難聴の種類

October 24 [Wed], 2012, 9:31
騒音性難聴は、仕事でどうしても大きな音を聞く方がなりやすいでしょう。
内耳の蝸牛内と言う部分が、大きな音によって、問題が起こっている状態です。
最初のころは、聞こえにくくなるだけでなく、耳鳴りもします。
この騒音性難聴は、両側の耳に同じタイミングで起こることが多く、騒音にさらされる就業期間が長いほど、症状は進行してしまいます。
仕事で騒音に合うのは仕方のないことですが、難聴を予防する方法とてしては、耳栓を使用するなど、対策を施すことが有効でしょう。
それから、層音声難聴は、仕事が原因で発症してしまったら、症状の程度によっては、補償が受けられるケースもあります。
これは、労働者災害補償保険法に基づいて決められているので、該当すると思う方は補償について調べてみましょう。
http://l0i1h203738.hida-ch.com/
それから、先天性難聴は、遺伝で起こったり、妊娠中に赤ちゃんがおなかのなかでウイルス感染したり、生まれた時からすでに聴力に問題があるケースです。
赤ちゃんの場合は、聞こえづらくても、意思表示ができないので、症状が発見されるまで時間がかかります。
赤ちゃんが、大きな音をならしても、反応しない場合や、音が鳴るおもちゃにまったく見向きもしない場合は、聞こえていないのかもしれません。
ですから、このような状態は家族が気づいてあげることが大切です。
人は、赤ちゃんのとき、言葉を覚えるためには、耳から聞いて言語を覚える必要があるので、先天性難聴をそのまま放置してしまうと、言葉が習得出来ません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まさこs8t4
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lc6o9i95/index1_0.rdf