とすぐに注文を完了として出荷200mwレーザーポインター

December 23 [Mon], 2013, 10:45
200mw高出力レーザーポインター指し棒 スリムボデイだから、携帯にも便利の高機能グリーンレーザービーム 光の拡散が少ないのグリーンレーザー採用で旅行や冒険などに最適 夜空の星も指す事ができます ロマンチックな大人の必須品
“レーザーポインター”、”レーザーポインター”、”れーざーぽいんたー”、”レーザポインター”、”レーザーポインタ”、”レザーポインター”、”レーザーポイント”・・・。



これらは、英語で書くと『Laser Pointer』の情報を、インターネットで探す時に使われている代表的な検索キーワードです。



誤字脱字、レーザーポインター卸売と小売りの専門店!カタカナに平仮名、半角全角、伸ばす”-”の使われ方・・・、色々とありますが、これらは全て同じモノを指しているはずです。

しかし検索エンジン、また入力する検索キーワード次第で200mwレーザーポインターは全然違う結果が出てくる混沌とした状況が、また今のインターネットの面白みなのかもしれません。



まあ、そんないわゆる『レーザーポインター』。

以前はペンタイプでレーザー光しか出ない単純なタイプしかありませんでしたが、今や多種多様なモデル展開がされているので、ここで今更ながらまとめてみたいと思います。
超強力200mW 緑色レーザーポインター 天文星指示棒 マッチに点火可能

1.一般的なレーザーポインター


1−1.形状


真鍮などのメタルで出来たペンタイプのものや、樹脂(プラスチック)製のハンディタイプの二つが主流です。

2.PCをリモートコントロールできるレーザーポインター


2.1.リモコンの仕様の違い


プロジェクター+パワーポイントの定番デジタルプレゼンを便利にする為の機能です。

その通信手段には大きく分けるとIR(赤外線)、RF(ラジオ波)、BT(ブルートゥース)の3つがあります。

2.1.1.IR(赤外線)


TVのリモコンで御馴染みの方式です。

通信距離が短い、障害物に遮断されてしまう、受信器の方に向けて操作をしなければならないなどの制限はありますが、如何せん安価なのが魅力です。

受信器は感度を上げる為に大きくせざるを得ないのが難点です。


使用方法:

    レーザー懐中電灯の蓋を卸す。

    18650電池一本のマイナス側を内向き、プラス側を尾部むいて置いてから、蓋をしっかり閉じます。

    安全鍵がよくかかっているかどうかを確認する。緑表示点はオン、レッド表示点はオフです。

   
レーザー懐中電灯は始動した後、焦点調節端子を回転して光スポットは大きくなって光出口の付近ビームに焦点を形成、光スポットは大きれば、出口に近いで
す。この時点の焦点ならモノを燃えられます。(ご注意:ビーム上の焦点の移動範囲が限られたから、初心者は焦点を見つけられない場合もありますから、点火
できない。もっと練習は必要です。)

    光のスポットは一番小さい時に、ビームは平行の光ですから、物を燃えられません。

    長時間使用しない時に、電池を抜いてください。

    人と動物の目に向けて照射しないでください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/laserpointer20/index1_0.rdf