真っ黒を真っ白にしたい

July 29 [Tue], 2014, 23:07
心の中で地団駄を踏んでいる真っ黒い感情
その悪いものを、真っ白にできたらなと思った。

だけども急には出来ないから、真っ白になったつもりで、しゃかりきに笑った。
そうして解ったことは、今の私にとって、意味の無い出来事なんて一つも無いということ。

怒ることも、怒られることにも、ちゃんとした意味があるのだ。
私の問題点は、その瞬間に生まれる悪いものを、どう真っ白にするか。

破裂しそうな心にも、沸騰しそうな心にも、笑ってあげられるかどうか。
厳しくすること、甘やかすこと、そしてどちらも度を過ぎないこと。

自分自身の手で、自分の帰りたい場所を作るの。
誰かに、笑わせてもらうんじゃない、幸せにしてもらうんじゃない。

そして、誰かの好意でしてもらったなら、最高の笑顔でありがとうを言うの。

愛してもらうんじゃない。
私が私を愛してあげられないと、誰も愛せないし、誰も愛そうとしてはくれない。

私が私を大事にしてあげられないと、人に優しくすることなんてできない。

無駄なことなんて何一つない。

悲しい思いをたくさん味わった人は、その分人一倍優しくて、苦しい程繊細。
だから私は、大好きのままから動こうとは思わない。

私の愛情は真っ黒で、大好きな人の愛情は本物だった。
その真っ白に、憧れてるんだ。
P R
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31