【 更新情報 】

芝生のガーデニング

1.芝生を張る時期
 芝生を張る時期としては、やはり春が一番適しています。春に植え付けると、秋まで約6〜7ヶ月生育期が続き、芝生の状態も目に見えて分かるので、根付いてきれいに仕上がるまで管理しやすくなります。
しかし、春以外の時期でも芝生を張れないことはありません。地域や気候にもよりますが、冬でもほとんど雪の降らない太平洋側や西日本では季節を問わず芝張りできます。ただ夏場は強い日差しによる乾燥、冬場は風による寒さと乾燥など気温や水分の状況に注意して、管理する必要があります。
また秋以降に芝張りをする場合、完全に根付いていない状態で冬を迎えても根や茎は休眠しているだけなので、春になればちゃんと新芽を出してくれます。
2.土壌作り
 そのまま下地の土を20〜30cm軽く耕すか、また新たに土を入れる場合は黒土やまさ土など水はけの良い土を用意します。そうした土に元肥となる鶏糞・油かすなどの有機質肥料をよく混ぜ、後は軽く平らにならしておきます。しかし時間や手間をあまりかけられない状況なら元肥はなくても、とりあえず下地さえ軽く耕しておけば大丈夫です。後で肥料を散布すれば問題はありません。
3.芝張り
 下地の準備ができたら芝生を張っていきます。ヒモや糸をまっすぐ張って目印にしながら、芝生を並べていくときれいに仕上がります。張り方としては目地の隙間をあけずに並べるベタ張りと隙間を1〜2cmあけて並べる目地張りがあります。そうして並べていくと最後に中途半端な隙間ができますが、芝生を隙間に合わせて切って埋めてください。他にも市松張りなど間隔をあける張り方もありますが仕上がりに時間がかかり実用的ではありません。

>>芝生のガーデニング関連グッズはこちら

芝生の基本種類

 芝生には暖地型芝生と寒地型芝生の2つがあります。
・暖地型芝生(夏シバ)は、日本芝(野芝、高麗芝、姫高麗芝)のほかに西洋芝のバミューダグラス類(ティフトン系芝)などがあります。日本の大部分の地域は温暖地帯にあたりますので暖地型の芝生がおもに使用されます。
 暖地型芝生の生育適温は20℃〜25℃以上で10℃以下になると生育が停止し、表面上は茶色く枯れた状態になります。これは寒さや風による乾燥のために秋、冬の時期は休眠状態になりまた春になると新芽を出し生育を始めます。
・寒地型芝生(冬シバ) には、ほとんどの西洋芝が含まれ、ベントグラス類、ブルーグラス類、フェスク類、ライグラス類などがあります。北海道や東北地方、中部山岳地帯などの夏も涼しい地域では、寒地型の西洋芝がよく使われます。
 寒地型芝生の生育適温は15℃〜20℃で5℃以下になると生育が停止します。また成長速度が速く、乾燥に弱いものが多いので管理面では日本芝よりも手がかかります。しかし、暖地型と違い冬も美しい緑を保ち日照不足にも耐え、種子で簡単に増やすことができる、などの長所があります。

>>芝生のガーデニング関連グッズはこちら

芝生の基礎知識

 植物全般に言えることですが、芝生にも土壌、日照、水分などが基本的な生育要素であり、これらの要素をバランスよく管理することが肝要です。芝生の特徴は、他の植物と違い地面を覆い他の植物を混入させないことで初めて芝生としての価値がでてきます。芝生を生育させようと思えば他の雑草や植物も当然生育しようとします。自然界において、ひとつの種の植物だけ繁殖するということはとても異常なことです。そのために、人が手間をかけて雑草を抜いたり、葉を刈りこみ、水をやることで芝生となるのです。ちょっとした手間を惜しまなければ、誰でもきれいな芝生の庭を造ることができます。
【土壌成分】 下地の土に栄養分が少なかったり肥料が足りないと芝生の色が黄色っぽくなったり、病気になりやすく生育がうまくいきません。
【日照時間】 建物や木の陰になりやすいところはどうしもて生育が遅れます。また日陰には芝生の根がなかなか伸びていきません。しかし比較的日陰に強い品種もあります。
【水分調節】 夏場に日照りが続くときや冬場の乾燥には水をやりますが水はけがよくない場所は水がたまり呼吸できず病気になったり根が腐れたりします。また風通しのよいことも水はけ具合に影響します。
【気 温】 暖地型芝生、寒地型芝生ともに基本的にはやはり冬場になると休眠します。暖地型芝生は春まで枯れた状態になりますが、寒地型芝生は緑を保っています。

>>芝生のガーデニング関連グッズはこちら
P R
カテゴリアーカイブ