パフェで乾杯? 

March 25 [Sun], 2012, 20:12
「おはようございます。」


今朝も店長はいない。


「おはようございます。あの…。」

「はい?」

「この間、甘いのが好きっておっしゃったでしょ?よかったらこれ。」


徹夜で作った抹茶のロールケーキ。


「いいんですか?ありがとうございます。」

「お口に合うといいんですけどね。」

「今食べてもいいですか?」

「えっ!?」


いきなり箱を開けてケーキをむさぼる彼。



「うまっ。抹茶の渋みと甘さが最高ですね。」

「ありがとう…。」

「今度お礼がしたいんですけど、何か食べたいとか、行きたいとか見たいものってあります?」

「そうですね…」

「自分、お酒飲めないんで、パフェで乾杯とかしませんか?」

「いいですよ。わたしもお酒飲めないし。」

「アドレス交換しましょう。」

「えぇ。」

・・・・・・・・・・

「後でメールしますね。それじゃ。」

「お疲れ様です。」



パフェで乾杯だなんて、なんて無邪気なことを言ってるのだろう。

あんなにやんちゃそうな顔して。

ハーレーの王子登場 

March 24 [Sat], 2012, 6:04
7時40分


「おはようございます。」

「あ、おはようございます。」


やっぱり耳に指輪を通したようなピアスが気になってしまう。

「あの、そのピアスってどうやって開けたんですか?」

「これはどんどん拡張していくんです。20歳で開けて後悔してますよ。」

「痛そうね。」

「もう慣れましたけどね。」


「パティシエさんって毎日ケーキ食べられるんですか?」

「食べるのも勉強だって店長が。」

「うらやましいな。自分、甘いの大好きなんです。」

「じゃあ今度とっておきの用意しときますね。」

「ありがとうございます。」


「それじゃ、ありがとうございました。」

「お疲れ様です。」


「おはよう。」

「あ、店長、おはようございます。イチゴ届きましたよ。」

「ありがとう。彼どう?素敵でしょ?」

「えぇ、まぁ。」

「彼ね、彼女欲しいみたいよ。わたしも独身だったら絶対彼にアタックしちゃうわ。」

「店長ハンサム好きですもんね。」

「彼ね、ハーレー乗りなんですって。後ろに乗ってみたいわよね〜。」


白馬の王子ならぬ、ハーレーの王子様が現れたのです。

これまでのあらすじ 

March 23 [Fri], 2012, 20:21
去年の12月に5月から11月、帰国までの期間限定でお付き合いしたオランダ人から結婚したと連絡が来て衝撃を受けたわたし。

しかも、相手は年下の男の子!?

よかったね。おめでとう。


早くクリスマスまでに新しい恋を始めなきゃと焦るわたし…

出会いは突然でした。

3年前からわたしのケーキ屋にフルーツを配達してくれてるトラック運転手。

店長が留守だったからわたしが伝票にサイン。


「凄いピアスですね。」



ここから恋が始まったのです。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナタリー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・お菓子作り
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる