ツグミとみずほ

February 27 [Sat], 2016, 19:27
産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことを指します。看護師といえば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。具体的な仕事内容やその役目は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守り、管理することは必ずすることだと思います。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊であり、就職先によっても違ってきます。一般に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている場合が多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制を望む看護師も多いです。全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料の上昇する率も民間の病院より高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。看護師免許を得るには、何通りかの道すじがあるのです。看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護を学ぶという条件があります。高校入学時に衛生看護科で勉強を始めると、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が困難という側面もあります。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、迅速に行動することが重要です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、その希望に合った転職先の情報を集めるようにしましょう。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もリストアップしておきましょう。看護士の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人があることは少ないでしょう。看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思っている方が多いでしょう。望み通りのところに転職するには、たくさんの情報を収集することが大切です。産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのはほぼ不可能です。興味を持たれた方は看護師専用転職サイトを利用してください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども数多く載っています。修学旅行やツアーなどに共に行き、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤がない職場を望んでいるものです。病院以外のところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護師の国家試験に受かることよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校はそれほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年が決まってしまうようです。厳しい学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和真
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lariy0aer65bar/index1_0.rdf