お酒の飲みすぎで悪玉コレステロールが下がらない?今注目の対処法 

November 20 [Sun], 2016, 8:56
悪玉コレステロールの数値が高く、
食生活や生活習慣を見直しましたが、
なかなか下がりません。

ビールが好きで飲み続けているのが原因でしょうか。

生活習慣を見直しても
悪玉コレステロールの数値が下がらないと、
やめられずに飲み続けているお酒が原因だと思いますよね。

お酒は飲みすぎると中性脂肪が増え、
悪玉コレステロールを上げる原因になりますが、
適量の飲酒は、むしろ善玉コレステロールを増やす働きがあります。

お酒は昔から「百薬の長」と呼ばれているように、
適量を守って飲み方にさえ気をつけていれば体に良いのです。

適量のお酒とは個人差があるものの、
1日あたり約40g以下のアルコールと言われています。

ビールで計算すると大瓶(750ml)1本、
日本酒なら1.5合強、ウイスキーでシングル2杯、
ワインでグラス3杯になります。

また、適量のお酒であっても良くない飲み方というものがあります。

一気飲みやがぶ飲みは禁物で、
ゆっくりと時間をかけ、
リラックスして気持ちが落ち着くような飲み方を心がけましょう。

悪玉コレステロールを高める主な原因は、
食生活や生活習慣、遺伝、病気による影響です。

中でも多いのは食べ過ぎやコレステロールの多い食事、
アルコールの飲みすぎや喫煙、運動不足など、
悪しき食生活や生活習慣によるものです。

過度のストレスによっても、
悪玉コレステロールは増えてしまいます。

悪玉コレステロールを増やしてしまう原因は様々なので、
食生活や生活習慣を見直しても下がらない場合は、
他の原因である可能性もあります。

ただ、悪玉コレステロールが下がるまでは個人差があり、
健康状態や体質、食生活や生活習慣などにより異なります。

悪玉コレステロール値が高いと言われたら、
食生活や生活習慣を見直す必要がありますが、
根気強く健康習慣を続けていくことが大切なのです。

でも成果がなかなか見えてこないと、
このままで大丈夫だろうか・・・と不安になったり、
食事制限がストレスになったりしてしまいますよね。

そこでおすすめなのが、
機能性表示食品として届け出を行い受理された
「コレステ生活」です。

機能性表示食品とは、
効果があるという科学的根拠に裏付けされ、
消費者庁に届け出を行い受理された食品のことです。

注目すべきはプロシアニジンという成分で、
コレステロールの吸収やコレステロールから合成される
胆汁酸の再吸収を抑えて体の外へと排出してくれます。

コレステ生活は管理栄養士の86%が奨める実感力と、
自然由来の素材で続けやすいと評判です。

もちろん品質にも強いこだわりがあり、
食品安全の国際規格を認証した国内工場で製造しています。

加齢に伴い高くなる傾向のあるコレステロール値は、
自覚がないためにとても厄介です。

食生活や生活習慣を見直しつつも、
さらに効率よくコレステロール値を下げたいというあなたに、
コレステ生活はピッタリのサプリメントです。

コレステ生活には魅力的な特典が多数用意されています。

こちらからぜひチェックしてみてください。
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓