住宅ローン特約で注意する点

January 27 [Wed], 2016, 11:27

住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、不動産の売買契約書の中に必ずローン特約というものがあります。ローン特約があれば、住宅ローン審査が通らない時には売買契約を撤回できます。一度とり交わした契約でも、住宅ローンの審査に断られた場合は契約自体を見直すことができるというわけです。条文があることで売主は売買契約は成立していても購入する側の住宅ローン審査承認の返答が来るまで不安です。住宅ローンの審査が終わるまでは、実際に融資が可能かどうか断言はできないものです。住宅ローンの審査を受けるためには、売買契約書の写しがなければ手続きができません。購入者が住宅ローンを利用するのであれば避けては通れないことなのです。もしもローン特約をつけて売買契約を取り交わしたのであれば、知っておきたいことがあります。契約した住居に移るのは、契約が終わってからしばらく経ってからにしましょう。住宅ローンの本審査が通ったという連絡がきてからにしたほうが良いということです。住居の購入が決定しても、住宅ローンを利用することができなければ、わざわざ引っ越しをした分が意味がなくなってしまうということがあるためです。ローン特約について理解した上で、住宅の売買契約を交わすことが大事になります。

パレポリ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あらたlavqb0ai
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lavqb0ai/index1_0.rdf