ミズスマシの藤枝

July 07 [Thu], 2016, 14:33
正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必要不可欠になります。
看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校も人気があるのです。正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校が行っている通信教育課程があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。
一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。
それぞれの会社で給料が変わるものですが、介護士も同様でしょう。町医者と総合介護施設とでは、どうしても給料も変わってくるでしょう。

ですから、一般的な介護士の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。普通、注射や採血は介護士が行うものです。一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、ベテラン介護士にしてもらいたいのが人情でしょう。

とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。


介護士という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上にハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は介護士の資格というものは、介護士以外の職業でも活用できるというのもよくある話です。例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。近年、日本においてはEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。
ですが、介護士国家試験の勉強をして仮に、3年かかっても不合格だった時には、母国へ帰国することになります。就労中に日本語を学び、また、介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。職場を変わられるときには介護士の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けなければならないことがあります。
注意すべきこと、それはその履歴書で最も重要な志望動機をどのように記入するかです。
具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような意欲溢れる動機がベターでしょう。

引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。

希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接試験を受けることになります。
面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。

しかし、能力的なこと以外に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く注視されていることを、知っておきましょう。
仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力などもアピールできると、とても有利でしょう。

少し長く介護士をしてきておりますが、気付いたことは、介護士はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。



そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。

あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。
大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてこの人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。
それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも担当看護士が任されます。

また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールに何度も応答することになったり等々、目が回るほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると昇進し、階級が上がることがあります。


階級として、婦長などは一般的にも分かりやすい役職だと思います。

しかし、他にも役職があるのです。一口に介護士といっても、学生やパート介護士が少なくありませんので、国家資格を持った正介護士の立場では役職的には上の立場になるわけです。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。介護士として外科で働く際の長所と短所を理解しておきましょう。まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。
考えられる短所はといえば、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。

介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、晴れて介護士になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。

しかしながら、ここ最近においては徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。要資格の専門職である介護士ですが、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。
きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。

こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。
未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。



介護士の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、なぜ結婚できない介護士が多いのでしょうか。



実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると早婚と晩婚が極端に分かれていると言えるようです。



晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、キャリアアップを最優先に考えるため、結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。



人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。



それは協調性の高さの表われでもありますが、顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、介護士がエントリーするのです。街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。


しかし、もし、恋人同士になれたとしても、休日が合わないために結局は別れてしまうケースが多いそうです。

介護士は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。
でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。

なお、介護士という職についていると、介護の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と接しなければいけないので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を付けた方が良いでしょう。いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。勤務先によって、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておいた方が良いと思います。
友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。

ですが、病気が完治するとすぐに現場に戻り、昔と変わらず介護士として勤務しているのです。多少のブランクでも、資格を持っていたら比較的復帰が楽になりますよね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。
介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。

どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、ですから、求人だってもちろん多いです。今いる職場において、そこでの希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。



もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。

昨今の介護士不足は十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。その原因として代表的なものは、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため仕事が増加する一方になり、労働時間が長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に辞める道を選ぶ人も多いのです。
公務員と介護士を両立する方法は、介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。



介護士は知識や経験を積みながら長く働ける業種で希望者が多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけばこれ以上の安定性はないですよね。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは何よりも魅力的だと思います。


看護士と介護士、発音は当然同じですが、漢字だと、二通りで表すことができます。
過去には看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える介護士の表記に一元化しました。働き方の違いで、介護士であっても収入に差が出ます。


正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが大体の相場らしいです。これを単純にパートの時給とみると良い時給なのかもしれません。しかし、介護機関で働く専門職ですし、かなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。
何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。


でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、多くの覚える事や繰り返しのチェックなど実は常に緊張状態という事もあるのです。こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も珍しくないのです。
介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。

「介護士」と言えば特殊な仕事と認識されることが多いですが、他の仕事と同様に、労働組合がないときちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。



ストライキを起こすことも介護士は難しいので、雇用する側の人達が考慮することが大事なことだと思います。
どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復した患者さんが退院していき、その上、後々わざわざ介護施設まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。また、特に患者さんのご家族から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、大変に感動したりします。
生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、介護士の仕事はとても大変です。
なので、やりがいを覚えなくなったら、辞めてしまおうと願い、悩んでしまうと思うのです。労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、平均年収という点では明らかに介護士の方が多いです。

それから、介護士という仕事は介護機関を中心に需要が途切れることなくあります。



そのため、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような得難い長所もあるわけです。



ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。


「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて「ローンを組みたい」という時でも往々にして、簡単に審査に通りがちです。

ですが、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だとそうとは言えないことも多いです。



ローンで審査に引っかからずに通れるのは正規職員として勤務している介護士の場合には当てはまることなのですが、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。
もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、一にも経験、二にも経験となります。



事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったシンプルな仕事でもないため、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。そうした中、「介護士としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。

大学介護施設など、高度な介護を行なうところで介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mizuki
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/leadwbekaa76tk/index1_0.rdf