韓国と戦ったアルジェリアの選手が思わぬ“被害”を受けた

June 27 [Fri], 2014, 19:05

韓国と戦ったアルジェリア選手が50mWレーザーポインター 光線“被害”受ける


韓国と戦ったアルジェリアの選手が思わぬ“被害”を受けた。後半32分に交代でベンチに下がろうとしたブラヒミに対し、何者かがタッチライン直前で青と緑の大型レーザー光線らしきものを照射。2分後にはゴール前でFWギラス(24)にも同様の光線が当てられた。犯人が特定されていないため会場では問題にはなっていないが、中継映像にはハッキリ写っており、今後調査される可能性もある。


レーザーポインター 現場は緑と青の2種類が照射された。誰が照射したのかは不明だが、日本のネットユーザーは韓国サポーターが“犯人”であるとの見方を示し、韓国サポーターを批判する書き込みが相次いでいる。



この問題に、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。



「さすがは韓国人」

「でも負けたね」



「だから嫌われるんだよ」

「バカだな。全世界が見てるのに」



「韓国人は永遠に日中友好の懸け橋」

「日本人の韓国叩きが好き」



「中国人には韓国のことを言う資格はない」

「こういう行為は国籍関係なく許されない。たとえ中国で起きてもね」



「韓国人の一切のスポーツ活動を禁止すべき」

「韓国人は一貫してスポーツ界の恥辱的存在」



「韓国人は世界で最も素養の劣る民族。ピッチの中では暴力、ピッチの外では品がない」

「みんな韓国を叩くなよ。歴史上はわれわれ中国の一部だったんだから



超強力200mwグリーンレーザー


レーザーポインターペン型 光には下記の4大特徴があります。


1)単色性

いろいろな色の光(波長)が混じりあっている普通の光と異なり、一色の光だけ(単波長)

応用分野:分光分析、同位体分離



2)指向性

八方に広がる普通の光と異なり、指向性があり拡がらない

応用分野:光通信、レーザーポインター おすすめ、レーザースキャナー、光ディスク



3)干渉性

波長や時間の波(位相)が揃っている

応用分野:ホログラフィ、精密計測



4)集約性

レンズなどで集光すれば、理論上”回析限界”ほどまで絞り込む事で高いエネルギー密度が実現可能

(f=レンズの焦点距離、D=レンズの口径、λ=レーザの波長の時、回折限界=4f?/?で算出される。ここから波長が短ければ短いほどレーザー光を絞り込め密度を高める事が出来るのがわかる。)

応用分野:レーザー加工、レーザーメス


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lasersalea/index1_0.rdf