とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には必

July 08 [Fri], 2016, 3:24

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃近くまで上がって調子が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。







先生はインフルエンザが検査できますよと尋ねられました。







もし、インフルエンザに感染していたら、それにあったお薬を頂けるので、確認したいと希望しました。







インフルエンザは風邪とは異なるもの耳にします。







その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。







型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に、小さな違いがあります。







でも、肺炎を併発したり、更には脳炎や心不全を起こす事もあるため、怖くもある感染症です。







赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、はなはだ大変なことに達します。







まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで亡くなることも考えられるでしょう。







そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。







ここ最近は年ごとに冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。







年々予防注射を実施する人も増えてきているようですが、都市部では結構な数の人数が発症しています。







感染経路は多種多様だと思いますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と触れる場所でうつっていることだと思います。







大便が出なくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭が発生します。







どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を経ていらないものを取り除こうとし、口臭の原因になるのです。







この場合、便がでるようになると、口臭も何もせずとも無くなると言われています。







一般的に便秘に効く食物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食品等です。







苦しい便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態に落ち着いています。







この状態を改善して、便を出やすく柔らかくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。







おなかの環境を正しく整えると肌がキレイになると知って、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む「乳」というその名の通り、乳酸菌は摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。







これではちょっと照れくさいです。







乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルトです。







昔、白血病になり、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。







見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドでの演技が高い評価をうけている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、効果が高そうな期待がもてます。







ぱっと乳酸菌から思いつくのはカルピスですよね。







小さかったころから、毎日楽しんでいました。







それは乳酸菌があるからです。







毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。







そのために、私は便秘を経験したことがありません。







もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで大変健康になりました。







娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったところのことでした。







膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。







2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、一向に具合が良くなってくれません。







そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。







ここ最近、乳酸菌がアトピーに効くことが解明されてきました。







ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは様々ですが、毎日のストレスや偏食などによって原因となることもあります。







アトピー患者の大部分は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることがアトピーを完治する手段となります。







腸内の環境を整えておくと美肌効果があると聞いて、せっせとヨーグルトを食べていたのですが、実を言うと、ヨーグルト同様に「乳」というその名の通り、乳酸菌は摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。







心なしかちょっと照れくさいです。







今、便秘を解消するのに効果的なものは、乳酸菌が入っているサプリメントです。







腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も大勢います。







しかも、毎日乳酸菌が含まれている食べ物を摂取し続けるのは大変です。







乳酸菌が入っているサプリなら、お手軽にしっかり乳酸菌を摂取することができますので、便秘が改善することになります。







うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口臭の原因となります。







いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口の臭いは腸から胃を通って不要物を出そうとし、口臭を引き起こすのです。







この時、便通が改善されると、口臭もあわせて改善されると言われています。







赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、はなはだ大変なことに達します。







まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に、体力がついていけるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも無きにしも非ずでしょう。







そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、連れて出ない方が確実かもしれません。







乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルトしかありません。







過去に白血病にかかり、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。







あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドでまぶしい活躍をしている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、とても効果が期待できそうな気分がします。







インフルエンザに感染したことがわかると学校などに5日間出席することができなくなります。







もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱の症状は数日で治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。







熱がすっかり下がっても、体の中にはにウィルスが含まれており、他の人にうつしてしまうこともありえます。







とにかく出席停止の期間を厳守することが集団感染予防には必要なことです。







乳酸菌が身体に良いということはわりと知られている事実ですが、実は有効ではない説もあります。







これについても事実かもしれません。







その理由は、体質には個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。







とりあえず、自分に合うかどうか試した後で考えてみてください。







インフルエンザは風邪とは違うものと聞きます。







大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、急な高熱となり、それ症状が3日から7日続きます。







タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。







時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、恐れるに匹敵する感染症です。







普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体調にも影響を及ぼします。







女性に多く見られる症状の一つは便秘なのです。







これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが一番です。







できれば、便秘を防ぐためにも、一週間に1、2回はウォーキングしたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。








http://blog.livedoor.jp/xnyc1k8-xnyc1k8/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lc3nd20
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lc3nd20/index1_0.rdf