三浦のエゾヒグマ

July 18 [Mon], 2016, 4:14
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。これはなぜでしょうか。一つには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、デメリットも知った上で選択してください。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakurako
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lccuzeydesmhea/index1_0.rdf