贈与税

May 12 [Mon], 2014, 22:02
贈与税は、個人から年間110万円(基礎控除額)を超える財産をもらったときにかかります。贈与税は、贈与によってもらったすべての財産にかかります。この財産には、現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に見積もることが可能な経済的価値のあるものすべてが含まれます。
贈与税の税額の求め方=A×B−C 【基礎控除後の課税価格(A) 税率(B) 控除額(C)】となります。Aが200万円以下の時は、Bが 10%でCが0。Aが300万円以下の時は、Bが15%でCが10万円。 Aが400万円以下の時は、Bが20%でCが25万円。Aが600万円以下の時は、Bが30%でCが65万円。Aが1,000万円以下の時は、Bが40%でCが125万円。Aが1,000万円超の時は、Bが50%でCが225万円です。 
ところで、次のようなケースでは贈与税がかかりません。夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産。宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、その公益を目的とする事業に使われることが確実なもののようなケースです。
http://www.ku60.info/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ldupwbb1hrklkh
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ldupwbb1hrklkh/index1_0.rdf