千早だけどジャーマン・シェパード・ドッグ

May 03 [Tue], 2016, 10:41
相続で引き継いだ土地を処分する必要が出たので、当面はネットを活用して勉強をするのが先決だと考えました。最初に知っておかなければいけないのは、いくらくらいの金額なら売ることができそうなのか、どこの不動産屋さんにお願いすべきか、これらのことを知らないで取引はできません。相場を事前にある程度把握していませんと税金がちゃんと払えそうか分かりませんし、良い不動産屋さんに恵まれませんと不動産を処分することができません。
不動産を売りたいと考えるなら、REINSを使って周辺の相場を知るのが常識です。REINSは無料で誰もが利用することができます。REINSでは土地だけでなくマンションの価格も入手することができますので、自分の手持ちの不動産がいくらで売れるのかおおよそつかむことが可能です。不動産屋さんへ行く前から価格を知ることができれば、素人だと思われナメられて妥当でない価格で処分しないで済むと思われます。
不動産を処分するなら、あらかじめ、経費もたくさん発生することを知っておきましょう。費用を先に知っておくと、後からあわてることがありません。一番誰でも分かる経費は不動産屋さんに支払わなければならない手数料です。仲介手数料は売買代金の3.24%+64800円が必要なので、5000万円の不動産だとだいたい160万円になるのです。この他に税金(所得税、住民税)も必要ですし、自宅を売却するなら引っ越し費用も必要です。仮に4000万円で物件が売れても、全額を次の不動産購入に充てる計算をしてはいけません。
土地を売らなければいけないケースとして、相続をあげることができます。相続は相続人の権利が複雑で、簡単にはいかない場合もあります。遺産の分割協議を相続人で実施した結果、1つしかない不動産を複数人で持ち分を相続するような場合、換金してからそれを複数の相続人で分けることもあります。相続税という税金は現金で納めるのを国税庁は好みますが、現金では納められないと遺族から申し出があれば延納することもできますので、できれば現金で納めた方が、面倒がなくておすすめです。
駐車場経営を考える土地のオーナーは多いので、典型的な土地活用の手法として認知されています。アパマン経営に比べれば、少額の投資でできることが主な理由なのでしょう。駐車場を運営する場合、月単位で貸す(月極め)もありますし収益の見込みを試算して決めれば良いと思います。所有者は一番が採算性なのは当たり前ですが、お客さんの立場でよく考えないと、儲けることは難しくなってしまいます。
マンションは短期間で売るのは難しいので、気持ちは分かりますが焦りは禁物です。半年で決まれば御の字と考えておけば、気持ちにゆとりが持てます。売り主がなるべく早く売ろうとしていることを見込み客に分かってしまいますと、買い叩かれてしまうおそれがあり、不本意な収入にしかならないかもしれません。住み替えのために住宅を売るなら、次の住宅の頭金や諸費用を売却価格でまかなえるのが理想ですので、不動産屋さんの話を謙虚に聞いて売却しましょう。
マイホームを売る時は直接、買い手が自宅まで訪問してきますが、その時に注意しておくべきことがあります。できるだけ高く家を処分したいのであれば、知っておくべきです。家の売却に限ったことではありませんが、第一印象が肝心要です。購入希望者が最初に目にする特に玄関や玄関に近い窓などを綺麗に掃除しておくことをおすすめします。また、部屋はできるだけ掃除しておいて、窓も開けておくことで、買い手の購買意欲もずいぶん改善し、積極的に購入を考えるようになる傾向があります。
土地を売って利益が出ると税金がかかりますが、元が高いだけに税金もとても高いですよね。高額な税金を払うのですから、きちんとした使い方をしてもらいたいものです。家や土地を売って出た差額としての利潤は税金用語で「譲渡所得」という呼び方をするのですが、この譲渡所得に対し、所得税だけでなく、住民税もかかります。また、土地は所有期間が短いと、土地転がしとみなされてしまい、税率が高くなってしまいます。5年を超えていませんと、2倍くらいの税金を払う必要があります。
土地はモノが一つしかないのに、「一物四価」とか「一物五価」などといって、複数の価格がつきます。そのそれぞれに独自の計算方法があり、素人にはなかなか難しいものです。ざっと分けると、納税の基礎となる金額と、取引をする上で必要なものとに分けられます。税金を計算する価格は相続税や固定資産税の計算に必要で、これらは公示価格の7、8割程度になるようです。時価は取引の当事者が参考にはしますが、最終的な価格は、時価や公示価格とは違うのが当たり前です。現場の不動産屋は現実的な価格を知っていますので、古いデータであるそれらを使うことはまれなのです。
マイホームを買うことは庶民の夢です。サラリーマンにとっては普通、生涯に一度と言ってもいいくらいのイベントです。そのため、あわてて買いに走らず十分に知識を得ることから始める必要があります。税金の話や、不動産屋さんとやりとりをする上でのテクニックは大事ですが、自分で直接何度も足を運んで、物件周辺の雰囲気を知ることが一番大事なことではないかと言うのが、私の経験で言えることです。地名はイメージが先行しがちなので注意が必要です。三軒茶屋など、若者に人気の街なんていうのがありますよね。印象がよくても、生活してみたら不便だったということはよくあります。ですから、いきなり契約せずにきちんと現場を知ることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リオ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lcedyairstnnuo/index1_0.rdf