フェイだけど成田

June 03 [Fri], 2016, 12:40
止まらない少子高齢化の影響。介護関係者も、もっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。したがって、今でさえ足りていない介護士ですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。
毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。不規則な交代勤務や煩雑な仕事など介護士の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特に油断できない仕事が申し送りです。
入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って交代する介護士に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。それほど重要でない情報もよくありますが、病状や処置に関する情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。なんといっても、介護士という職業は異業種に比べると高給です。
その結果かどうかは不明ですが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと聞くことがあります。



給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最適なのだろうと感じています。
介護士と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、年間を通した平均収入の額ですと確実に、介護士の方が上回るといいます。
介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要はいつでもある訳ですから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの得難い長所もあるわけです。



ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。病棟勤務の介護士として働いている者ですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。
かなり以前は、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であるといった事実について、急激に周知されてきているようです。介護士の手にする給料というのは、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。つまり介護士というのは高給を得られる仕事であるのは確実です。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてカタカナでエッセンと書く言葉があります。


この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたもので現場でよく使われています。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな習慣が業界用語として残っているのです。

ともあれ今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。
一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。
それぞれの会社で給料が変わるものですが、もちろん、介護士も同様です。町医者と総合介護施設とでは、どうしても給料も変わってくるでしょう。
ですので、一口に介護士といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。


二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲労はたまる一方であり、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、身体に無理をさせているのかも、と自覚したりします。

意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。階級が高いものは、介護施設によっても違いますが、多くの場合は看護部長や総介護士長がトップにあたります。
どのようにして階級を上げるのかというと、その介護施設での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要でしょう。



もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高収入になる事は間違いないでしょう。



誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。
あの帽子というのは、介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。
介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。そうはいっても、昨今では、介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、こういったことも時代の流れなのでしょう。

殆どの介護士に共通する悩みといえば、不規則な休みでしょう。平日が休みになってしまっては、誰とも都合が合わないといったケースが多いようです。あるいは、単純に労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。



こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤のみで働ける介護施設であればそれが可能ですので、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。介護士が活躍できる場所は、確かに介護施設が多いですが、他にもあります。

どういったところかというと、グループホームという介護施設です。



こういったところでもまだまだ介護士は足りていません。こういったグループホームに入所している方は、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。


介護方面に興味のある介護士は職場としてグループホームを選ぶということも前向きに考えていいのではないでしょうか。介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどれ程のものなのでしょう。受験生全体の介護士国家試験合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。
試験そのものも、専門学校や大学の講義をしっかりと勉強していればそんなに難しい試験ではありませんので、それほど介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。
この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、介護士というのは常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丹念に当たってみるなら、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。

近年においては、ウェブ上のサービスとして介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、上手にそういうものも使ってぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。



日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。



実際には本人が働いている介護機関で違っています。特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトを組んで働きますので、休日勤務や平日休みになることが普通です。
一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると介護士の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、たくさんの覚えなけばいけない事やチェックを繰り返し、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。



そのため、うつ病を患う介護士も意外と多いのです。

介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。



介護士という仕事は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、そうは言っても、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、雇用する側が、考慮することが重要だということは言うまでもありません。街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。

このイベントに参加する介護士の方は少なくありません。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いというものが少なくて、「結婚したい」という介護士達が、街コンに繰り出しています。

「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。

ですが、たとえカップルが成立しても休日が合わないために破局をむかえることが多いと言われています。

人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。



面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をすることになります。
しかし、実務的なことの他に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかりテストされていると思ってください。
介護士としての能力に加えて、人としての良い部分もみてもらうことができれば、上出来です。
仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。



要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。



溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば見逃すことのできない点になるでしょう。

介護士を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。



普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。


とはいえ、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。

つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。
時々、介護士は女優みたいだなと思うことがあります。
もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。介護士らの労働環境はあまり良くはなく、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った介護士もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、介護士の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。普通、注射や採血は介護士が行うものです。注射されるのが好き、なんていうタイプは少ないと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に注射してもらいたいですよね。

でも、注射針を刺すのは介護士の腕次第ですから、上手に刺してくれる人もいれば、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々について次に勤務を始める介護士に口頭で報告するというものです。



申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。


あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。給料の面で見ると、介護士は待遇がいいと思われがちですが、内実は夜勤手当があることによって給与が増えているという状態です。

ですから「いいお給料で介護士をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。

夜勤帯に働くかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。



介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。


けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。

なお、介護士という職についていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、それだけでなく自分自身の身体のことも状態を自覚したりできるようになります。平均的に離職者の多い介護士という職業は、転職率も高いですね。このような傾向から、転職サイトの中でも介護士専用のものが増えつつあります。専用の転職サイトなら、さらに効率よく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。


たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用して、より良い転職先を見付けましょう。介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士が働く現場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、適任の職場だと言えます。

介護施設とは違って、保育園での介護士の仕事は介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。


介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、介護士たちを指導する等、一般企業においては課長の役職相応でしょう。

普通に課長職といっても、その年収が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。


そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。
例えば、公立介護施設の場合、おおよそ750万円前後だと想定されます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結人
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ldnettaann0lrp/index1_0.rdf