務している時は相場を確認できないので、基本的にデイトレードのようなことはできないです。
なので、多くのサラリーマン投資家らは決算書というものを読み込んで、割安の株を探し出し、投資しているようです。

株を所持している場合、自身の資金に対する利回りを意識するんじゃないかと思います。銀行に預けてもあまり利息がつかない現在では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものに比べ、利回りが悪くては投資する意味がありません。

ちゃんと利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心海
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/leant8p5gne45t/index1_0.rdf