タックス・マニアック 

December 13 [Wed], 2006, 8:44

  今日、住宅保険の領収書を見ていたら、おもしろい税金を発見した。

“TAXE ATTENTAT”=テロ税  
  一瞬「なぬ?」という感じですが、まあ正確に言うと「テロ(等の侵害行為の犠牲者を救済することを目的に被害者救援基金に充当するための)税」と訳したほうが正確です。とりあえず手元に税金についての詳しい資料がないので、その領収書の裏についていた説明文を訳すと、

「この税は損害補償を対象とする全ての契約(車の盗難及び故意による窓ガラスの破壊、住宅火災)並びに職業上の契約に適用されるものである。財務省によって毎年規定されるこの税金は、被災者に資金援助を行う“テロ及びその他の侵害行為被害者保証基金(FGTI)”に充当される」

ということだそうです。ちなみにこのFGTIという団体は、近年、テロが多発かつ大規模になっていくことに対応し、被害者に迅速かつ十分な支援を提供できるよう、1986年にできた団体だそうです。また、税額は一契約につき3.3ユーロで、この税収と、侵害行為の加害者がはっきりしているときはその賠償金という2つの資金源で、この団体は成り立っているそうです。

  テロ行為によって重軽傷または死亡した場合に受ける補償金は、特に上記の保険に入っている必要はないので、「テロ税」はまず支払った人だけが恩恵を受ける「保険」の機能は有していません。受益者はテロの被害者になりうるフランス人全員ということなので、本来ならば納税者が多岐にわたる所得税や消費税を財源とすべきなのですが、何で保険契約を対象にするのか?まあ、何事も「連帯」を強調する国なので、そこらへんは細かいこと言わず、支払能力のある人は払っていない人の分まで面倒見ましょうということなのか?ぎりぎり言ってもしょうがないですしね。それに、車を持っていたり、住宅を購入・賃貸した場合にはその種類を問わず全ての契約に課されるわけだから、まあ課税の対象は広いと言えば広いのか?

  ただ、20ユーロの保険にしろ、2,000ユーロの保険にしろ、税金は一律3.3ユーロというのもおかしな話だなあ。そこらへんは金額によって税額を増やしたり減らしたりすることはできなかったのだろうか?まあ、実際被害にあった場合は金持ちだろうが貧乏人だろうが同等の補償金が支払われるだろうから(補償は身体の被害のみとのこと)、税金の支払いも均一で、ということなのだろうか。そこらへんが「保険」っぽいなあ。

おまえじゃないだろ!? 

December 12 [Tue], 2006, 8:00
  
  フランスのバスや地下鉄といった公共交通機関の検札は日本ほど厳しくない。例えば、パリの地下鉄なんかは、改札機を通るのは乗るときのみで、しかもチケットを通さずに改札機の障害物を乗り越えることも不可能ではないので、ただ乗りするのもやるならばかなり簡単にできる。もちろん、検札官が駅や車内で時々チケットを点検しており、無賃乗車が見つかれば多額の違反金を取られると聞いたことがあり、それが抑止力となっているはずなのですが、それでもかなりの数のただ乗りが発生していると思われます。

  ストラスブールの公共交通機関といえば、主にトラム(路面電車)とバスであり、バスについてはそのチェック機能はパリと同じだと思いますが、トラムについてはかなり緩い。すなわち、乗る前に、停留所にある改札機みたいなものに切符を通して乗車地と乗車日時を押印するだけ。やろうと思えば切符なしで簡単に乗ることができます。時々乗車してくる検札官は、切符に押印された乗車地と乗車日時を見て、その人が無賃乗車していないかチェックするのですが、私が2ヶ月前にストラスブールに住み始めてからまだ1回しか遭遇したことない…。もちろん、車外に連れ出されて尋問されているのをたまに見かけますけど、それも2回ぐらい。根拠は全くないけれども、かなりの無賃乗車が横行していると思われます。

  今日、中心街から自分の家に戻るためバスに乗ったのですが、バスのシステムは基本的に前から乗って、その際に切符を事前に購入していない人は運転手から切符を購入した後改札機で押印し、後ろから降りるシステム。ストラスブール市内は運賃が均一なので、詳細に運賃が規定されている日本に比べて、チケットの売買もかなり簡単。ただ、ベビーカーで子供を連れていたり、車椅子を使っている人については、入り口が広い後ろから乗って、前にある改札機で押印するのが一般的です。

  さて、バスがやってくると、私の隣に車椅子に乗った障害者の方がいて乗車するのにかなり苦労されていたので、私も一緒に手伝って後ろから乗り、その人と私の切符を前にある改札機で押印したのですが、なんと2人がバスに乗るに併せて、もう1人後ろのドアから乗ってきたのです。彼は運転手が気づかれずに無賃乗車できると思ったのでしょう。しかし、運転手はバックミラーできちんと見ていました。運転手は早速、
(運転手)「切符がないなら、前に来て購入しろ!
と言いますが、彼は両腕を横に広げて信じられないような顔で、
(彼)「切符なんてない。それは必要なのか?
と返答します。もちろん運転手は強気に、
(運転手)「切符を購入しろ!
と問い詰め、二、三いざこざがあった後、
(彼)「じゃあ、降りる!後ろのドアを開けろ!
と言って、愚痴をこぼしながら出て行きました。その後、運転手はひどく機嫌が悪そうでした。当たり前です。周りの人も一体なんだったんだといった表情でした。

  まず、バックミラーで後ろのドアをきちんと監視していた運転手に拍手ですが、無賃乗車をしながら運転手に逆切れする乗客にはかなりびっくりしました。「いや、怒るのはお前じゃないだろ!?」性善説に立てば、フランスの制度は効率的なのですが、あまりに規制が緩いと、違反を当たり前と思う風潮が漂ってしまうことがよーく分かった一日でした。締めるべきは締めなければいけないということですね。

中央銀行の独立 

December 11 [Mon], 2006, 9:56
最近、ユーロが歴史的な高値にあることについては、この前の「La Cuisine」でもお話しましたが、それにも関わらず、ユーロの政策金利の決定権をもつ欧州中央銀行は、先週7日にこの金利をまたまた引き上げてしまいました。普通なら、その国の通貨の金利が上がれば、みんな預貯金のためなんかに欲しがるので、その通貨の価格は上昇、すなわち1ユーロ当たりの交換レートが上昇します。なので、これからも1ユーロ150円台の水準は維持され、まだまだ私の苦しい生活は続きそうです。

  このように中央銀行が政策金利を引き上げる最大の理由は、ヨーロッパの成長が力強いことに併せて、インフレの危険があるからだそうです。しかし、今回の引上げによって、来年のインフレの予測は、前回の2.4%から2%に下がり、2%というと望ましいインフレ率とよく言われているので、次回はもしかすると金利維持の方向になるやもしれませんね。ただ、経済は生き物ですから、来月のヨーロッパの経済状況によっては何とも言えませんが…。

  ヨーロッパ第2位のフランス経済については、最近GDPの伸びが鈍化し、失業率の改善が足踏み状態になり、更に現在は大統領選挙のキャンペーン中であるため、金利の引上げは政治家の間では非常にセンシブルな話になっているとか。この前も、社会党の大統領選挙の候補者であるセゴレーヌ・ロヤールは、「我々の経済の将来を決定するのは、中央銀行の総裁ではなく、民主的に選ばれた指導者だ」なんて言っていましたが…。

  政府と中央銀行の適切な関係については、いつも議論になっています。中央銀行が議会や政府の思い通りになってしまっては、政府は借金を大量に発行して、それが完全に消化できなければ中央銀行に買い取ってもらうなり、貨幣をたくさん発行させて借金そのものの価値を低下させることが可能となってしまいます。これはすなわち、その国の急激なインフレを引き起こす要因となり、国民経済に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。なので、「中央銀行の独立」が必要というのが一般によく言われているのですが、かといって完全な独立を認めてしまい、政府の政策(経済財政政策)と中央銀行の政策(金融政策)が逆向きに動いてしまっては、経済のためにもよくありません。そこで一番いい方法、それは中央銀行の独立を認めるものの、政府と中央銀行の当局者が緊密に連絡をとりあって、経済についての共通認識をきちんと持つことなのです。

  EU圏の場合は、経済財政政策は各国(25カ国)が、金融政策は欧州中央銀行(1機関)が担当しているので、一国一中央銀行の他の国に比べ、後者の独立性はより保たれていると感じられます。だからこそ、政府と中央銀行の緊密な連携というのが益々必要となってくるでしょう。EU経済は、日本をはるかに上回りアメリカに匹敵する強さですから、これが不安定になってしまっては、世界の経済に悪影響を及ぼしかねないので、うまくやってもらいたいものです。

  しかし、ユーロ高によって苦労している私の生活をまずなんとかしてほしい…。

プチゲーム 

December 11 [Mon], 2006, 1:19
日本文化を理解するのに最適なプチゲームを見つけたので、みんなでクリアーしましょう。

http://gamershood.com/flashgames/2209

※リンク先の「エラーが発見されました」みたいなバナーは無視してください。クリックすると逆に面倒くさいことになります。

お気に入り 

December 11 [Mon], 2006, 1:11
会社では朝から深夜までずっとパソコンを見ている。
「明らかに目に悪いだろ」
と思うのだが、パソコンがないと仕事にならないので、とにかくずっと見てる。
こうなると目薬も必需品だ。

調べ物をするにもパソコンを使うので、Internet Exploreの「お気に入り」も相当な量になってしまった。
このままだとお気に入りから見たいブックマークを探すのも一苦労なので、整理することにした。

改めてみると、唖然とする量のブックマーク…。
次々と削除し、苦労の末、かなりキレイに整理した。

「ふぅ、終わった(;・∀・)」
と思い、それを区切りにさわやかな気分で一日の作業を終える。

次の日、出勤してパソコンの電源を付けて、IEのお気に入りをクリックした瞬間

ガ━━(゜Д゜;)━━ン!!


昨日整理したはずのお気に入りが元通りになってました…
モウヤメテ…

失われた生産能力 

December 08 [Fri], 2006, 8:33
  フランスの経済は好調と言われていますが、細かい点を見ると、例えば2006年の第3四半期(7月〜9月)の成長率がその前の四半期(4月〜6月)に比べて急激に落ち込み、また、勢いある低下を見せていた失業率も、最新月だけ見れば低下がストップしたということから、「もしかして、フランスの成長はここまでではないか?」と思っている人も少なからずいるようです。

  景気というものは、安定的に上がったり下がったりするものではないので、一時の結果だけを見て、楽観したり悲観したりするのはナンセンスだと思います。しかし、今回のフランスの景気減速について、実はこれまで隠れていたフランスの「弱い部分」が明るみに出た結果だ、と主張する人もいます(LE FIGARO 2006年12月7日付)。

  それは、今回の景気減速は、フランスの生産能力、特に自動車産業における能力の低下によるものだそうです。例えば、昨年の第2四半期から現在まで、フランスの生産高はたったの0.6%しか増えていないとのこと。一方、フランスのライバルとも言えるドイツでは、同じ時期に8.4%の成長を見せたそうです。この差は一体どこから生まれたのでしょうか?
  
  記事によると、それは2005年の石油価格の高騰時にそれぞれの国の企業がとった行動の違いによるものだそうです。すなわち、ドイツでは価格が高騰しても利益水準を維持するため、被雇用者の給料を適正化し、また輸出の促進に努めたとか。設備投資の水準を決定する際には利益水準が大きな影響を与えますから、投資もそれなりの水準を維持することができたのでしょう。一方、フランスでは、自社商品の価格の水準を維持するため、経費削減ではなく、利潤削減を選択したようです。この裏には、フランスの「35時間労働制」による人件費のリストラクチャリングの難しさがあるのでしょう。いずれにしても、これがフランス企業による設備投資を減速させ、今の生産能力の低下につながっている、というのが結論だそうです。

  「将来への投資」が重要であることについては、前回の「経済発展か?フランス語か?」でも書いたようにフランス政府も重々承知していることではないかと思います。しかし、「35時間労働制」についてはどうでしょうか?政治の世界を見ると、右派はこの制度を緩和しようと試みていますが、左派は相変わらず維持の方向にあるようです。「35時間労働制」は左派に言わせると、労働者のモチベーションを高め、生産能力を増加させるということですが、はてさて如何なものか?この制度についてはもう少し勉強してから機会を見つけ書き込みたいと思います。

  ちなみに、記事には「技術革新の競争で有利な位置にいるのは、ヨーロッパ諸国というよりも、むしろアメリカや日本なのだ」と書かれてありました。日本の新聞では母国について自虐的な記事しか目につかなかった感じがしますが、一歩外に出てみると、やはり日本にも褒めるべきところはあったんだなあ(当たり前)と自覚することができ感心してしまいました。

「借金」という言葉が消える日 

December 07 [Thu], 2006, 8:29
  日本の財政赤字が700兆円を超え、GDPの1.5倍に相当することは新聞や雑誌などでよく言われていますが、借金をしているのは何も日本だけではありません。GDP以上の借金をしている国として、先進国でいえばイタリアが該当しますし、アメリカ、そしてフランスでもその規模は日本の半分以下であるにも関わらず、財政赤字の問題は常に政治の争点となっているようです。
  しかし、一方で、財政赤字を克服し、むしろ近年黒字を出し続けている国もあります。その一つがカナダです。カナダも1990年代前半までは、GDPの6%というとても大きな財政赤字を垂れ流していたのですが、政治の強いリーダーシップにより、ここのところ黒字を出し続けているとか。
  「赤字」というとひどくマイナスイメージに陥ってしまいがちですが、将来への投資(例えば道路、港湾などのハード面から研究開発などのソフト面まで)のために使うと考えれば、単純に否定すべきものではありません。しかし、黒字が続いているカナダでは、このようなプラスの面があるにも関わらず、政治の世界では「借金」という言葉をわざわざ述べる人はいよいよ皆無になってきたと、以前首相であったクレティエンは述べています(LE FIGARO 2006年12月6日付)。
  クレティエン元首相は、カナダの財政再建のために強いリーダーシップを発揮し、すでに高い水準にあった税金の引上げというよりも、むしろ徹底した歳出削減を中心に財政再建を実現しました。省庁によっては、予算を30〜40%も減らされたところもあり、全体としては約20%の歳出削減に成功したそうです。
  このような厳しい政策がなぜ実現したかというと、カナダは先ほども書いたGDP6%という赤字の限界に直面しており、このままでは通貨危機時のいくつかのアジア各国のように、「IMFの指導を受ける羽目になる」ということを国民に訴え続けたからだそうです。歳出削減を実行する際にも、聖域なく削減することを強調し、予算担当大臣を首相の立場で常に後押ししていたことも成功の秘訣と彼は述べています。

  日本の財政はひどい状態にありますが、近年、マスコミで騒がれた所得税の定率減税の廃止が実現するなど、その再建に向けた動きが見られます。しかし、依然借金を「当たり前」のように垂れ流していることに変わりありません。カナダのように「借金」という言葉さえ政治家の間でなくなるというのは異例の状態ですが、せめて将来への投資ではない支出のために借金をすることを「当たり前」と感じることは、如何なものかと思います。今の世代のために使うものは、当然、今の世代がファイナンスするのが筋というものでしょう。

  「現世代のための借金」という言葉がなくなるのはいつなのか?

経済発展か?フランス語か? 

December 06 [Wed], 2006, 7:30
  今日、フランスの財務大臣の諮問機関(だと思う)である「サービス経済に関する検討会」から報告書が提出されました。サービス業はGDPの2割を占めるようになり、他の産業も含めフランスの経済発展の起爆剤になりうるものなので、予算、税制、知的財産政策等を見直し、フランスをサービス業でトップを走る国にしてくれ!というのが主な趣旨。財務大臣は、今のフランスの潜在成長率は2%くらいと言われているが、この報告書に書かれているような政策を実現すれば、それを3〜4%まで引き上げることができると言っています。製造業への波及効果もふくめ、サービス産業の振興はますます重要であるということですね。
  そうなると、新たな産業を開拓するための知識や知恵の収集が不可欠となってきます。財務大臣も今までの「MADE IN FRANCE」も重要だが、製品が国内または海外で作られようが、そのスタイルやイメージ、デザインなどはフランスで発明されたものであることを示す「DESIGNE BY FRANCE」を創設したいと言っているようです。また、フランスは美術館や博物館といった文化財が豊富にある国でもあり、例えば海外に支所を設けるなど国有財産の最大限の活用にも力を入れたいと言っています。
  しかし、一方で、単純ですがフランスにとって最大のネックになっているもの。それは特許制度の非効率であるとか。OECD諸国全体の特許件数のうち、アメリカは35.6%、日本は25.6%を占めているのに対し、フランスはたったの4.8%。国民100万人に対する特許件数は、実は日本が104件と1位で、アメリカが64件、そしてフランスは39件となっているようです。
  この体たらくの要因の一つとして、特許の申請の際に使う「言語」の規制が挙げられています。実は、特許についての「ロンドン協定」というものがあり、これを批准すれば、特許の翻訳は英語、フランス語、またはドイツ語のいずれかでよいことになるようですが、フランス語を普及させたいフランス人にとっては、これはかなり痛い話であり批准するのにかなりの難色を示しているとか(翻訳が全て英語になる可能性大ですから…)。これを批准しないと、特許の承認を得るためにはその国の言語にわざわざ翻訳しなければならず(フランスで知的財産の保護を求めるのであればフランス語に)、特に中小企業にとっては大きな負担に。実際、日本の3倍、アメリカの5倍の費用がかかり、もう少し細かく言うと、1つの言語につき平均で40万円弱の費用を支払わなければいけないようで、アンケートによると40%の中小企業が費用を理由に申請をあきらめているとか。これはフランスの技術革新政策にとって大きな難点と報告書は主張しているのです。

  文化をとるか経済をとるか。そもそもこのような単純な二分法は適切ではないと思いますが、しかし、将来の安定的な経済発展があってこその「フランスの魅力」ではないかと思います。フランスが他の先進国に遅れをとってしまえば、せっかくこれまで守ってきた魅力も失ってしまう可能性があります。逆に言えば、いつまでも世界のトップクラスを走り続け、文化財などの魅力を守り続ければ、自然とフランス語を学びたいと思う人も多くなるのではないでしょうか?

肥満防止対策 

December 05 [Tue], 2006, 7:42
  今日も私のお気に入りの新聞「LE FIGARO」を読んでいたら、「肥満」についての記事が掲載されていました。WHOによると、「経済社会の発展」のため、人々は昔に比べて「動かなくなり」、それが肥満を促進し、心筋梗塞や糖尿病などの病気につながっているとのこと。定期的に運動している人に比べて、あまり運動していない人は病気をしない期間が8年から10年も少ないそうです(本当かなあ?)!だから、食事の改善と同時に、毎日少しでもいいので、エクササイズの習慣をつけることが重要、というレポートに基づいた記事なんですけど、まあ前からよく言われていることですよね。  
  ちなみに、ヨーロッパの研究者たちによる「エクササイズの促進について」というレポートでは、「経済社会の発展」として例が挙げられていたのが、

@輸送手段の発達で郊外に住む人が増え、必然的に自動車や公共交通機関を使うようになった。
→まあ、東京だったら仕方がないことでしょう。私は昔1年だけ熊本で勤務していたことがありますが、その時はそういえば自転車通いでしたね。

Aアパートの高層化でエレベータが必要となり、階段を使わなくなった。 
→幸いにも大学1年時に1人暮らしを始めてから、エレベータ付のアパートに住んだことがない。今のフランスでも同様。

B家電製品の発達で、細かい労働をする必要がなくなった(食器洗い機、洗濯物乾燥機など) 
→確かに、仕事についてから洗濯物は乾燥機で乾かすようになりましたが、これは非常に便利!ただ、幸い(?)なことにフランスの自宅には乾燥機がないので、苦労していますが…。食器洗い機はそういえば使ったことがないなあ…。

  これに、加えて、さらにヨーロッパでは子供を学校に車で送り迎えしていることも肥満の原因になっているとか。確かに子供のときに学校まで30分歩いて通っていたことはかなりのエネルギー消費になっていたかもしれませんね。あと、これは日本でもしょっちゅう言われていることですが、テレビやパソコンの前に座っている時間が長くなったことも関係しているそうです。

  ということで、毎日のエクササイズが重要ということです。レポートによると体重(維持ではなく)減少を目指すのであれば、毎日45〜60分間の軽い運動が必要とのこと。もちろん、運動で体を温め、汗をかき、一定の呼吸をすることが重要なのは言うまでもありません。

バーデン・バーデン2(2つの浴場) 

December 04 [Mon], 2006, 7:46
  1つ目の温泉は、日本でいう温泉というよりも、最近増えているプールやサウナなどが充実しているスパ・ランドの形態をとる「カラカラ浴場」。メインとして円形の大きなプールがあるほか、建物の外にも2つのプールがあり、サウナも、ドライサウナ、ミストサウナ、アロマサウナが備えられ、休憩場所として仮眠室、ジャグジー風呂などもありました。温度は、日本の温泉に比べればかなりぬるいので、冬に外プールに入ると少し寒い感じがします。ただ、ぬるいにも関わらず、「10分以上入ると体に悪い」と壁に注意書として書かれてあったのですが、本当なのか?日本の熱い温泉に30分くらい入っている私は一体どうなるんだ?行き過ぎた長湯は体に悪いのは分かるけど、10分で本当に体が温まるのか?確かに、最近半身浴がはやっているのは知っているけど…。
  ちなみに、温泉の水質は、無色透明ですが、少し塩辛いです。後で、温泉の水を飲める場所があると聞いて行ってみたのですが、案の定海水を飲んでいるような感じがしてとても飲めるものではありませんでした。でも、はやるくらいですから、もしかしたら外国人にとってはどうってことないのかもしれません。
  浴場の2階には「ローマ式サウナ施設」があります。「ローマ式」という言葉でいやな予感がしますが、やはり水着着用禁止のスペースでした。最初は非常に抵抗感がありましたけど、まあ人間慣れてしまえばどうってことないですね。この施設の中にあるものとしては、特に「ブルースペース」と呼ばれる一種の仮眠室が私にとってのお気に入りでした。とはいっても単に部屋がブルーで、ベッドが10個ほど用意されており、耳元からは宇宙を感じさせる音楽が流れているだけなんですけどね。「寝る」には最高のスペースだと思います。

  2つ目の温泉は、ローマ式浴場とアイルランド式浴場を組み合わせた「フリードリッヒ浴場」。「温度の異なるさまざまな温浴を楽しむローマ文化と熱気浴の伝統を持つアイルランド文化を融合させた」温泉らしく、確かに、18度から36度までの温泉、ドライサウナ、スチームサウナ、そしてマッサージなど、16の段階を順番に楽しみ、最後には体にクリームをぬって、毛布に包まってひたすら寝る(といっても基本は30分らしい)という形式をとっていました。朝の早いうちに行ったので、他の客は比較的少なく、特にメインの円形ドームのプール(28℃)には人っ子一人おらず、でかいプールを独り占めできたときは最高でした。周りの彫刻の美しさも私たちを楽しませてくれ、体をリラックスするだけでなく目の保養にも最適かもしれません。
  時間は、基本的に3時間ですが、日ごろ温泉やサウナで長居する人、最後の仮眠室で思い切り寝たい人にとっては短いかもしれません(私もそう感じました)。ちなみに超過料金は30分で3.5ユーロとのこと。
  この「フリードリッヒ浴場」は、日ごろの疲れを取る機会としては是非お勧めです。ただ、「10分したら時間を忘れ、20分経ったら世界を忘れる」と言われているようですが、さすがにそこまでは…。

  このほかにも、カジノや美術館・博物館、クリスマスには広場に市場が開催されるなど、バーデン・バーデンは保養地として非常に充実した街だと思います。幸いにもストラスブールから近いところにあるので、また人生に疲れたら(?)訪れようと考えています。そのため、少しドイツ語でも勉強してみようかな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:le_projet
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像TS
» 未知との遭遇 (2006年12月01日)
アイコン画像黒烏龍茶
» 郷に従いたいのですが… (2006年12月01日)
アイコン画像
» パリから (2006年08月25日)
Yapme!一覧
読者になる