独立。 

April 04 [Fri], 2014, 10:46
2013年に13年勤めた会社を退職し、
2014年、いろいろな方の力を借りながら、一応独立という形に
ろくに書いていないここですが、
以下に移動することを記しておきます。

http://shono-arch.com/

5/6 旧埼玉県立博物館 

May 10 [Thu], 2012, 12:45
ずっと来ようと思ってた、旧埼玉県立博物館。前川國男設計。
大名と藩」と面白そうな企画展が開催されている。

駐車場に車停めると、レンガ調の重厚な外壁。
アプローチは各棟の合間を縫って、


エントランスはガラス張りで背景の緑がまぶしい。
大スパンを支える梁と照明と、カッコイイ。


レベル差の使い方も、いいな〜
1971年竣工だとか、全く色あせない!


展示内容も面白かった。
常設・企画共にボリュームたっぷりに郷土の歴史が語られてる。
国宝も何点かあり、目にしたかった実家近くにあった重文も複製だけど見れた。
また訪れよう


4/28 古河総合公園 

May 10 [Thu], 2012, 12:38
天気のいいGWの始まり(4/28)に、
新車の足慣らしを兼ねて古河総合公園に向かうことに。

ここには、内藤廣氏設計の管理棟と
妹島和代氏設計のカフェテラスがある。

駐車場からまず、管理棟へ

内藤さんのスタイルそのままに、アプローチの小川と池と。
木建とかってやっぱいいな。


池を左廻りで歩きだすと、古民家が二棟。
ひとつは重文で、旧飛田家住宅

現存している古民家というと、割りと大きいものが多い印象だが、
これはそれほどでもなく、より庶民的なものなのか?
人のスケールに近い気がする。
「曲り屋」で面白い。


池を回り込み、カフェテラスへ向かうが、
とにかく、GWの晴れなのに人が少なくとてもイイ雰囲気。
またゆっくり訪れたい。

そして、

その透過性はカッコイイ!
サッシュが両脇のオープンスペースまで引けるようになってて、
様々な使い方ができそうだ。

けれども、使われ方としては
カフェテラスというより、休憩所の雰囲気。
イイ家具が置かれない中での”透過性”は果たして有効か?
建築が使い手、使い方を制限しているように感じた。