ラウラ先生のイタリア料理ブログ

プロフィール
ラウラ先生
LAURA(ラウラ)
パドバ出身のラウラ先生は、BRAVO!料理教室の人気イタリア料理講師です。イタリア語センターではイタリア語も教えています。ヴェネチア大学日本語学部ご出身で日本語も得意!最近はテレビや雑誌などでも大活躍中。お料理をは作ることも、食べることが大好き!
最新コメント
アイコン画像みしゃ
かぼちゃ (2008年09月26日)
アイコン画像50t
かぼちゃ (2008年09月25日)
アイコン画像ラウラ
かぼちゃ (2008年06月09日)
アイコン画像takashi asaba
かぼちゃ (2008年05月20日)
アイコン画像asaba
かぼちゃ (2008年04月18日)
アイコン画像ラウラ
かぼちゃ (2008年03月10日)
アイコン画像takashi asaba
かぼちゃ (2008年02月18日)
アイコン画像ラウラ
復活祭 (2007年10月14日)
アイコン画像ラウラ
grazie mille (2007年10月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:laura-cucina
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
かぼちゃ / 2007年10月14日(日)
皆さん、お久しぶりです
夏も終わってしまい、もうあっという間に10月に入りましたね早い〜
どんどん寒くなってきましたし皆さん、風邪を引かないように、暖かくしてくださいね
では、10月と言うとハロウィンなんですよねイタリアの物ではないのですが、イタリアでもハロウィングッズも様々なイベントもたくさん
日本の方が盛り上がってると思いますが、ハロウィンってアメリカやイギリスなどの習慣だけではなく、かぼちゃの可愛い提灯ですよね。でもなんでかぼちゃの提灯なんでしょうね不思議ですね。アメリカ人の友達に聞かないと。。
とりあえずこの野菜について少し書いてみますね
かぼちゃは色も鮮やかで、形も面白いと思いますが、驚くほど栄養たっぷりですよ当たり前??特にベータカロチン、ビタミンと食物繊維が豊富に含まれています。
なので肺癌発生率が低くて、コレステロールを減らす効果もあるみたいです。さらにビタミンAの作用は全身に及びます。皮膚、目、粘膜を健康に保ちます。凄いですよね
さすが野菜パワーですね。
美味しいかぼちゃってどうやって選びますか?丸ごとを買うならズッシリとした重量感と光沢のあり、硬い感じの物が良いらしいですよ。切り売りで購入するなら、厚くて、色が濃く、鮮やかな物を選びます。
気をつけてくださいね
でかぼちゃを使った料理を紹介します
イタリアだとよくリゾットに入れたり、お菓子に使ったりしますね。かぼちゃパイ、プリン、パンは美味しいですねどうでしょうか??お勧めレシピがありますかね。あったら教えてくださいね
 
   
Posted at 23:54 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(8)
grazie mille / 2007年07月09日(月)
皆さん、お久しぶりです
もうあっという間に夏がやってきましたね。花火大会や様々なお祭りは楽しみですね
私もお祭りが大好きなので、浴衣を来て、色々なところに行こうと思っています
さて、大事なお知らせがありますBravo!のウエブサイトをいつもご覧になっている方がご存知だと思いますが、料理教室はしばらく中止になっています
また近いうちに開催できるかもしれませんが、今までこちらのブログを読んだり、コメントも書き込んだり、積極的に料理教室に参加したり、していただいた方に大変申し訳ございません
皆さんに本当に感謝していますよ まあ、ブログを一生懸命頑張って、書きたいと思っているので、応援をよろしくお願いします
これからもラウラブログを楽しく読んでくださいね
 
   
Posted at 15:40 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(3)
スイカ / 2007年06月01日(金)
皆さん、お元気ですか?
最近、暑い日々の連続は大変ですよね特にそろそろやってきそうな梅雨の時期は嫌ですね
昨日も今日も雨が降ったり、やんだり、して、もう変な天気ですね
でも夏に向けて、この季節にピッタリだと思うフルーツについて書こうと思っています
日本でも手に入れやすくなってきて、私の大好きな果物なのですが。。スイカです!!!
原産は熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯だそうなのですが、日本に伝わった時期は定かではないですが、室町時代以降ではないかといわれます。形も色も独特ですよね
イタリア語ではcocomero(ココーメロ)と言いますが、基本的にanguria(アングーリア)と言いますね。たまには地域によって、呼び方が違う可能性もあるので、cocomeroもanguriaも両方覚えたら、便利ですよ
でも日本に来て、驚いたことがありましたよなぜ八百屋、スパー等では1/2、1/4、1/6等に切断し、販売してる事が多い??イタリアだとそういう風にあまり売ってないなぁ〜と思い、日本は便利すぎかもしれませんね
後は黄色いスイカもびっくり!!今まで見たこともなく、まだ食べた事もないですよ
そして噂では白いスイカもあるみたいですよ
私的には普通の赤いスイカがいいなあ〜と思いますね。でなぜ日本人がスイカに塩をかける??こういうことも初めて見ました。確かにスイカはあまり甘くはないかもしれませんが、塩をかけると本当の味が分からなくないですか?フルーツはそのままで食べるのは最高だと私は思いますよ
スイカの料理も色々ありますが、手間かからないレシピを教えるので、是非家で作ってみてくださいね
スイカシェイクなのですが、材料はスイカ(400g)とバニラアイス(60g)を用意をしてください。そしたらスイカを一口大に切り、種を取ってから、バニラアイスとミキサーにかけてください。簡単でしょう?
 
   
Posted at 18:39 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(2)
il gelato / 2007年05月15日(火)
皆さん、お久しぶりですお元気ですか?
最近は暖かくなってきて、夏に負けないぐらい良い天気ですね嬉しい〜
でこの季節にピッタリのデザートは一つしかないと思いますが。。il gelato!!!
日本でも好評されていて、イタリアの代表的なドルチェです。
イタリア語で「凍った」という意味で、果汁、牛乳、砂糖や香草などを混ぜたものを凍らせて、作ります。一般的なアイスクリームと比べて空気含有量が35%未満と少なく密度が濃く味にこくがあるみたいですね。私もびっくり〜また乳脂肪分は4〜8%で一般的なアイスクリームの約半分であり、比較的低カロリーです。いいんじゃないですか?毎日ジェラートを食べてもあまり太らないみたいですねしかも良いお知らせがありますよ
ジェラートには素敵な秘密があります。それはジェラートに含まれる成分がとても身体に良い事ですよ特に女性には欠かせない栄養素といわれるカルシウム、肌をきれいにするビタミンA、健康の為に必要なビタミンB1、ビタミンB2がたっぷり
凄くないですか??なのでジェラートを食べて、もっときれいになりそうですね
これから私もジェラートを沢山食べよう〜
そして雑学コナーですジェラートの歴史は最も古い記録が旧約聖書にあるそうです。
夏に氷雪で冷やしたミルクシャーベット風の食べ物を愛飲していたと考えられます。
でもジュリアス・シーザーは最初にジェラートのような食品を考えたみたいですよ
その後にローマの皇帝ネロもバラやスミレの花水、果汁、蜂蜜などをブレンドして作ったという話もあります。やっぱりローマの人は美味しいものを作る才能がありましたね
とりあえず日本イタリアジェラート協会のウエーブサイトもありますので、是非是非ご覧くださいね(www.italiangelato-kyokai.com)
ちなみに来月はお菓子タイムなので、シャーベット二種類作る予定ですよそれにプラスセミフレッドも一緒に挑戦してみましょうねお待ちしています
 
   
Posted at 19:00 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(0)
アスパラガス / 2007年04月21日(土)
皆さんお元気ですか?
そろそろ5月に入るのですが、先週まで雨ばかりで、冬みたいに寒かったですね
お花見もなかなか出来なくて、がっかり〜
でも段々春がまたやってくる気がしますね暖かい春がいいですね
さて、今の季節だとどんな野菜、果物を食べるのですか?日本では春の旬の食材と言うと筍とグリーンピースだと思いますが、イタリアでは何を食べると思います?もちろんグリーンピースもありますが、4月と5月だとアスパラガスの時期ですよ日本でも普通に食べると思いますが、イタリアのワイトアスパラガスをご存知でしょうか?特に歴史のある、有名なBassano del Grappa(バッサーノ・デル・グラッパ)と言う町の美味しい「asparago bianco」を今回紹介をさせていただきたいです。
Bassano del Grappaはヴェネト州の小さな町なのですが、グラッパというお酒や、キノコなどが有名ですよしかも地元なんですよまぁ、実は高校だけなのですが、家から近いですよ。こんな町で〜す
本当に住みやすくて、綺麗な町です。もしVicenza(ヴィチェンツァ)の方に行かれるなら、是非立ち寄りくださいねでこちらはワイトアスパラガスのプレートです。
そういえば、アスパラガスはどんな野菜ですか???
初めて日本に伝えられたのは江戸時代で、食用として栽培されだしたのは、明治時代以降と言われています。一般家庭で食用され始めたのは昭和30年代で、比較的歴史の浅い野菜です。
でも驚くほど栄養たっぷりの野菜ですよ。カロチン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンEが含まれ、病気に対する抵抗力を高め、疲労回復に優れています。高血圧や風邪などの予防にも効果があります。
私もアスパラガスが大好きなのですが、こんな小さな野菜にはこんな大事な栄養素の含有量の多い野菜だと思ってなかったです。びっくり
そしてイタリアではどんな料理に使うと言うと特にリゾットにぴったりですよ。アスパラガスとパルメザンチーズのリゾットは最高に美味しいですバッサーノのワイトアスパラガスを使うと贅沢な一品作れますよ。後はヴェネト州ではゆで卵とよく食べます。
いいなあ〜食べたくなってきましたよ




 
   
Posted at 21:49 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(0)
復活祭 / 2007年03月13日(火)
皆さん、お久しぶりです
まだ少し寒い日々が続いていますが、少しずつ春っぽい天気になってきましたね
花粉症に負けないように、お花見もしたいですね
まあ、今の時期は日本では桜なのですが、イタリアだとそろそろ復活祭なんですよ
復活祭って。。分かりますかね??クリスマスほど有名ではないかもしれませんが、カトリックの国には大事な行事の一つです。キリストの復活した日なので、家族と一緒に教会に行ったり、みんなで豪華なご飯を食べたり、します。
今年は4月8日になりますが、毎年日付けが異なります。だいたい3月の中旬ぐらいから4月の頭までの時期になるはずです。
さて、復活祭というのはPasquaと言います。起源なのですが、復活祭という言葉は、すべてギリシャ語「パスハ」に由来していて、その言葉も元をたどれば、アラム語の『パスハ」で、これはユダヤ教の過ぎ越しの祭りを表す『ペサハ」という言葉から出ています。
料理やお菓子なのですが、代表的な食べ物はチョコレートの卵(uova di cioccolato)とコロンバ(colomba)だと思います
チョコレートの卵は本当においしいですよ特に子供の大喜びですね。
街のショーウインドーも鶏や卵型の商品が多く並べられ、お菓子屋さんとスパーにはチョコレートの卵がたくさん〜
コロンバというのは白鳩という意味で、形も同じく白鳩です。クリスマスのパネットネと似ていますね。
では、4月にイタリアに行かれる方がいらっしゃるなら、4月8日の日曜日にBUONA PASQUA(よい復活祭を)と言うあいさつは大事ですね

 
   
Posted at 17:03 / イタリア文化 / この記事のURL
コメント(2)
la carbonara / 2007年02月18日(日)
皆さん、お久しぶりで〜す
先週はかなり暖かかったですが、今日はいきなり雨が降ってきて、とっても寒いですよね
春がやってきたと思ったら、また冬??って感じですね。
まあ、3月に入ったら、きっといい天気になると思いますね
では、さて、今月の料理教室を終了しましたが、来月も美味しいイタリア料理を楽しめる講座もあるので、是非是非参加してくださいね
来月のメニューなのですが、日本でも大人気の一品ですよ果たして、カルボナーラですよ。
皆さんもご存知だと思いますが、作ったことがある方が少ないかもしれませんね。
そして、雑学のコーナーなのですが、カルボナーラの詳しい情報を説明しておきますね
名前の由来に、カルボナリ(炭焼党・イタリアの秘密結社)との係わりを指摘する者もあります。私も知らなくて、本当にびっくりしました。でも定ではないみたいです。
炭焼が仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いた炭の粉が落ちて、こんな風になるのではないかという感じの、黒こしょうを絡ませた味わいのあるパスタです。面白くない?
元々はローマ料理で、ベーコンではなく、グアンチャーレかパンチェッタを使用し、チーズにはペコリーノ・ロマーノやパルメザンチーズ、パスタにはスパゲッティですが、イタリアの家庭料理の中、基礎的なパスタの一種ですね。
後もう一つの興味深いの情報ですカルボナーラには卵も多用することのメニューがイタリアで広まったのは、第二次世界大戦の後、アメリカ軍が進駐してきてからのことであります。戦災援助として卵が大量に配られるようになり、卵料理がイタリアに浸透していったという事らしいです
私も勉強になりましたよ
ではでは、来月もよろしくお願いしますね
一緒にカルボナーラチャレンジしませんか??お待ちしていま〜す
 
   
Posted at 13:03 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(0)
サフラン / 2007年02月07日(水)
皆さん、お元気ですか
2月に入り、1月と違って、少しずつ暖かくなってきましたね
まだインフルエンザや風邪などに心配なのですが、昼間は最近晴れで、いい天気ですよね
さて、今月の料理教室のお話をさせて頂きまーす。今月のメニューはサフラン入りのきのこクリームのペンネです。で。。サフランって。。ご存知ですか??
イタリアでも、料理によく使われますが、大昔から色々な国で大切な植物として栽培されています。
原産地は元来地中沿岸、小アジア、イランなどですが、古代インドではサフランから染料が作られ、ブッダの死後まもなく仏僧は職服をサフラン色に染め上げました。古代ギリシャやローマ時代ではサフランは香水として重宝されていました。
面白いですねぇ〜
そしてサフランの使い方といえば、料理だけではなく、サフラン入りのお酒とか紅茶とかあるらしいですよ。普段はサフランライス、パエリア、パンに使用されています。
やっぱり色的にも鮮やかな黄色で、芳香を放つハーブですね
ではではサフランを使ったことがない方にも今月のサフラン料理はいいチャンスですね
是非是非ご参加くださいね待ってま〜す
 
   
Posted at 16:47 / イタリア料理 / この記事のURL
コメント(0)
冬休み / 2007年01月19日(金)
皆さん、久しぶりです 本当に遅くて、申し訳ございませんが、明けましておめでとうございます イタリアでクリスマスとお正月を家族と一緒に過ごせて、とても楽しく、リラックスできましたね。 やっぱりクリスマスって、家族と居るのがベストですね今回は用事が特になくて、家でゴロゴロしながら、美味しい物をいっぱい食べました。多分ゆっくりし過ぎたかもしれませんが、寒いときには家の暖炉のそばで体を温めながら、ソファの上で家族とテレビを見たりするだけで最高の時間を過ごしましたよ とりあえずクリスマスのために色々な準備をしますよ例えば、大掃除したり、クッキングしたり、家のデコレーションも大事ですね そうしたら久々に私がクリスマスツリーとpresepe(プレゼーぺ)の担当しましたから、ものすごく嬉しかったです全部飾るのは本当に楽しいですよ クリスマスツリーのことはalbero(木)di Natale(クリスマスの)と言い、皆さんもご存知だと思いますが、presepeと言うのがわかりますかね?? 簡単な説明しましたら、イタリアではクリスマスツリーの根元にイエスキリストの誕生の様子を表している模型で、イエス(Gesu`)はもちろん、母親のマリア(Maria),父親のジュゼッペ(Giuseppe)の他に三人の賢者や牛とロバの人形もあります。presepeの素材は木や陶器など色々あり、大きさも色々ありますが、イエスキリストの生まれたといわれる馬小屋のセットは必ずイタリアの家庭にはありますね。 とても可愛くて、暖かい雰囲気が出来ますよ。なので私の猫もpresepeが大好きで、いつもpresepeの上で寝ていました 面白いでしょう?? そして1月6日までpresepeを置かれますが、その日には(giorno dell'Epifania)クリスマスの下、またはその隣に靴下を置き、深夜までに昔話の醜くて、年寄りの魔女が(befana)がそれぞれの家に箒に乗って、やってきます。よい子供たちにお菓子やプレゼントを持ってきますが、悪い子供達には墨を持ってくるという伝統があります。一応、子供のために全てやりますが、家族、全員お菓子をもらっちゃいますよ 私ももらいました 靴下には私と妹達と両親の名前が書いていますから、皆お菓子とチョコをたくさん本当によいバカンスでしたね。家族に大感謝ですよ。 それでは皆さんにとって、今年も素敵な年になりますように、お祈りしています 今年も宜しくお願いしますね
 
   
Posted at 23:17 / イタリア文化 / この記事のURL
コメント(0)
クリスマス / 2006年12月06日(水)
皆さん、どんどん寒くなってきましね風邪をひかないように体の管理をしっかりしてくださいね
もう12月ですね本当に時の流れが速いですね
そろそろ帰国しますし
二年ぶりにイタリアでクリスマスを家族と一緒に過ごせるので、かなり楽しみにしていますね
予定は特にありませんが、ゆっくりしたいなぁ〜
何食べようかな?何処に行こうかな?と考えていますが、まだ分かりません
多分マリア先生の家に遊びに行こうかな?皆イタリアに帰るので、皆で遊べればいいなぁ〜と思いましたが、皆の都合がなかなか合わないというよりも、皆の家は遠いですよ
まあ、電話でも連絡取り合い、BUON NATALEをお互いに言いながら、良い休暇を過ごせるといいですね
皆さん、クリスマスは忙しいですか。予定ありますかね。
イタリアに帰る前にまたこのブログに書き込んでみますね
 
   
Posted at 18:42/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.