坂内で笠原

July 09 [Sat], 2016, 12:36
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、介護士を目指したいのであれば、看護学校か短大、大学など専門の学校で勉強してから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。
そして、介護士を育てる専門機関はいくつか種類があるのですけれど、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために多くの介護士はストレスに悩まされます。

つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。
溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を持っているということは大きな利点であり、介護士というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。

もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、介護士としての技術が学べることです。残念なことは、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、時間をかけて確実に患者のケアを行えないことが挙げられます。介護士という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、比較的離職率が高い職業です。それから、働く時間帯がイレギュラーであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、大病を患ってしまって退職したそうです。



でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、昔と変わらず介護士として勤務しているのです。



ブランクがあっても、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。

転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。

働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。


勤務している今の職場でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、単に給料や労働条件だけを見ないで、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、転職という選択をすることにしたのでした。



そこではたと困ってしまったことがあります。


情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。


頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがわかったのです。



一般的に、介護士の中には喫煙者が減っているように思います。

実際のところ、やはり一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。病気の患者と接する職業上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している人が増えていることが理解できます。

笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、異性から好かれる要素の多い介護士でも、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。

実際のところ、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が判明しました。
晩婚の理由として多いものは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、自分の出世を考えて婚期が遅れるようです。看護士と介護士、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。以前は男性のことを表すのは看護士、看護婦は女性と明確に分けられていました。



でも、2001年に法律が変わったことを契機として、性別に無関係に使用できる「介護士」として一本化されました。常日頃、介護士とて奮闘していて、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。

どこが一番楽のできる診療科か、ということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。しかしながら、介護機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、業務のハードさについては差があります。


介護士をするきっかけとして外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。

新卒の給料を見ても同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。



しかしながら、そのように高給をいただくということは自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、介護施設に勤務する介護士があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ経験が浅ければ、殆どの人がシフト勤務になるはずです。私の話になりますが、妻が介護士で、子供が幼い時にシフトで働いていました。
ですから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに苦労した覚えがあります。


高い給料をもらっている介護士でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、その時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。しかし、メインの方の職場で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置もまた違います。

それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。



今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人介護士の意欲も高まります。

高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。ですから、やはり、転職率も高いことが挙げられます。

こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが増えつつあります。

こうした介護士専用の転職サイトであれば、時間をかけずに希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、現役の介護士には最適な転職サイトだと言えるでしょう。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復して退院した患者さんが、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。
それに、やはり患者さんの家族の方から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。
夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、辞めてしまおうと願い、悩んでしまうと思うのです。患者という立場から見ると笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。



ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も少なくないそうです。

介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプや趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。
介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。

しかしながら、実際の介護士の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている介護士も多数いるのです。


肯定的側面を見るだけではなく、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。介護士になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。


大学の特色は何かというと最先端介護に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。
対する専門学校については、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、そういった経験を生かして即戦力になれます。

その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。私の勤め先は介護施設の事務です。
通常、介護士さんと一緒に仕事をするということはないのですが、皆さんいつも忙しそうです。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。けれど、私の心配とは無縁に、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている介護士さんが少なからずいらっしゃるんです。
先生方も笑顔で、穏やかな雰囲気でよかったです。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。

高い階級から言うと、もちろん、それぞれの介護施設によっても異なりますが、一般的には総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。

どういう人が出世するのかというと、その介護施設での勤務を長くするなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。
もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高収入になる事は間違いないでしょう。転職の際には、介護士の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。
それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をどのように記入するかです。
具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など前向きな印象を受ける内容が適すると思います。少し長く介護士をしてきておりますが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。

さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。

それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。

ただ、健康には気をつけてほしいです。
医師の仕事と介護士の仕事の間の、この二つの異なる点といえばなんでしょう。
大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。その一方、介護士さんの行うことはといえば、お医者さんに従い、診療時に医師の補助を行って、患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、介護士は絶対に夜勤が必要になる職業です。


具体的な時間帯ですが、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。



一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、一方の3交代勤務では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。就職しようとしている介護施設が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか理解しておいてください。

看護の学校を出て、初めて介護士として働き始めた新人だったり、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、介護施設によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。


残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。

残業も完全に仕事のうちですから、労働した時間分はきっちり、対価をもらう権利があります。なんといっても、介護士という職業はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。



その結果かどうかは不明ですが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。



ほとんど休めない様な介護施設もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりと耳にすることがあります。


収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最もいいと思います。一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも実は多いのです。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも間違いではありません。



数年間、専門機関で学んで資格を取得する介護士は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。

自身の結婚、出産あるいは転居などその人の都合で職場を変えることもありますが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。

こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職そのものが危ぶまれます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:那奈
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる