衣川の大脇

September 14 [Wed], 2016, 18:32
長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術がオワリ、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を選ぶこともできます。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
このような難しい治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を行う場合、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽斗
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lealhcatinrtme/index1_0.rdf