松岡充「ブランカニエベス」鬼才パブロ?ベルヘル監督との思い出を語る

November 17 [Mon], 2014, 16:42




(映画.com)



 グリム童話「白雪姫」にスペインの国技である闘牛を織り交ぜたダークファンタジー「ブランカニエベス」が12月7日、東京?新宿武蔵野館で封切られた。本作のパブロ?ベルヘル監督は、現在活動休止中の人気ロックバンド「SOPHIA」が1998年に発売したシングル 「黒いブーツ〜oh myfriend〜」 のPVを演出しており、ボーカル?松岡充が公開記念トークイベントを行った。

 スペインのアカデミー賞と呼ばれる第27回ゴヤ賞で、作品賞ほか最多10部門を制した意欲作。天才闘牛士の血を継ぐ少女カルメンは、意地悪な継母に虐げられながらも、やがて「白雪姫」という名の女闘牛士として頭角を現していく。数奇な運命に翻弄される少女の姿を、モノクロ&サイレントで描き出した。

 現在もベルヘル監督と親交があるという松岡は、「スペインに遊びに行った時、パブロに『絶対に闘牛は見た方がいい!』と言われ見に行った。ヤバイっすよ! スペインの伝統で培われてきた祭事なので外からの価値観で判断できないけれど、とにかく衝撃だった」と思い出を振り返った。

 また、「パブロに勧められて行ったトルモニーモスという地中海沿いの街は、それまで出合ったことのない天国のような街だった。その数年後、映画祭に招待されて日本にやって来たパブロと再会した。その時の映画のタイトルが『トルモニーモス』。きっと彼は素晴らしいと思ったことを全部教えてくれたんだと思う」と絆の深さをうかがわせた。さらには、カルメンの幼少期を演じた子役の名前がソフィア?オリアであることからも、ただならぬ縁を感じていた。

 松岡自身、音楽活動のほか、映画「御手洗薫の愛と死」に出演するなど多分野にわたり活躍中だが、「パブロは才能があるけれど、ものすごく苦労してきた人。これからもどんどん活躍していってほしい」とエールをおくった。





P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lasios/index1_0.rdf