琵琶湖 

2008年04月01日(火) 16時10分
日曜日はとても天気が良かったので、買い物の帰りに琵琶湖まで行ってきた。
琵琶湖と言ってもとても大きいので、今回行ったのは京都よりの琵琶湖大橋。
橋のたもとに道の駅を発見し、早速入ってみた。
とても近代的で立派な建物で、琵琶湖が一望できるレストランや展望室、地元の特産品が販売されている広場などが備わっていた。
レストランで昼食を取ることにし、旦那さんは近江牛のステーキ丼を、私は近江米が練りこまれたうどんと焼き鯖寿司のセットを選んだ。
近江牛はとても柔らかくて味わい深く、うどんには小麦粉にはないもっちりとした食感があり、地元の産物が上手に織り込まれたお料理だった。
特産物の販売所を廻ってみると、近所で取れた新鮮な野菜を初め、近江米や近江米を使った加工品の数々が広い敷地に売られていて、たくさんのお客さんでにぎわっていた。
私は空心菜という初めて見る野菜と、近江米で作られた豆パンを購入した。
その日の夜に空心菜を炒めてみたが、苦味や渋みもなくて火の通りも良い、食べ易い野菜だった。
お米のパンの方はモチモチとした食感はもちろんのこと、風味までお米を強く感じられ、とても新鮮だった。
琵琶湖はとても大きいので、これから色々と開拓していきたい。

☆ビゴの店のパン教室☆ 

2008年02月17日(日) 20時02分
こんにちは!み〜やんです(^^♪



先日パンの修行に



パン屋でも有名なビゴの店のパン教室に行ってきました!!!







ホームページで見つけたんだけど、



とても人気があるので、予約を取るのが大変(>_<)!



3つの電話で、チケットぴあ並みの電話の掛け方でやっとゲット!




芦屋にあるビゴの店はハード系がメインのお店だから



私の苦手なハード系がうまくなればな〜〜♪



あと、フランスパンの神様と言われるフィリップ・ビゴさんに会える♪



という期待を膨らませ、いざ芦屋へε≡≡ヘ( ´∀`)ノ




いざ始まるとビゴさんはとっても気さくで、・・・って言うより



おやじギャグ大好きな面白い方でした♪



私たちの前でビゴさんは流暢に日本語を話しながら



パン作りを披露してくれます!



さあ、私も見習って作るぞ!



ビゴさんのように余裕のこね方ではありませんでしたが



何とか形に♪



これが、紅茶パンとカンパーニュ・ポルカノアです♪







どちらも外はパリっと、中はふわっとでとっても美味しかったよ☆



それになんか、味が濃いような気がしました〜〜!



お家用にベーカリーでパンもお土産に買いました♪







ハーブのフーガスとセーグル・ノア・レザンと山食です(*^_^*)



どれもさすがプロの味!!!美味しかったよ!ヽ(´ー`)ノ!



今日もお昼はパン教室で焼いたパン食べま〜〜す!

懲りもせず 

2008年02月14日(木) 1時02分
昨日も持久走12km…

筋肉痛はそろそろ取れつつあります。

初めての八甲田ロープウェー 

2008年01月31日(木) 16時45分
青森県内なのに、乗ったことがなかったんです。

八甲田ロープウェー・・・。
どちらかというと赤が少ないんですが、それでも黄色に挟まれた赤と緑と木の白が美しかったです。

今の時期は日曜だったので観光客でいっぱい!
駐車場もロープウェーも・・・臨時便で10分おきの発車なのに
101人乗りのロープウェーは満員御礼(笑)一人往復1800円・・・20万円が動く!!(爆)!!

自称、福島からきたというオッちゃんのテンションが異常に高かったです!(爆)!!
人が下りると窓ガラスは水蒸気がいっぱい・・・従業員の方が一生懸命拭き取ってました。
・・・そりゃそうだぁ〜〜!

ちょっと気になるのは子連れのマナー・・・おこちゃまは我が物顔で場所をとり



ならば父か母・・・立てよって思うけれど横座りで一家で思いっきり場所を使ってるし・・・(==)♭



しかし・・・なぜ?その半端な101人の1人は何故?
軽い疑問も載せたままいざ!上へ!

前日初冠雪だったらしい・・・(地元紙の朝刊に写真入りでそう書いてあったのだぁ〜!)

「遊びにいこ〜〜!写真撮りにいこ〜〜〜よ〜〜!」
もう、うすら10時も近くなってから私が言うと、弟が「ヴィッツでいけばぁ〜〜!」
とりあえず、憎まれ口を叩くヤツである。
しかしそこから準備が早かったこと!!
カメラバックにレンズ2本とカメラ本体、私に貸す一眼レフも用意して、小型ももちろん
3台・・・(笑)

しかし・・・流石に雪が降っただけありますなぁ・・・。




お山の上に吹く風はメチャクチャ寒かった〜〜!
一路十和田につづく。

見たかなぁ? 

2008年01月17日(木) 0時35分
40巻一日遅いけど買ったぁ笑笑
なんかこの表紙があんまり気にくわない…ちょぃと絵雑ぢゃなぃですかねぇ??
ってかその前に表紙サスケ3連発ですょ?別に良いけどナルトゎ何処へ行った(笑
っつかコミックと本誌の差が大きくなってる気がするなぁ〜。もぉ次の巻出せるぐらいまで進んでるんぢゃなぃ?

ぁ、内容ね。
とりあぇずナルトが4代目の子供ってことがやっとハッキリ明らかになったぜっ笑笑
ってかやっぱエロ仙人と綱手はくっつくのかなぁ?ぁ。。でもエロ仙人死ぬかもだし…どぉだろぉなぁ〜。。今本誌でエロ仙人危ない状況だもんね笑笑つか、カカシも火影候補だったとゎ笑笑知らなかったよぉ〜!!イチャパラ好きな人が火影でいいのか?(ぇ
んでサスケがどうしてもカッコィィと思えないんですけど(←クレームきそう…
なんだろぉなぁ〜。。強くなったのは良いけど、昔の方がまだぃぃとおもう…かわぃさがある(謎

とりあえずナルトも40巻かぁ〜…ワンピも長いけどナルトも長いよっ笑笑私が買ってるのはなんで40巻を越えていくのだろう…ドラゴンボールでも長いと思ってたのにもぉそれ以上だよね(汗;;
面白いからぃぃけどねっ!でもBLEACHとかアイシールドとかを買うお金はそのせいで全くなぃですょっ〓〓
ん?やっぱり少年漫画ばっかだなぁ…ぃぃもん!ちゃんと少女マンガも読んでますよ?!だからほっとぃてくださぃ泣涙*´Д`。)゜.o

うはぁ〜バイオハザード終わっちゃう!やっぱIII見たいなぁ〜…でも怖いからDVD待ちかな?ぁ〜!見たい映画も満載だ!!でも受験生です。。頑張らなきゃ…

一石橋、常磐橋(江戸城ぶらり散歩) 

2008年01月10日(木) 2時23分
東京駅八重洲北口を出て、北に歩いていくとすぐに呉服橋交差点に出る。そのまま道なりに歩いていくと一石橋から常盤橋そして常磐橋と常磐橋御門跡に着く。

一石橋の歴史は古く、江戸初期の地図に名前が見える。本両替町に幕府金座御用の後藤庄三郎、南橋詰近くの呉服町には、幕府御用呉服所の後藤縫殿助の屋敷があり、後藤をもじって五斗、五斗+五斗で一石と名付けたと「江戸砂子」に見える。大正十一年に鉄骨コンクリート花崗岩張りのモダンな橋となり、関東大震災にも落橋せず、その後も交通上の重要な橋として使われてきました。平成九年には大正十一年の橋本体は全て撤去された。

常磐橋は家光の頃までは、大橋または浅草口橋とも呼ばれた。しかし、名前が良くないからと改名を奈良屋市右衛門に命じた。そして常磐橋と言う名が採用された。明治六年ころから、万世橋、浅草橋、江戸橋など、相ついで西洋風の石造アーチ橋に架けかえられた。そのなかで今に残るのが、明治十年に架けられた常磐橋である。現在日本橋川にときわ橋が三つ並んでいて、手前から常盤橋、常磐橋、新常盤橋となる。車が頻繁に走り去る両脇の橋にくらべて、渡る人もない古びた真んなかの橋が明治初年の石橋の代表である橋なのだ。

常磐橋門は江戸城の正面玄関的な城郭門で寛永6年(1629)の普請で築かれた。敵の侵入を防ぎ味方の出撃を容易にするため大きな切石で積み上げられたコの字型の枡形門となっていた。現在は高さ4mの石塁の一部が保存されており、常盤橋公園になっている。

常盤橋公園にたつ、常磐橋の保存に努めた渋沢栄一像である。

秋ですねぇ 

2007年12月20日(木) 14時50分
ちょっぴり淋しい季節となりました。

でも、1年の中でこの季節が好きです。

食べ物もおいしいし、

外に出て、木工やら絵を描いたりするのがとても気持ちいい。

いま、腰掛を製作中です!

第148回: 楽園(ベトナム・ホイアン、2007年) 

2007年12月13日(木) 11時07分
折角のベトナム旅行なので、街の雑踏から離れて、いわゆるリゾートホテルに滞在しました。田舎街の外れにある、中級のホテルですが、部屋を含めて敷地全体にアジアン・リゾート的な雰囲気が充満しています。宿泊客への従業員のさり気ない気配りも素晴らしい。占領下時代のフランス文化の影響があるのかもしれませんが、ベトナム人は、人をもてなすことについては、とても優れているようです。



子供には、小さい頃から出来るだけ色々な場所やモノを見せてやることが、親の役割のひとつと考えてきました。実は、今回のベトナム旅行に関しては、息子は、最初から乗り気ではないのは知っていました。このあたりは、父親の僕とよく似ているところです。つまるところ、慎重派の僕達は、どこかに出かける前は、いつも億劫になりがちです。僕は、仕事の関係で、海外には年に何度か行くのですが、実は、そんなに楽しみではありません。出来れば、毎晩、家で夕食をして、息子と遊びたいのが本音です。と言っても、一度、出発してしまえば、出張とはいえ、精一杯、楽しんでしまうのですが…。



ベトナムに到着して、最初は、かなり警戒していた息子も、日を重ねる度に、このアジアの異国の街に慣れてきたようです。帰りの飛行機の中で、息子が言いました。「今度は何処に連れて行ってくれるの?」ベトナムに来て本当に良かったって思った瞬間です。



(使用カメラ:リコー GX100)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ(文字をクリック)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ(文字をクリック)

[>岡本圭人up 

2007年12月08日(土) 9時45分
この方の画像はみつからな〜レ1のでっどおぞ!
一枚っ

不登校と向き合う、久しぶりの登校 

2007年12月03日(月) 4時27分
高校2年生の不登校生徒



遅刻欠席が多く、出席日数で進級は出来ません。



ところが先日、久しぶりに登校して来ました。



「すごいね、よく来たねぇ」



「どうして来ることが出来たんだろう?
どうして来れないのか、と考えるより
来ることが出来た理由を考えようよ。」



なんて話しながら一緒に教室に向かいました。



クラスの生徒達は
まるで小学生のように盛り上がり、
ワイワイ、そして拍手まで。」



本人もテレていましたが
緊張はちょっと解けたみたい。




放課後家庭との電話で
「また明日、と、毎日来るようにはならないかもしれないけれど
それでもいい。遅刻でもいいし、待ってますよ。
クラスのみんなも。」




英語が得意、数学が苦手、体育が苦手、絵が得意
というのと同じように、
色んな生徒がいる。



それも生徒達には分かって欲しい。



私は担任としてそんな色々な人がいることを認めたい。
社会だって、認めてくれる。
そう教えたいと思う。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:laszbr652
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 琵琶湖 (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 琵琶湖 (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 琵琶湖 (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 琵琶湖 (2008年10月08日)
アイコン画像はにまる
» 琵琶湖 (2008年10月03日)
アイコン画像チャーリー
» 琵琶湖 (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 琵琶湖 (2008年10月01日)
アイコン画像ikumi
» 琵琶湖 (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» 琵琶湖 (2008年09月17日)
Yapme!一覧
読者になる