強力200mw レーザーポインター グリーン光 ハイパワー送料無料

December 21 [Sat], 2013, 10:42

 緑色光が明るすぎず、且つ視認性の高い200mw高出力強力グリーンレーザーポインターは現在でもプレゼンや工事現場等で主流となっ強力200mw レーザーポインター グリーン光 ハイパワーています。情熱的なグリーンレーザーは神秘的ですらあります。

その強力なレーザーポインターは倉庫で高所や手の届かない場所にある荷物の出庫指示に、スポーツ指導や自動車など機械運転の教官の方に、観光ガイドや工場見学に、そして建設・工事現場などで広く使われています。

 

特徴:

1.外観は直筒デザインで、500mwレーザーポインター500mw表面が砕模様を採用して、滑り止め加工されています

2.材質は航空アルミで、表面が電気メッキで処理して、手触りが良い

3.焦点調整可能で、マッチを燃やすことができます

4.200mw焦点を定めると、マッチを燃やすことができます

5.18650充電電池を使って、航続機能が強くて、繰り返し利用できます

6.緑色光は赤色光より強大な6倍以上で、技術が成熟し品質を保証します

強力200mw レーザーポインター グリーン光 ハイパワー
レーザーで色々なモノに絵を描いたりする事が出来るって知っていますか?



物理的に接触して絵を描く場合はどうしても精密グリーンレーザーポインター 緑さに限界があったり、対象物の形状や柔らかさなどにより大幅に難易度が異なってしまいます。

しかしレーザーの場合は非接触で行いますので、その様な制限にはほとんど縛られる事が無いのです。



『レーザーエッチング(Laser Etching』、『レーザーエングレーヴィング(Laser
Engraving)』、『レーザーグレーヴィング(Laser Graving)』、『レーザーマーキング(Laser
Marking)』・・・などなどなど、色々な呼び名があります。



『レーザー加工』の場合は更にハイパワーで切断までをしてしまう訳ですが、出力を弱目で上手く調節するとこの様に絵が描けると言う訳です。

対象物の材質によっては出力だけでなく、使用するレーザーの波長も重要な要素になってきます。

一般的には経済的なハイパワーの10.6μmのCO2レーザーなどを使う様ですが、メタルなどの反射率が高いモノは波長の短い532nmのグリーンレーザーが使われる様ですね。



ではここからは、具体的にどの様なモノにどこまで絵が描けるのか見てみる事にしましょう!
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/laseruser/index1_0.rdf