高性能 、高品質な150mw緑色光レーザーポインター指示棒 強力かつ良質で

December 21 [Sat], 2013, 10:10
製品名:高性能 、高品質な150mw緑色光レーザーポインター指示棒

波長:532nm

ビーム色:グリーン

出力電力:150mWを

クラス:III

横モード:TEM00

暗闇の中で範囲(M):500〜4000メートル

ファクターM2<1.2

ビーム広がり、青色レーザーポインター 青完全な角度(mrad以下)<2.0

口径(mm)の<1.5でのビーム径

スペクトル線幅(nm)<0.1

偏光比>100:1

ウォームアップ時間(分)<0.5

温度(℃)10〜30

保存温度(℃)-10〜+50

レーザーブラス

期待寿命(時間)5000Hours

レーザーヘッドの外形寸法(D×L mm)Φ14mm×171mm

電源電圧(VDC)2つのx AAA電池
エコな風力発電もレーザーが更に効率的に
最近はますますエコに注目が集まっていますね。

高性能、高品質な150mw緑色光レーザーポインター指示棒

来年は温室効果ガス排出の『見える化』である『カーボンオフセット』の元年とも言われており、更にエコに対する注目に1000mwレーザーポインター1000mw拍車がかかるのは間違いありません。



因みに、地球の力を利用して発電するのは都心部では『太陽光発電』が主流ですが、郊外の広い所になると風車を利用した『風力発電』も有力な候補だと言うのを知っていますか?



太陽は周期的な一定な動きがあるので、太陽光を受け取る為のパネルを効率的に固定するのは然程難しくはありません。

しかし風の流れは時間毎にランダムに変化してしまうのでそうはいきません。





そこでその風をキャッチするのに活躍するのが、またしても我らがレーザーな訳です。



これを利用すると風を受ける効率が10%アップし、しかもメンテナンスコストが10%ダウンすると言う事ですが・・・。



使われている光源は『ファイバーレーザー』で、そしてそのファイバーレーザーで『LIDAR(ライダー)』をやる訳です。



『LIDAR』とは『Light Detection And Ranging』の略称で、レーザーを使ったレーダー、簡単に『レーザーレーダー』と言った方がピンとくるかもしれません。

レーザーを飛ばして物体に当たった散乱光をカメラなどで取り込み観測をしているのです。



普通のいわゆる『RADAR(Radio Detection And Ranging)』は同じ電磁波の中でも光では無くもっと波長の長い『電波』を使って、その電波を『アンテナ』で受信していると言うのが違いになります。





LIDARで風を感知し、そのデータを分析する事で、風の方向やスピードを予測したりして角度が効率的になる様にフィードバックするのです。



風などの流体や液体の流れの可視化と言うのは案外難しく、レーザーと言う強力な光源が無ければカメラなどの機械であっても見る事は難しいのです。



こう言うエコな世界でも活躍して欲しいですよね。



闘え、LIDAR!明日の為に!!
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lasergreen/index1_0.rdf