清原が国生(くにお)

August 01 [Mon], 2016, 2:01
ほんの少し前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今は徐々に男性介護士も増加しています。

看護の際、患者を移動させたり入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、男性介護士がより力を発揮できるということもままあります。



お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より多くの経験を積むことが出来ます。

オン、オフの期間を調整できて、やりたい仕事を割と選べる、といったあたりが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。



働く期間も様々で、単発、短期、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、介護士の仕事を探しているのであれば条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。大変な激務と世間一般に認識されている介護士というお仕事の、その中身を少し見てみます。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてこの人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。
それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも介護士が行います。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールに何度も応答することになったり等々、少々混乱してしまいそうなくらいにてんやわんやと忙しいこともあったりします。介護士の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、介護士が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。

伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に行うようにしましょう。申し送りは、素早くスムーズに行うことも当たり前のように期待されます。介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?介護士国家試験の受験生の合格率ですが、毎年90%前後ですから、決して低くありません。
試験そのものも、専門学校や大学の講義をちゃんと学習していた人であれば難なく合格できるものですから、それほど高難度な資格ではありません。

介護施設という場所で働く介護士は常に神経を使うことになりますし、そうしたことにより強いストレスを経験することになります。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、心にも大きな負担がかかるということになります。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。
解消の仕方を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である介護士を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。



主な介護士長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般の会社組織においては課長職に近いものです。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、介護士の収入も、勤めている介護施設の大きさで違ってくるのです。

または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、約750万円とみられます。



意外に思うかもしれませんが、介護士が働ける職場として実のところ、保育園が挙げられます。実際に保育園で働くとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、おススメの職場だと言えますね。ちなみに、どういった仕事かというと介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという責任のある仕事だと言えます。

基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、忙しさのあまりに介護士の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、それだけでなく自分自身の身体のこともかなり深く理解できるようになるでしょう。介護士が活躍できる場所は、クリニックや介護施設の他にも存在します。
グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においてもまだまだ介護士は足りていません。
このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。
特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することも前向きに考えていいのではないでしょうか。
知人が介護士として働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のためにしばらく介護士を辞めていました。



でも、体調が良くなったら、復職して介護士として今も介護施設で働いています。
数か月間、仕事から離れていても、資格を取得しておけば復帰も早いと思います。



再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。

正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、そのほとんどはやはり、介護施設で勤務しています。
介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。



こうした職場で介護士として活躍する人も実際とても多いのです。


介護士はこんな風に働ける場所は色々あり、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際にその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
看護のスペシャリスト、介護士になろうとする場合、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。
この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。
そういった、介護士を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。

ここ数年はますます介護士は不足気味です。
せっかく介護士資格を持っているにもかかわらず、介護士として働いていない人も多くいます。


では、介護士不足の原因はなんでしょう。
それは、介護士の離職率が高いということが大きいと思います。
常勤介護士のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の割合が多い仕事なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。
いま日本においては、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人介護士候補生という方々を受け入れています。



しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験に3年間の滞在期間中に介護士資格の取得ができなかった場合には母国へ帰国することになります。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、国家試験に受かり介護士となるために勉強までしなければならないということで、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。


いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も介護施設に24時間いることになり、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代制を採っています。
他の交代制のお仕事と同様、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。時に人命に関わることもある介護士という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

それから、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。


それらを承知の上でなお、介護士になろうと選択しようとしている人が多いという現状を見ると、短所を帳消しにできる意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。
働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところも多いのです。


他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。

自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも良いと思います。

何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると笑顔で患者一人一人を支えてくれる介護士は、時には医師よりも信頼が持てる事もあります。ですが、現実には介護士の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業や繰り返しのチェックなど実は常に緊張状態という事もあるのです。こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も少なくないそうです。



介護士の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。

皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女性が大部分を占めているため、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、離職率が高めの仕事であると言えます。

加えて、勤務時間がばらばらであることや、キツい仕事だということも原因となり、結果的に離婚してしまう方も多いようです。
収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。そしてまた、外来勤務では夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。



忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。
求められるスキルも診療科や介護施設によってもかなり違ってくるでしょう。昔から介護士さんになるのが夢でした。

ですが、事情があって就職を選んで結局OLになりました。しかし、介護士になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。

無資格でも看護関係の仕事に就くということも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、看護助手として勤務しながら介護士資格を取る方法があることを知りました。



この方法で介護士の夢を叶えたいです。
高い給料をもらっている介護士でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。

介護施設以外の働き口も介護士には多く、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。


ですが、本業で勤めている介護施設で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。



そして、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。
少々昔の話ですが、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると世間的に認知されていた節があります。しかし、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できることを、知らない人はあまりいないはずです。というのも、介護士の得られる給料は、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。
こうしてみるとよくわかりますね。介護士は確実に高給を得られる専門職なのです。

休みが不規則なイメージのある介護士ですが、職場次第で土日を休みにしたければ、そうすることもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、基本的に土日は休みになります。変則的な出勤があったり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。
あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。

普通、介護士の職場と言えば介護施設ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合介護施設まで、それぞれに違いがあります。他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。

会社員も会社によって給与が違うように、同じことが介護士にも言えます。総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では収入は違ったものになるでしょう。
ですので、介護士だからといって平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。
働いた分の休みはちゃんとありますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大変多いようです。


結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。

しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりまた介護士となって復職を果たすという、そういった人が増えてきており、大きな戦力となっています。
意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。階級が高いものは、もちろん、それぞれの介護施設によっても異なりますが、一般的には総介護士長ですとか、看護部長といわれる人ですね。実際に階級を上げるためには、その介護施設での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが重要です。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ収入も増えます。

意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる介護士は、割合に数が多いです。


どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、結果として、求人が大変多いわけです。



今いる職場において、そこでの希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。
人間関係について言えば、介護士の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

なにしろ、女性はすぐにグループを作ってそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。
慣れていないと、そんな環境に少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と達観しておくのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:海翔
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lawnsyimmpkepi/index1_0.rdf