ごっちゃんと中上

April 26 [Thu], 2018, 6:03
アトピーになると非常にキツイ症状になります。
季節関係なしに1年中痒みとの我慢比べになります。夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。

また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、誤って食べてしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸が困難になってしまう可能性があります。アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少量になっていて、肌の水分を保つ力やバリア機能が低くくなっています。



ここを補って健康な状態に戻すには、保水保湿が大変大事です。そのために、お肌の表面を保護して、水分が抜けないように保湿剤を使用が必要なのです。
乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルトしかありません。過去に白血病に罹患し、闘病した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでおなじみです。
あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドで引く手あまたの渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、おおきな効果が得られそうな気分です。
結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が体験してみると、かなりたくさん食べないと、あまり効かない感じがします。


1日に1パック位食べて、ようやく便通があるという感じです。ヨーグルト好きはいいですが、抵抗がある人も、ジャムを入れて味を変えてなるべく食べるようにするといいかもしれません。
私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。まだ小さかった頃からあったサプリメントであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、決まって私のお腹を守ってくれていたのでした。
「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。ここ最近ですが、アトピー性皮膚炎の治療法で使われる薬剤は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。勿論、必ず医師の指導を受けたうえで正しく用いるということが必須です。もし、違う治療や薬剤を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、セカンドオピニオンを活用するといいでしょう。自分の考えだけで判断することは好ましくありません。
アトピーに効果があると噂されている入浴剤をサンプルで頂きました。



どんなものでもそうですが、少しだけ使ってみないと品定めできないものです。
サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、使用感が良好でした。


しびれるような感じもありませんし、皮膚がつっぱるような感覚もなくて、水分をよく保持します。ここ最近は年ごとに冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。

年を追うごとに予防注射をする人も増えてきているようですが、都市部では莫大な人数が感染しています。感染経路は様々考えられますが、電車や街中、仕事場など、大人数と接触する空間で感染しているのではないでしょうか。子供のインフルエンザを防ぐための注射につれて行きました。私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射針を注入されています。予防注射の後は怖かったーと口にしていました。見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も口できませんでした。最近、乳酸菌がアトピーに効くことが明らかになってきました。実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって誘因されることもあります。多数のアトピー患者は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翔大
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる