レーザー懐中電灯赤色レーザーポインター

December 19 [Thu], 2013, 17:35

NISTのテストでグリーンレーザポインタの危険性が明らかに
April 3, 2013 Boulder
--ハンドヘルドレーザ機器の赤色レーザーポインター赤特性を迅速かつ正確に計測できるように設計された安価な器具を用 いてNISTの研究チームは、122のレーザポインタをテストし、約90%のグリーンポインタと約44%の赤色ポインタが連邦安全規制に従っていないこと を明らかにした。NISTの試験器具は、他の機関50mwレーザーポインター50mwが簡単に複製できるように設計されている。
NISTの研究チームは、2013年3月20日の会議で、赤と緑のレーザポインタが連邦規制基準(CFR)で認められている以上のパワーを出していることがあり、グリーンポインタは許容できないレベルの赤外光を出すことがあると報告した。
グリーンレーザの危険性についての事例報告はこれまでに科学雑誌やメディアにも掲載されたことはあったが、NISTのテストは多数のハンドヘルドレーザ機 器を正確に計測した初めての報告となる。NISTのテストは、赤色ポインタの多くも連邦安全規制に従っていないと指摘している。論文は、「われわれの調査 結果は、レーザポインタとその利用に関して安全性に多大な疑問を投げかけた」と報告している。
NISTのテストは、クラスIIIaまたは3Rとラベルされ、教室や公共の空間での使用に適してるとして販売されている市販のレーザポインタをランダムに 選択して行われた。そのようなレーザは、CFRで可視光スペクトラムが最大5mW、赤外スペクトラムが2mW以下に限定されている。テストした機器の約半 数が、1つもしくはそれ以上に波長でCFR基準の少なくとも2倍のパワーを出していた。計測した最高出力は66.5mWで、これは規制値の10倍以上と超高出力 赤色 200mW レッド レーザーポインター 赤外線焦点調整 洒落 な る。パワー計測は正確さは5%以内であった。
ANSIによると、3R限界を超えるレーザ機器は危険であり、損傷予防のために指導するなど、より厳しく制御する必要がある。
200mW赤外線レーザーポインター懐中電灯 焦点調整機能付き トンネル工事や発掘調査、航空整備、災難時や危険時に救助を求めること 等活躍の場は無限 レッドレーザーポインター タバコ、マッチを点す可能 上品なデザイン、高級感無限
超高出力 赤色 200mW レッド レーザーポインター 赤外線焦点調整 洒落
ブランド:OXLASERS
材質:硬質アルミ
外観表面処理:陽極酸化処理
スイッチ:タッチだけで、手を離すと発光がオフになること
電源:18650/16340充電電池
波長:650nm
起動時間:≤ 3秒
動作電圧:DC3.7V
サイズ:¢25mmX155mm
レーザー出力:200mW 焦点調整によって、タバコ、マッチなどを点す可能
グリーンレーザは赤外光から緑の光を生成する。理想的には、デバイスは赤外光をレーザハウジング内に閉じ込めるように設計、製造すべきである。しかし、NISTの新しいテスト結果によると、テストしたデバイスの75%以上がCFR基準を超える赤外光を出していた。
NISTのLaser Safety Office, Joshua Hadler氏が計測テストベッドを設計。同システムの構成は、レーザパワーメータ、2つの光フィルタからなり、これを使用して可視光と赤外光の異なる波 長出力を数量化する。パワーメータとフィルタはNISTで較正。レンズホルダによってレーザアライメントの再現性が保証されている。また、調整可能な開口 部はレーザ出力端付近のレーザ光を捉える。
Hadler氏によると、この計測システムは約2000ドルの市販のパーツを使って誰でも作製できるように設計されている。「メーカーが、NISTのよう な国家計測機関のトレーサビリティに依存することで、この設計を利用してレーザポインタからのパワーを正確に計測することは可能である」と同氏はコメント している。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/laserpoinfsj/index1_0.rdf