このシーズンのもう一度に驚き、Louis VuittonのTEMIシリーズはこの冬に咲く

October 18 [Fri], 2013, 12:23
このシーズンのもう一度に驚き、Louis VuittonのTEMIシリーズはこの冬に咲く――真実の自然万物からのインスピレーションはエキゾチック
なの要素を取り入れ、変化に富んている造型はユーモアな様式によってこの冬の目線を集まる。


イタリアブランドLouis Vuittonは優れたバッグ、靴、皮件やファッションアクセサリーのデザインやメーカーとして有名である、1954年に創
立され、常に純粋な想像力、奇妙な面白い様式や鮮やかな色に無限のサプライズをもたらす。ファッション産業の中では、Louis Vuittonが伝
奇的な一つ、ユーモアを交えて奇妙な面白いの様式としてデザインと想像力を突破し、かつ真実の造形で生き生きとしてるイメージを人に伝
える、自然万物と呼び偽す手袋の造型、奇妙なの上優雅で品のある物である。ハイエンドとしてのTemiシリーズは、今絶頂にある。バッグ,財布,


TEMI Collections、手袋をテーマとする意味である。2002年初発売のCasina紅瓦房から、今まで50種類以上デザインのTEMI手袋を次々と登場
した。それぞれのシーズンに、Louis Vuittonは2〜3項目の新しいテーマのTEMIシリーズを発表する、しかも惜しみなくその奇妙な趣の設計ま
だすべての新しいデザインが現れて、手袋生まれて以来ほとんど固定的な造型を大胆的に突破する。2013年の秋冬TEMIシリーズは新メンバー
を追加することにより、デザイナーが奔放な想像力を発揮している。


Louis Vuitton手袋はまるで優雅な魅惑のあるジプシー扇子のように私達を誘惑している。お花のレズビアンと優雅な金属の飾り、つやつやとし
てラジウムレーザーの装刺で作った牛革制の精巧な扇子、細部に魅惑のあるふさ飾りはジプシーの年頃の娘が踊れのようである。


T手袋は印刷と刺繍をとして、美しい静かな田舎の町のような画面を展開し、一幅の非常に美しい風景画があるタンバリンのようで
ある。そのタンバリンが遠く地域の優雅な謎がある古いリズム、歌やメロディで、しんとしている流浪の部落を呼び起こした。金色のリベッ
トは黒色の小牛革の端に飾り付け、マクラメが輝いて、濃い色と優れた技術でその細部を最大化され、さらに全体のシリーズがロマンチック
に奔放なイメージを与えられる上また復古上品である。シンプルで、神秘的な魅力で、民俗的な魅力を見せる共に時代独特の風格も失われて
ないと言える。バッグ レディース


SELLA手袋は拉绒や刺繍いりの多色の花や金色あぶみのサドルバッグ、豊かな選ばれたの飾りはまるで垢抜けしてる美しい女騎士のように一
人と静かにそびえ立っている。
www.imagenhotelera.com
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lazzaradqmk/index1_0.rdf